ホーム 旅行&おでかけ > 京都女子旅でパリ気分を満喫!日本初上陸「フォションホテル京都」

京都女子旅でパリ気分を満喫!日本初上陸「フォションホテル京都」

2021.04.03

1886年、フランス・パリで創業以来、世界中の美食家たちに愛されてきた高級食料品店「フォション」。2018年開業の「フォションホテルパリ」に続き、2021年3月16日に世界2店舗目となる「フォションホテル京都」がオープン!パリと京都の伝統文化を融合した世界観と、フォション自慢のグルメを楽しめるのが魅力。京都の女子旅にぴったりなパリ気分を味わえるホテルをご紹介します。

世界2店舗目となるフォションホテルが上陸!

写真:成瀬 亜希子

京都・清水五条駅近くの河原町通りにオープンした「フォションホテル京都」。1階にはアーチ型の窓が印象的なブティックが設置されており、行き交う人々の目を引きます。
ホテルのコンセプトは「FAUCHON Meets Kyoto. Feel Paris.」。
パリを感じる洗練されたエレガントな空間に、京都らしい風情ある素材や和のテイストを合わせたモダンラグジュアリーなデザインが特徴です。

写真:成瀬 亜希子

エントランスで目を引くのはティーサロンへと続く大階段。満開に咲き誇る桜をモチーフにしたステンドグラスは、青空の中で桜の花びらが風でふわりと舞い上がっているかのよう。
こちらはフォトスポットとしても人気で記念撮影していくゲストも多いのだとか。また昼と夜では全体的に雰囲気も変わりますので、ぜひ撮り比べてみてくださいね。

写真:成瀬 亜希子

10階のレセプションに上がると、東山方面の景色を望む開放的なラウンジとバーが広がります。こちらでは西陣織を使用したソファーでゆったり寛ぎながらチェックインできます。
チェックイン時にはウェルカムドリンクとしてフォション自慢の紅茶とマカロンを提供。「グルメホテル」ならではのおもてなしが既に始まっていると思うとワクワクしますね。

乙女心をくすぐるフォションならではの客室!

写真:成瀬 亜希子

客室の内装デザインは、アイコンカラーの白、黒、ゴールド、フォションピンクを基調としながら、パリと京都の素材を融合させたモダンラグジュアリーな空間となっています。
写真は7階の高層階に位置している「デラックスルーム」。ベッドルームとリビングルームが一体となった45平米の空間で、東山方面の素晴らしい景色を望むことができます。
奥には西陣織のベッドボードや竹のアートで装飾されたベッドが。寝心地の良さを追求したSealy社のマットレスを使用し、ベッドカバーにはフォションのロゴも装飾されているんです。

写真:成瀬 亜希子

全客室には「フォションホテルパリ」で人気のグルメバーを設置。シャンパンピンクに輝くクローゼットには、フォションの紅茶やスイーツがズラリと並んでいて宝石箱のよう!
こちらは滞在中のティータイムやディナー後のデザートなどに、いつでも好きなだけ味わうことができるんです(シャンパンなど一部は有料)。
ホテルオリジナルのショッパーも用意されており、食べきれない場合はそのままお土産としてお持ち帰りできるのも嬉しいポイントです。

写真:成瀬 亜希子

バスアメニティは「フォションホテル京都」のオリジナルで、柑橘系の爽やかな香りに癒されます。ソープディッシュもフォションのトレンドマークであるリップ型に!
女子必須の基礎化粧品は、スタッフさんに頼むとフランス・スパ発のスキンケアブランド「オムニサンス・パリ」のアメニティセットを用意してくれるので安心です。
また着心地の良いバスローブやパジャマは「フォションホテルパリ」と同じ仕様のもの。アメニティを通じてパリの雰囲気を身近に感じることができますね。

フォション世界初出店となる注目のスパ!

写真:成瀬 亜希子

フォションブランドとして世界初出店となるのが「ル スパ フォション」。国内外のラグジュアリーホテルでスパを手がける「クレドインターナショナル」が運営する高級スパです。
写真はメインとなるトリートメントルーム。洗練されたデザイン空間の中でフォションピンクに染められた畳を使用するなど、こちらでもパリと京都の融合が見られます。

写真:成瀬 亜希子

シャワーブースで見逃せないのがフォションピンクのバスタブ!
スパではフェイシャルやボディなどのオリジナルトリートメントを提供していますが、こちらではお湯に花びらを浮かべた「フラワーバス」など、女子憧れのひとときも楽しめるんです。

写真:成瀬 亜希子

今回、日本初上陸のプレミアムコスメブランド「KOS PARIS」とコラボして、パリと京都を結ぶ架け橋となるようなプロダクト「フォションシグネチャーオイル」を開発。
最初に白檀の神秘的な香りが広がって、フォションのスイーツを思わせるような甘い香りが残る…、フォションスパを象徴するようなプロダクトに仕上がっています。

パリ直伝レシピと京素材を合わせたフレンチ!

