ホーム 旅行&おでかけ > 圧巻のお花畑!牡丹&シャクヤク園「つくば牡丹園」が期間限定で開園

圧巻のお花畑!牡丹&シャクヤク園「つくば牡丹園」が期間限定で開園

2021.04.06

ここはコスモス畑?いいえ、茨城県つくば市にある「つくば牡丹園」です。牡丹とシャクヤク合わせ6万株が植栽された圧巻のお花畑が、2021年も4月17日(土)〜5月23日 (日) の期間限定で開園します。期間前半は牡丹、そして後半はシャクヤクへと見頃がシフトしながらも、園内は常に花でいっぱい。有機栽培に徹した園には、遊歩道も整備されており、楽しみながら周遊できます。カワセミや野ウサギにも遭えるかも?

牡丹とシャクヤクが咲き誇る圧巻のお花畑

写真:つくば牡丹園

つくば牡丹園(Peony Garden Tokyo)は牡丹芍薬園として世界最大級の植物園です。20年以上農薬不使用を貫き、「花職人」である園長の関浩一氏やスタッフが、丹精込めて育てたお花たちが主役です。

写真:つくば牡丹園

4月、春を先取りするかのように牡丹(550種、1万株)が咲き始めます。品種ごとに開花時期が異なるため、お花畑というよりも、大輪の花を一輪ずつ愛でるという鑑賞スタイルです。
開花状況はつくば牡丹園の公式facebookやInstagramで発信されるほか、お花のプロフィールは公式サイトの「つくば牡丹園ずかん」で確認することができます。
希少価値の高い種にも、注目です。150歳という日本最古に近い牡丹「島の司」、120歳の「太陽」、さらに牡丹としては珍しいオレンジ色の「トリビュート」(上部の画像)など。

写真:咲田 みつる

牡丹が終わりに近づくころには、シャクヤクもシーズンイン。その数250種、5万株。見渡す限りの圧巻のお花畑です。牡丹は樹木ですが、シャクヤクは草に分類されます。シャクヤクが風になびく姿は、しなやかで揺らぎも美しく、「コスモス畑」と見間違うほどです。しかしその大輪は、コスモスの数倍もあり存在感は格別です。つくば牡丹園で、シャクヤクのイメージが大きく変わるでしょう。

自然にやさしいガーデニングを五感で

写真:咲田 みつる

60,000平方mの庭は、農薬不使用・酵素農法で管理されています。「自然の中の庭園」をコンセプトにしたその世界観は、童話の世界にも通じる部分があります。園内にあるかわいらしい作業小屋やハーブガーデン・カフェも、世界観を一層引き立てます。
2018年には、映画『ピーターラビット(TM)』とコラボイベントも行われました。上部画像のウサギ耳のカチューシャレンタルは、その当時のもの。2021年は写真撮影用のフォトフレームのレンタルが行われる予定です。お気に入りのお花とともに、SNS映えを狙ってみましょう。

写真:咲田 みつる

つくば牡丹園には多くの緑があり、心地よい散策を楽しむことができます。開園シーズンには、つつじやクレマチス、シャガ、なんじゃもんじゃ(他県では絶滅危惧種に指定されている樹木)など、多くの花が開花しています。風にのってくる花の香りや、木漏れ日を愛でながらの周遊をおすすめします(上記の画像はなんじゃもんじゃ)。

写真:咲田 みつる

散策中は、五感を研ぎ澄まして、園内を観察してみましょう。足元にも注目です。園には実際に野ウサギが住んでおり、「野ウサギのフン」も見どころの一部になっています。またカワセミもよく訪れ、園内でよく目撃されています。

2019年から「水面のシャクヤク」も

写真:つくば牡丹園

2019年には新たなフォトスポットとして、池に浮かぶ「水面のシャクヤク」が仲間入りしました。近隣のシャクヤク農家さんにて、出荷時期を過ぎてしまったお花を譲り受け、水面に浮かべているのです。その数、数千輪!
2021年は5月中旬以降の土日に行う予定です。お出かけ前には、公式サイトやSNSで是非開催スケジュールを確認しましょう。

つくば牡丹園で圧巻のお花畑を愛でよう

つくば牡丹園は、お花の数もさることながら、自然に配慮した農法や、自然との共生を目指す園づくりが魅力です。期間限定の公開ですので、是非機会を逃さないよう、訪れることをおすすめします。
2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
つくば牡丹園(外部リンク)
https://jp.peonygardentokyo.com/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
咲田 みつる

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)