ホーム 旅行&おでかけ > 癒しの風吹く 福井「今庄宿」で食べて・歩いて・楽しんで!

癒しの風吹く 福井「今庄宿」で食べて・歩いて・楽しんで!

2021.02.15

福井県今庄は、現在は南越前町という町名ですが、古より東日本と京都・大阪を結ぶ交通の要所として栄えてきた宿場町。日本海からそびえたつ急峻な山々が阻む物資の流通を、人々は、街道・海運・鉄道を開拓し支えてきました。人々が行き交う場所には宿場があり、江戸時代の参勤交代の際に、福井県の本陣がおかれていたのが今庄宿。今でもそこに暮らす人の息遣いが聞こえる今庄宿を散策して、名物を楽しんでみませんか。

人々の生活が息づく今庄宿

写真:SHIZUKO

冬には日本海の荒波が押し寄せる北陸・南越前町。温暖な海沿いの地区&平野部と豪雪地帯としても名をはせる山間部の二面性を持った町。
越前加賀海岸国定公園に指定され、風光明媚な海岸線と越前ガニを求め、冬でも多くの観光客が訪れています。主に観光道路として利用される「しおかぜライン」のドライブは爽快。早春に咲き誇る華麗な越前水仙群は見事です。
その美しい海沿いの道は細く、海抜ゼロメートルから200メートルへとせり上がる断崖絶壁と海に挟まれています。この難所を越えなければ都へ到達できないという北陸屈指の難所で、古から交通の要所として栄えてきました。

写真:SHIZUKO

北陸屈指の難所にできたのが今庄宿。全長およそ1キロの宿場町。
北陸道と北国街道の分岐点である今庄宿に、陸上交通が栄えていた時代のにぎやかさは今はありません。明治に入り、北陸本線が開通して「鉄道のまち」として再び脚光を浴びますが、昭和に入って「北陸トンネル」が開通し、また人影は薄くなっていきました。でも、かつて、多くの人々が行き交った街道を歩けば、今庄宿に暮らす人たちの息遣いを感じることが出来ます。
「こんにちは!」と店の玄関をくぐれば、優しくあたたかな笑顔で旅人を迎えてくれるのが今庄宿。江戸時代から続く店が、静かに営業されています。

写真:SHIZUKO

「うだつがあがらない」の語源となっている、隣家との間に延焼を防ぐ目的で設置された見事な「うだつ」がある通りは必見。
中でも「京藤甚五郎家」は本陣作りという珍しい作りのお屋敷。内部見学は事前予約が必要ですが、お殿様だけが入ることのできるお座敷や、当時の刀傷がクッキリ残った柱など、見応え十分です。
<京藤甚五郎家の基本情報>
住所:福井県南条郡南越前町今庄75-14

今庄宿の癒しの家々

写真:SHIZUKO

こちらは「高野由平商店」。看板に大きく梅肉とあります。名物「甘露梅肉」という上品な甘みの練り梅が有名なお店。
ここは、江戸時代には「大黒屋由平」という旅籠でした。若狭国小浜藩主が持ってきた若狭梅を加工し、宿泊客に振舞ったところ大変評判になり、時代の流れとともに旅籠を畳んだ後も、梅肉の専門店として甘露梅肉を作り続けています。
<高野由平商店の基本情報>
住所:福井県南条郡南越前町今庄109-17
電話番号:0778-45-0003

写真:SHIZUKO

こちらは「吉五商店」。
福井県は、厚揚げ(油揚げ)の消費量が日本一の、油揚げ大好き県。油揚げは、土地によっていろんな呼び名がありますが、今庄厚揚げは食べ応え十分のボリューム。豆腐をおよそ30分かけてゆっくり油で揚げて仕上げられる今庄厚揚げ。地元名産の辛味大根おろしと共に食べると最高。
吉五商店では、厚揚げやみそ、醤油など、生活に密着した食品が手に入りますから、お土産にもお勧めです。
<吉五商店の基本情報>
住所:福井県南条郡南越前町今庄109-25
電話番号:0778-45-0025

