ホーム 子育て > 娘が頻繁に行為する姿にショック…1歳で始まった下を触る行動への対応とその後

娘が頻繁に行為する姿にショック…1歳で始まった下を触る行動への対応とその後

2021.02.18

娘が頻繁に行為する姿にショック…

私には7歳と3歳の娘がいます。次女が1歳を過ぎたころからずっと気になっている行動があります。それは、手をおまたにあてて体をピーンとさせるような行為で、気になって調べてみるとそれは自慰行為。今回はその行動についてと、私がどのように対応したのかをお話しします。

何をしているの?

次女が1歳を過ぎたころのことです。娘が眠くて寝転んでるいるときに、手をおまたにあて硬直していることに気がつきました。足をピーンと突っ張り、体中に力が入っているのです。そして、よく見ると顔を真っ赤にして汗ばんでいます。

その姿に、もしかしてどこか痛いの? もしかしてけいれん?と慌てました。急いで熱を測ってみましたが平熱。その日、ずっと様子を見ていましたが、体調が悪い様子はありませんでした。

びっくり&ショック

何が原因だろうとネットで調べてみたところ、自慰行為かもしれないという結論に達しました。こんなに小さいのに!とおどろきましたが、ネットの情報によると幼児の自慰行為は珍しいことではないそう。

生後6カ月以降いつでも始まり、親が気がつくのは1歳を過ぎてからという場合が多いようです。性的な意味はないと書かれていましたが、次女が夢中になり、頻繁に自慰行為をする姿に少なからずショックを受けました。

1歳半健診で相談

その後も次女の自慰行為は続きました。特に眠いときと暇なときにおこなっているようでした。長女はこのようなことをすることがなかったため、私はどう対応すればよいか迷いました。そこで次女の1歳半健診で相談してみることに。

医師によると、自慰行為をする際、直で性器に触れていないのであれば、バイ菌が入る可能性は高くないので無理やり止める必要はないとのこと。しかし、手を使った遊びに誘うなどしたほうがよいとアドバイスされました。性に対する罪悪感を植え付けてしまわないように、あまり意識させないことが大切とも。

その後も続く

気を逸らしたほうがよいとのアドバイスを受け、自慰行為を始めたら声かけをするようにしました。しかし、私が家事などをしていて、娘が暇なときにすることなので、やめさせることは容易ではないことがすぐにわかりました。

さらに厄介なことに娘は大きくなるにつれ、おまたを押さえている手を私が外そうと思っても、その手を払い除けるようになったのです。

3歳半になった今でも自慰行為は続いています。意識させるとかえって悪影響を及ぼすと言われたため、最近は見て見ぬふりをしています。幼稚園に入ることで暇な時間がなくなり収まるかもと健診の際に言われているので、このまま見守るつもりです。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

先輩ママの体験談、いかがでしたか?「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

監修/助産師REIKO

著者:小川恵子7歳と3歳の姉妹の母。育児サークルの幹部や習い事、執筆活動など、精力的に育児を楽しんでいる。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