ホーム 旅行&おでかけ > 春を先取り!早春を鮮やかな春色に彩る三浦海岸の河津桜

春を先取り!早春を鮮やかな春色に彩る三浦海岸の河津桜

2021.02.19

神奈川県三浦半島の南東部、三浦市にある三浦海岸エリアには、まだ肌寒い2月から桜の花見ができる河津桜の並木道が現れます。一足先に春の訪れを告げる早咲きの桜並木の光景は、菜の花との色彩共演で華やぎがあり、訪れる人の心を明るく元気にさせてくれますよ。京急「三浦海岸駅」からすぐ、ビーチからもほど近い河津桜の並木は、早春を満喫する花見ウォーキングに最適です!
※令和3年三浦海岸桜まつりは中止となっています。

駅から1km続く、早咲き河津桜の桜並木

写真:佐原 ねお

ロケ地にもよく使われ、夏には海水浴客で賑わう三浦海岸。2月から3月にかけては、早咲きの河津桜(カワヅザクラ)が咲く桜並木が早春を鮮やかに彩ります。
京急「三浦海岸駅」から歩いて10分ほどの線路沿いに約1km、およそ千本もの河津桜が立ち並び、まだ上着が手放せない肌寒い季節に一足早く春の訪れを教えてくれます!

写真:佐原 ねお

ソメイヨシノと比べるとやや大輪でピンク色が濃い河津桜は、原産地である静岡県河津町から取り寄せた苗木が育ったもの。
三浦市では2000年頃から「桜の咲く里づくり」として植樹を始め、20年経った今では神奈川県指折りの河津桜の名所となっているんですよ。

写真:佐原 ねお

河津桜並木は京急「三浦海岸駅」から小松ヶ池公園へ向かう線路沿いで見られます。Googleマップでは“河津桜並木 (三浦海岸駅)”のスポットを目指してくださいね。平坦な道を歩いて10分ほどです。三浦海岸駅前でも、河津桜が爽やかに出迎えてくれますよ。

春色満載!菜の花との色彩共演

写真:佐原 ねお

三浦海岸エリアの桜並木の特徴は、同じ時期に見ごろを迎える菜の花との色彩共演!桜並木の足元には黄色と緑の鮮やかな菜の花が敷き詰められ、三浦海岸エリアの春に優しい彩りを添えています。

写真:佐原 ねお

春色の優しい色合いと香りに誘われて線路沿いの桜並木に集まるのは観光客だけでなく、ミツバチやメジロなども集まります。まるでお菓子のような色合いをしたかわいらしいピンク色の河津桜に、鮮やかな黄緑色のメジロが留まって戯れ合っている、これまたとても春らしい色の共演が見られますよ。
近くで見る桜も美しいですが、桜並木は道路を渡って引きで見るのもおすすめです!

写真:佐原 ねお

三浦海岸エリアの河津桜並木では、他にも三浦ならではの色の共演が見られるのが特徴。線路の脇に真っ赤な京急電車が走り抜けていくタイミングには、ピンク、黄、緑に電車の赤が混じり合うとても鮮やかな光景が見られます。小松ヶ池公園の南側から渡る陸橋の上には、遠方からも来ている鉄道ファンや写真愛好家達がカメラを向けていますよ。
京急電車には他にも青や黄の電車があり、特に菜の花と同じ黄色の電車は本数も少なく、「幸せの黄色い電車」と言われています!黄色の電車を見かけたら、ぜひ河津桜と一緒に撮影してみてくださいね。
※撮影の準備及び撮影に関しては、周囲をよく確認し、交通の妨げとならないよう十分留意してください。

河津桜は渡り鳥の飛来地「小松ヶ池公園」でも!

写真:佐原 ねお

河津桜に見惚れながら遊歩道を歩き進めると、三浦半島有数の渡り鳥の飛来地である「小松ヶ池公園」に。池の畔に河津桜が立ち並び、ピークには水面が淡いピンク色に染まる姿も見られます。公園では野鳥以外にもスイセンなどが見られ、線路沿いの並木とはまた違った春先の光景が楽しめますよ。
神奈川県屈指の河津桜の名所で、都内・横浜からのアクセスもいい三浦海岸駅から小松ヶ池公園まで見られる河津桜は、天気がいい昼間は花見客で賑わいます。朝の早い時間だと比較的空いているので、写真撮影にこだわる人は時間をずらして行くのがスマートです!
<小松ヶ池公園の基本情報>
住所:神奈川県三浦市南下浦町上宮田2518-2
アクセス:京急線「三浦海岸駅」下車 徒歩15分

早春の息吹を感じに三浦海岸へ!

河津桜の見ごろは通常2月中旬から3月上旬。三浦海岸駅からビーチまでは歩いて数分なので、春のビーチ散策も楽しめますよ。柔らかな日差しの下で早春の息吹を感じるお花見ウォーキングを楽しんだ後は、ビーチを歩いて三浦のご当地グルメを食べに行ってみるのもおすすめです!
例年、河津桜が楽しめる時期には「三浦海岸桜まつり」が開催されますが、2021年は中止となっています。夜のライトアップなども行われませんので、ご注意ください。
2021年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
佐原 ねお

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア
P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)