ホーム 旅行&おでかけ > ニャンともグッド!猫のいる高知県本土の観光スポット四選

ニャンともグッド!猫のいる高知県本土の観光スポット四選

2021.02.15

全国各地の「猫島」が人気ですが、離島に行かなくても高知県本土の観光地や行楽地の中には、猫が沢山いるスポットがあります。
世界ジオパークに登録された室戸ジオパーク随一の展望を誇る津呂山展望台、清流・四万十川の増水時に水中に沈む今成橋のたもと、かつて「西の足摺岬」と呼ばれた叶崎、桜の名所でありGHQに爆破された砲台跡が残る琴平山と、西は土佐清水市から東は室戸市まで、猫とともに楽しめる見所をご紹介!

キングジョー的廃墟も側にある「津呂山展望台」

写真:春野 公比呂

2021年夏に向けて、世界初の営業運行を目指している、線路と道路、両方を走行するDMV。徳島県海陽町から乗り入れてくることでも話題の室戸市の室戸岬ですが、岬の背後は日本屈指の海岸段丘から続く尾根が南北に走っており、そこに津呂山展望台はあります。
展望台の無料駐車場周辺の各所に何十匹もの猫がいますが、写真の左上に写るフェンスの土台に寝そべっていることもよくあります。観光客の若い女性や女児が側に生えている茅を取って、猫じゃらしにして、その猫と遊ぶ光景も見られます。

写真:春野 公比呂

駐車場から展望台はすぐで、「恋人の聖地」にも認定され、記念撮影用のカメラを置く台も設置されています。眺望は抜群で、岬の海岸段丘から太平洋まで胸のすく展望が広がっています。

写真:春野 公比呂

展望台から南に下る遊歩道の終点には、まるでSFのような鉄筋の廃墟がありますが、これは複数の雑誌に紹介されたこともある四国屈指の有名な廃墟です。
昭和期に廃業したレストラン跡ですが、外観はウルトラセブンに登場した宇宙ロボット「キングジョー」を彷彿とさせ、記念写真を撮る観光客も少なくありません。但し、あくまで外観の鑑賞のみに留めて下さい。
<津呂山展望台の基本情報>
住所:高知県室戸市室戸岬町
電話番号:0887-22-5134(室戸市観光ジオパーク推進課・観光振興班)
アクセス:高知自動車・南国ICから車で約2時間

屋形船からも鑑賞できる「今成橋」(佐田の沈下橋)

写真:春野 公比呂

全国放送のテレビの旅番組で、四万十市を流れる清流・四万十川が紹介される際、必ずと言っていいほど取り上げられるのが「佐田の沈下橋」こと、今成橋(全長291.6m)と、そのたもとから発着する川下りの屋形船です。
今成橋袂の無料駐車場周辺に猫が沢山いて、猫同士じゃれ合いながら歩く光景は微笑ましいものです。

写真:春野 公比呂

沈下橋とは、川の増水時、水中に沈むことを想定して造られた橋で、欄干がありません。この周辺の川は澄み切っており、川風を受けながら、屋形船に乗って四万十川で獲れた川の幸や、周辺の山の幸の料理をいただくのも風流なものです。
<今成橋の基本情報>
住所:高知県四万十市佐田
電話番号:0880-34-1783(四万十市観光商工課観光係)
アクセス:土佐くろしお鉄道・中村駅から車で15分

恋が叶う「叶崎」

写真:春野 公比呂

土佐清水市の西端に近い岬「叶崎(かなえざき)」は海食崖で、かつては「西の足摺岬」と呼ばれ、野口雨情も絶賛したほど風光明媚な岬です。ここは高知県西部で屈指の猫スポット。世話は漁師の奥様方が行っていることもあり、餌は魚の切り落とし等。他所と比べると子猫が多く、見ているだけで癒されます。

写真:春野 公比呂

土佐清水市は「土佐清水ジオパーク構想」を持っており、各所にジオスポットがありますが、叶崎から望む国道321号下にも地殻変動の痕跡がうかがわれる岩があります。

写真:春野 公比呂

叶崎に来ると「恋が叶う」と言われており、カップルで南の歩道の先にある白亜の叶崎灯台まで行く姿も見かけられます。そこから更に岬の突端へ向けて踏み跡が続いており、岩礁が多い海を見下ろすことができます。
<叶崎の基本情報>
住所:高知県土佐清水市大津
電話番号:0880-82-1212(土佐清水市観光商工課観光係)
アクセス:高知自動車道・四万十町中央ICから車で約2時間

桜と戦争遺跡の「琴平山」

写真:春野 公比呂

南国市の琴平山は、桜の名所として市民に親しまれている小山です。車道が通じている山頂には、坂本龍馬に影響を与えた絵師、河田小龍の絵馬を所蔵する琴平神社が建っています。
この山は高知市近隣市町村の中では屈指の猫スポットで、特に猫が集まる西側からは太平洋を望見することもできます。

写真:春野 公比呂

琴平山のもう一つの「顔」は陸軍の戦争遺跡としての山です。アメリカ軍は原爆が完成する以前、昭和20年10月末に高知県へ上陸する「パステル作戦」を計画していました。それを日本軍も警戒していたのですが、上陸地として一番可能性が高かったのが、高知海軍航空基地(高知龍馬空港の前身)に近い南国市の浜改田から前浜にかけての砂浜でした。琴平山は浜改田に隣接する里改田にあることから、山中の至る所に陣地が造営されたのです。
琴平神社の裏手に下りると野砲砲台跡の池があり、更にその下には尾根の両側に塹壕があり、尾根の真下には塹壕から続く素掘りの隧道跡があります。出入口は現在封鎖されていますが、内部の中ほどは、米軍の火炎放射器による攻撃を防御するため、クランク状になっています。

写真:春野 公比呂

そこから少し下ると斜面を縦に掘った山砲砲台跡があり、終戦時、GHQに爆破された砲台のコンクリート片が散乱しています。砲台跡自体は風化しつつありますが、爆破の光景を思い浮かべると、生々しさも伝わってきます。
<琴平山の基本情報>
住所:高知県南国市里改田
アクセス:高知東部自動車道・なんこく南ICから車で15分ほど

観光に「癒し」が加わるスポット

四国の猫スポットと言えば、愛媛県の青島が有名ですが、高知県本土にも魅力的な猫スポットは多くあります。また、側に有名な観光スポットや業界では知られる遺跡等もあり、猫以外の楽しみも感じられるでしょう。
離島の猫とは違い、本土の猫は人馴れしていないものが多いのですが、猫好きでなくても、猫がいる観光地と猫がいない観光地とでは、前者の観光スポットの方が癒されるのではないでしょうか。
2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
室戸スカイライン展望台津呂山(外部リンク)
https://www.muroto-kankou.com/search_spot/nature/s_6/
四万十川にかかる沈下橋(外部リンク)
http://www.city.shimanto.lg.jp/kanko/kanko-menu01-2.html
叶崎(外部リンク)
https://www.city.tosashimizu.kochi.jp/kanko/g01_kanaisaki.html
琴平神社(外部リンク)
https://www.city.nankoku.lg.jp/life/life_dtl.php?hdnKey=1568

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
春野 公比呂

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)