ホーム 旅行&おでかけ > 海に浮かぶ絶景カフェ!横浜港ボートパーク「ヘミングウェイ」

海に浮かぶ絶景カフェ!横浜港ボートパーク「ヘミングウェイ」

2021.04.11

みなとみらい日本丸メモリアルパークの近くに、まるで映画に出てくるようなボートパークがあることをご存じでしょうか?一見、何をしているところなのか、誰か住んでいるのかすらわからない謎めいた秘密基地のような建物は、実は駅から歩いて行ける都市型リゾート、横浜港ボートパーク「ヘミングウェイ」。
会員制の施設なのですが、一般の人でも気軽に利用できる絶景カフェも。気になるカフェや施設の中身と魅力をご紹介!

みなとみらいの絶景が楽しめる海上カフェ

写真:佐原 ねお

桜木町駅から新港地区を結ぶプロムナード「汽車道(きしゃみち)」と、「日本丸メモリアルパーク」の間の海上に浮かぶ、ものすごく小さな“島”のような建物を見たことがありますか?みなとみらいの海に浮かぶこの木造の建物は、外からは目立った看板も案内もないので、一体何をしているところなのか、気になっていた人は少なくないはず。
少し謎めいた雰囲気の気になるこの建物、実は2018年にオープンした会員制のマリンレジャークラブ「横浜港ボートパーク」。会員制と聞くと敷居が高そうですが、ビジターでもSUP、レンタルボート、クルージングなどの利用ができる施設。
特に中にあるカフェ「Hemingway Yokohama/ヘミングウェイ横浜」は予約も不要で、絶景のロケーションを楽しみながら食事ができる穴場スポット。もちろんカフェのみの利用もOK!

写真:佐原 ねお

Googleマップで「ヘミングウェイ横浜」と検索すると、陸地で繋がっていない海の上に突然ピンが立ちます。岸からヘミングウェイ横浜をつないでいるのは、人ひとりしか渡れないような細い桟橋で、実際に目にするとまるで映画の1シーンのような光景。
桟橋を一歩ずつ進むたびに感じる振動が心地良く、なんだか秘密基地へ乗り込んでいくような、ワクワク感が味わえますよ!

写真:佐原 ねお

カフェ店内は船内のような雰囲気。ウッドデッキのテラス席はもちろん、室内からもみなとみらいの景色が窓から見渡せるように。店内が時折かすかに揺れているような気がするのも、海と一体化したカフェ、ヘミングウェイ横浜の特徴の一つです。

カフェメニューには牡蠣づくしコースも!

写真:佐原 ねお

カフェの人気メニューはスープカレー。スープカレーはチキン、豚しゃぶ、からあげ、炒め野菜の4種類から選べて、税込み1100円。写真はホロホロに煮込まれたチキンが入ったスープカレーで、ヘミングウェイ横浜の一番人気メニューです!

写真:佐原 ねお

スイーツの一番人気はベーグルフレンチトースト。冷たいアイスクリームがのったアツアツベーグルはスキレットで提供され、ベーグルならではのモッチリ感がしっかり残るように作られています。外はカリッと、中はベーグル本来のモチモチ食感に、シナモンの香りがたまらないスイーツ。料金は税込み850円です。
他にもアルコールなどのドリンクはもちろん、赤味ステーキやパスタなども。2021年春からの新メニューとなる牡蠣づくしコースは、BBQグリルで焼いた牡蠣などが食べられる牡蠣ざんまいのコース。海の上でいただく海の幸、みなとみらいのスカイラインを眺めながら至福の時間を過ごしてみるのはいかがでしょう?

海の上でプールサイドBBQ!

写真:佐原 ねお

暖かい時期に楽しみたいのが、海の上でのオーシャンビューバーベキュー!実はデッキにはプールもあり、憧れのプールサイドBBQを楽しむこともできるのです。都会のど真ん中で、海の上、オーシャンビュー、プールサイドという幾つもの要素が重なった、なんとも贅沢なBBQ。
サンセットや夜の時間帯でも予約することができるので、みなとみらいの夜景も満喫できる最高のシチュエーション!バーベキューは手ぶらで利用することができ、2日前までにヘミングウェイ横浜のサイトから予約することができます。

写真:ヘミングウェイ横浜

デッキからは世界最大の時計型観覧車である「コスモクロック21」が、刻々と色を変えていく光景を見ることができます。真夏の夜に、潮風にあたって涼みながら夜景観賞BBQをしていると、クルージング船の上でBBQパーティーをしているような雰囲気で盛り上がりますよ。
もちろんカフェやバーとしての利用だけでも、テラス席で最上級の夜景ロケーションが楽しめます!天気のいい日は混み合うので、カフェ利用だけでも予約がおすすめです。

会員じゃなくてもクルージングやマリンスポーツも!

写真:佐原 ねお

ヘミングウェイ横浜は会員制のレジャー施設ですが、ビジターでもマリン体験をすることが可能。例えば貸切ボートのクルージングプランで特別な日を演出してみると、忘れられない思い出になること間違いなしです!

写真:横浜港ボートパーク

またヘミングウェイでは、SUPやデッキヨガなど、みなとみらいの景色を眺めながらマリンスポーツが楽しめるというのが魅力。初心者でもお一人様でも歓迎してもらえるのが嬉しいところ。
クラブハウスにはシャワールームもあるので、帰る前にシャワーを浴びてから、みなとみらいで観光をして帰ることも可能!

写真:佐原 ねお

写真は横浜港ボートパーク内の人工芝エリアで、SUPの後に一息つける憩いの場所。ヨガの予約が入った時にはビーチチェアは片付けられ、デッキヨガの会場に一変します。
横浜港ボートパークヘミングウェイで、みなとみらいの絶景をバックに、カフェやマリンスポーツで最高に写真映えする思い出を残してくださいね。
荒天時や設備メンテナンスなどで不定期に休みとなることがあるので、営業情報などは関連MEMOのInstagramで、スクールの詳細については、横浜港ボートパークのサイトで確認して予約してください。

横浜港ボートパーク「ヘミングウェイ」の基本情報

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1 横浜港ボートパーク
電話番号:045-900-1449
アクセス: JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」から5分、横浜高速鉄道「みなとみらい駅」から徒歩10分
2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
HEMINGWAY YOKOHAMA/ヘミングウェイ横浜(外部リンク)
https://yokohama.hemingway.cafe/
横浜港ボートパーク(外部リンク)
https://www.boatpark.yokohama/about/
横浜港ボートパーク/ヘミングウェイ-Hemingway Instagram(外部リンク)
https://www.instagram.com/yboatpark/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
佐原 ねお

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)