写真:成瀬 亜希子

ホテル最上階に位置するのが「レストラン グラン カフェ フォション」。洗練されたデザイン空間、京都の街並みや流れゆく鴨川など、最高のロケーションがゲストを迎えてくれます。
こちらではフォションの歴史を受け継ぐパリ直伝のレシピを、京都の生産者やお店で仕入れた厳選食材を使ってアレンジ。パリと京都の融合を果たしたフレンチを満喫できます。
ディナーでは日本で唯一のオリジナルシャンパン「フォション ブリュット ロゼ」で乾杯!桜色のロゼピンクがかわいらしく、イチゴやチェリーの爽やかな酸味が広がります。

写真:成瀬 亜希子

前菜はシグネチャーメニュー「鴨 フォアグラ ピスタッチオのパテ・アン・クルート」。彩りの良い京野菜だけでなく、パテのサクサク感と鴨肉のしっとり感が絶妙な一品。
肉料理は「京都のもち豚 コンフィ イタリア産白いんげん豆添え チョリソー オリーブピキーリョ」。もち豚の柔らかさと甘みを感じつつ、チョリソーソースのピリ辛がアクセントに。
最後の「デザートセレクション」は人気のケーキ「ビズ・ビズ」やエクレアなどの盛り合わせ。大きなケーキをその場で取り分けてくれるなど、ライブ感のある演出も楽しめます。

写真:成瀬 亜希子

フォションの朝食は「京都クローバー牧場のフレッシュヨーグルト」「京都地元野菜の温野菜」など、目覚めたばかりの体に優しいメニューを揃えています。
スタッフさんのおすすめは、プレーンなオムレツに付け合わせのジャンボンドパリ(加熱ハム)をトッピングすること!ハムの程よい塩気がふわふわ卵の甘みを引き立ててくれます。
デザートにはパリ直輸入のマカロンというのもフォションらしいですね。

紅茶やマカロンを購入できるブティックも!

写真:成瀬 亜希子

1階の河原町通りに位置するのが「ペストリー&ブティック フォション」。こちらではフォションを代表する紅茶やスイーツを宿泊者以外の方も気軽に購入できるんです。
フォションと言えばやはり紅茶!開業を記念して作られた「ワンナイト イン キョウト」は、緑茶ベースのフレーバーティーで京都のお土産としてもおすすめです。

写真:成瀬 亜希子

特に注目したいのが、日本ではここだけでしか購入できないパリ直輸入の「フォションマカロン」。自分の好きなフレーバーを1つずつ選んで購入することもできるんです!
「開業限定マカロンボックス」はチョコレートパッション、レモン、ピスタチオ、バニラ、チョコ、ラズベリーの全6種類。それぞれの素材の味わいをしっかり楽しめますよ。

写真:成瀬 亜希子

2階の「サロン ド テ フォション」では「フォションホテルパリ」で人気のアフタヌーンティーを京都バージョンで提供。和素材のティースタンドや南部鉄器の急須が目を引きます。
上段はフランスから直輸入した本日のマカロン、中段は季節のケーキや焼き菓子など。下段のセリボリーはフランスのレシピを元にしたクラブサンドイッチです。
さらにパリのパルフェやフォションのコンフィチュール付きのスコーンも!パリで花開いた社交場「サロン」のように優雅なティータイムを過ごせそうです。

女子旅におすすめしたい!「フォションホテル京都」

フォションの世界観と京都らしさを感じる「フォションホテル京都」。客室のグルメバーやアフタヌーンティーでフォション自慢のスイーツを味わったり、ブランド初出店のスパトリートメントで心身共にリラックスするなど…、女子旅にぴったりな要素が盛りだくさん。友達や家族を誘って、またはおひとり様のご褒美ステイにもいかがでしょうか?
2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:フォションホテル京都

■関連MEMO
フォションホテル京都(外部リンク)
https://hotelfauchonkyoto.com/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
成瀬 亜希子

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)