ホーム 旅行&おでかけ > やんばるの自然を慶佐次川で!「東村ヒルギ公園」でマングローブ散策

やんばるの自然を慶佐次川で!「東村ヒルギ公園」でマングローブ散策

2021.02.15

世界自然遺産への登録も近いといわれる沖縄県北部の「やんばる」。その豊かな自然のうち、慶佐次川河口近くに広がるのが天然のマングローブです。
ここ、知らなければ川がある普通の風景にしか見えないかもしれません。しかし、海水と真水が混ざるこの場所は、多様な生物が集まる命の宝庫!この記事では、カヤックではなく散策でマングローブの豊かな生態系を知ることができる「東村ふれあいヒルギ公園」をご紹介します。

やんばるに広がる沖縄本島最大のマングローブ(ヒルギ林)

写真:万葉 りえ

大陸から離れて100万年以上経っていると考えられている沖縄の島々。ここは、大陸ではすでに絶滅してしまった種や、独自の進化を遂げた種など珍しい生き物が今も命をつないでいる、世界でもまれな場所です。
幾つもの山々が連なり、漢字では「山原」と書く「やんばる」。そう呼ばれる沖縄県北部の国頭(くにがみ)村、大宜味(おおぎみ)村、東村地域には特に「固有種」が数多く生息していて、世界自然遺産の登録も近いといわれています。
その東村を流れる慶佐次川の河口に広がるのが、国の天然記念物にもなっている沖縄本島最大規模のマングローブ(ヒルギ林)。海が近いため、潮の満ち引きによって水位が上下するこの辺り。マングローブの中をカヤックで探検することもできますが、干潮の時間帯には干潟が現れます。それは満潮時には見えない景色や会えない生き物に出会える絶好の時間帯なのです。

「東村ふれあいヒルギ公園」で豊かな自然に近づこう

写真:万葉 りえ

その貴重なヒルギを守りながら見学できるように整備されたのが「東村ふれあいヒルギ公園」です。ここには駐車場もあり、展望台も。また、水辺近くへも下りられるようになっています。
写真は干潮時。水位が下がっているので木々の根元がよく観察できますよね。たこの足のように根が分かれている様子から、ヒルギの中でもあの木はヤエヤマヒルギだとわかります。

写真:万葉 りえ

さて、「マングローブ」?「ヒルギ」?そう思われた方もいらっしゃるでしょう。
マングローブというのは、単独の植物の名前ではありません。海水と淡水が混じりあう汽水域に生息している植物等の集まりがマングローブ。でも一般には、先ほどの写真のような、根がたこの足のようになっている植物のイメージが強いですよね。そこに生えている植物の一つがヒルギです。

干潮時だからこそ見られるマングローブの足元

写真:万葉 りえ

では、公園に設置されているヒルギ林内遊歩道へと入っていきましょう。この公園には3種類のヒルギ科の植物が生えています。こちらは花が赤いので「オヒルギ」ですが、花だけでなく、葉、種子、そして根の形などヒルギはそれぞれ特徴をもっています。

写真:万葉 りえ

鳥の鳴き声を聞いたり植物を観察したり。自然と調和するように作られた遊歩道をさらに進んで緑濃い場所へと入っていきましょう。周りはやんばるに生息するものだらけ。遊歩道の上だけに目がいきがちですが、ほら、足元も忘れずにのぞき込んでみてください。

写真:万葉 りえ

えっ?何?
では、先ほどの写真の真ん中あたりに、グッと寄って見てみましょう。わかりますか。木の根と貝がらの間にある、水面に出た二つの目玉。干潟の色と似ていますがここにはハゼの仲間の姿。

やんばるの生き物はかくれんぼ上手

写真:万葉 りえ

公園の入り口近くで片方だけツメが大きい姿が特徴的な「ハクセンシオマネキ」の像を目にしても、初めは干潟にいる生き物を見つけるのが難しいかもしれません。しかし少しずつ慣れてきたら、生き物たちのかすかな動きもキャッチできるかも。ほら、こちらでは、見逃してしまいそうな木の根元にも。

写真:万葉 りえ

水の流れや水位の変化から潮の流れを確認してみたり、またこの公園で見られる生き物についての表示もあるのでそれを参考に探してみたり。そしてこちらは不自然な土の盛り上がりに注目!これは潮の干満によってできたのではなく、干潟にいる生き物が作った物です。

ツアーガイドと一緒だからこそわかる!見つけられる!の体験

写真:万葉 りえ

潮が満ちると樹木の下には魚たちが集まり、潮が引くと干潟にカニやハゼが姿を見せ、それを狙うカワセミなどの鳥たちも集まります。マングローブ(ヒルギ林)が多様な生き物のゆりかごだということが感じられるでしょう。
しかし干潟の小さな生き物の生態などは自分達で周るだけではわかりませんよね。できれば、ガイドさんと巡ることをお勧めします。

写真:万葉 りえ

散策ツアーでは川や動植物などを中心に説明を受けながら巡っていきますが、それ以外にも、やんばるの歴史だったり、東村のことだったり、話していただける内容は様々。ググッと濃い時間がすごせるでしょう。
さらに、ガイドさんのやんばるに対する「愛」もたっぷり感じるはず!

写真:万葉 りえ

そこでお勧めするのが「やんばる自然塾」です。ご案内したように、慶佐次川の河口付近は潮の干満によって大きく姿が変わり、日によって体験できる時間が異なってきます。
カヤックはもちろんですが、こちらにはトレッキングなどの自然体験プログラムもあり、時間も数種類から選べます。またカヤックと散策の両方が楽しめるコースも。ぜひこの公園で沖縄の濃い時間を楽しんでください。
<やんばる自然塾の基本情報>
住所:沖縄県国頭郡東村字慶佐次82番地
電話番号:0980-43-2571
アクセス:許田ICから31q

東村ヒルギふれあい公園の基本情報

住所:沖縄県国頭郡東村字慶佐次54-1
電話:0980-51-2655
アクセス:許田ICから31q
入園料:無料
ツアーガイドによるカヌー体験などは事前予約制で有料です。公園管理事務所でも周辺のツアー事業者を紹介してもらえます。
2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
やんばる自然塾(外部リンク)
https://gesashi.com/
まるで天女の羽衣…沖縄「芭蕉布会館」で知る貴重な伝統工芸
https://www.travel.co.jp/guide/article/43154/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
万葉 りえ

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)