写真:SHIZUKO

こちらは人気の「甘味処てまり」。2階の窓のすりガラスが印象的。
今庄宿の他の家屋でも、1階の格子の向こうに人影が見え、部屋の灯りが揺れると、生活の場として宿場が生きていると感じられ、そこにいるだけで癒される気がすることでしょう。ゆっくりと歩いて、古の賑わいをお楽しみください。
<甘味処てまりの基本情報>
住所:福井県南条郡南越前町今庄76-31
電話番号:0778-45-1112

今庄名物なら越前おろしそば

写真:SHIZUKO

散策すればお腹もぺこぺこ。今庄宿で絶対に食べてもらいたいのが越前おろしそば。蕎麦好きなら、この蕎麦を食べるためだけに今庄に行っても後悔しない一品です。
店によって違いはあるものの、上質の今庄そば粉で作られる素朴で薫り高い蕎麦に、辛味大根をトッピングした越前おろしそば。爽やかな辛味が鼻腔をくすぐる辛味大根の刺激がたまらない。
蕎麦がらごと挽いて作るそば粉に強力粉を加えて作られる越前蕎麦は、喉越しを楽しむよりは、しっかり噛んでその香りを楽しむ蕎麦です。あまり食べることのない辛味大根が、もっちりとした歯ごたえのそばの味を引き立てています。わざわざ食べに行く価値のある逸品です。

写真:SHIZUKO

越前おろしそばは、1人前だけでいただくと、ちょっと量が少ないかなと感じるかもしれません。大体どのお店でも、少なく感じる量が定番。だからこそ可能なんです、食べ比べが!
最低でも2軒、頑張れば3軒の店の違う味が楽しめるのです。食べ比べの楽しみは、蕎麦好きだけじゃなくても興味津々でしょう。

写真:SHIZUKO

それぞれの店に、それぞれの蕎麦があります。コシのある十割そばでメニューはおろしそばのみだけど、大盛り・普通盛り・半盛りがあったり、また、おろし蕎麦のみでも、細めの蕎麦で、とても口当たりがよいお店だったり。てんぷらや厚揚げを一緒に出すお店で、一杯でお腹いっぱいになれるお店も。
店内も旅籠を改修した趣があるお店や、こじんまりしたお店など、それぞれあって、食べ歩きにはもってこいです。

お勧めは「ほっと今庄 おばちゃんの店」

写真:SHIZUKO

今庄宿には多くの名店がありますが、お勧めは地元のおばちゃんたちが集まって、伝統の味を再現している「ほっと今庄 おばちゃんの店」。
今庄伝統の味を後世に伝えたいと、日々活動されています。季節の野菜を使った天ぷらや、今庄茶飯もぜひ、食べてみてほしいものです。

写真:SHIZUKO

本命の越前おろしそばは、十割蕎麦を太めにカット。緑色に近い薫り高い蕎麦。口に含んだら、ちょっとだけ噛んで、香りを楽しんでください。
今庄厚揚げハーフがセットになった「今庄セット」が大人気。

写真:SHIZUKO

店内にはお土産コーナーもあるので、おろしそばを食べた後にいろいろとチェックしてみるのも楽しいですよ。
<ほっと今庄 おばちゃんの店基本情報>
住所:福井県南条郡南越前町今庄9-13
電話番号:0778-45-1144 フリーダイヤル0120-055-630
定休日:毎週火曜日(祭日は営業)
アクセス:JR今庄駅徒歩14分

絶品の越前おろしそばを楽しもう!

蕎麦の名産地は各地にありますが、そばの旨みを最大限に引き出す辛味大根とコラボした蕎麦は、北陸・今庄の自慢の一品です。
歴史を感じる今庄宿を散策して、越前おろしそばを堪能する一日。冬の北日本らしい時間を楽しみつつ、越前蕎麦に舌鼓を打ってください。
2021年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
福井観光情報(外部リンク)
https://www.fuku-e.com/
ほっと今庄おばちゃんの店(外部リンク)
http://hotimajo.jp/
美味しい田舎空間(外部リンク)
https://www.inaka-kukan.com/products/list74.html
北陸街道今庄宿(外部リンク)
https://www.imajo-syuku.com/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
SHIZUKO

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