ホーム 旅行&おでかけ > 雨の日こそ美しい!非日常が味わえる愛媛西予の絶景「こけむしろ」

雨の日こそ美しい!非日常が味わえる愛媛西予の絶景「こけむしろ」

2021.04.25

愛媛県西予市にある「ギャラリー喫茶 苔庭(こけむしろ)」は、杉木立と苔庭に包まれた空間にひっそりたたずむ小さな茶庵です。日常を忘れさせてくれる静寂と緑に包まれた苔庭は、陽光差し込む晴れの日も清々しいですが、やはり雨露滴るしめった姿こそ美の真骨頂。
四国八十八景にも選ばれた四国屈指の絶景、ぜひ雨の日にこそ訪れて、この安らぎの空間で心を癒やされてみませんか?

一面苔に覆われた安らぎの空間「こけむしろ」とは

写真:Mayumi Kawai

愛媛県宇和島市から北へおよそ30km、西予市(せいよし)宇和町の人里離れた山中にひっそりたたずむのが「ギャラリー喫茶 こけむしろ(苔筵)」です。
「こけむしろ」とは、苔が一面に生えた様を、ワラなどで編んだ敷物の「むしろ」にたとえた言葉。文字通り、「こけむしろ」は広さ2,250平方メートルの敷地内におびただしい苔と杉木立が広がる幻想的な空間となっています。

写真:Mayumi Kawai

ことの発端は20年以上前。当時の店主が脱サラ後、実家から受け継いだ水車小屋を改装して開いた料理店がきっかけで、それとともに杉の植林をスタート。次に、敷地内にあった石積みの棚田に一つ一つ手で苔を植え続け、5年以上の歳月をかけて店主が育て上げた珠玉の苔庭なのです。

写真:Mayumi Kawai

知る人ぞ知る人気のこけむしろですが、実は「四国八十八景」の一つにも選ばれた四国屈指の絶景スポット。
「四国八十八景」とは、2020年開催予定だった東京オリンピックに先駆け、四国へのさらなる観光客誘致を目的としてはじまった絶景プロジェクト。四国らしさが感じられる「風景」とそれを「眺める場所(展望所やベンチなど)」がワンセットとなったスポットが選定基準となり、2018年6月、最終的に88ヶ所の絶景が選出されました。
海山川が織りなすダイナミックな自然景観や歴史を感じさせる建造物や町並みが選ばれる中、苔庭の非日常空間が味わえるのはここだけとなっています。

苔はやっぱり雨の日こそ美しい!

写真:Mayumi Kawai

苔はやっぱり雨に濡れてこそ輝きを増し、みずみずしく最高に美しい生き物。ぜひ雨が降ったら、あるいは雨上がりに訪れてほしいスポットです。

写真:Mayumi Kawai

雨に濡れたモフモフ苔に親子カエルの図。実にのどかな一コマ。
※注:カエルはオブジェです

写真:Mayumi Kawai

もちろん、晴れた日には陽光降り注ぐ木立の中で、そよぐ風とマイナスイオンの森林浴シャワーを浴びながらまったりティータイムもおすすめ。きっと気分もリフレッシュできますよ。

遊び心が散りばめられた苔庭の空間

写真:Mayumi Kawai

こけむしろの苔庭は、苔そのものの素晴らしさはいうまでもなく、実はオーナーの遊び心が詰まった空間造りも楽しみの一つ。
手始めは入口で出迎える手彫りの大フクロウやぶんぶく茶釜のたぬき、さらに奥に入ると七福神や鶴、亀、鯉、しゃちほこなど縁起の良いオブジェから、鬼瓦、壺、シーサー、虎、魚、カメレオンなど、とにかく個性的なオブジェが至るところに散りばめられています。

写真:Mayumi Kawai

こんなこん棒振り上げた鬼もいたり。どんなオブジェが置かれているのか、宝探しの気分で散策を楽しむのもオツですね。

写真:Mayumi Kawai

時にこんなユーモアあふれる立て札も。
敷地内は石畳と飛び石が設けられ、手塩にかけて育てた繊細な苔たちを守っています。ルートから外れることなく散策を楽しみましょう。

極上の苔庭を眺めながらまったりティータイム

写真:Mayumi Kawai

杉木立と苔庭に溶け込むように作られた小さな茶庵。入口には「新鮮なおいしい空気、ひと呼吸一円いただきます。但し、本日のお客様に限り無料にいたします」と「本日は気分がいいので営業します 店主」のユーモアあふれる手書きの看板が。入るのがちょっと楽しくなりますね。

写真:Mayumi Kawai

屋内は温かみのあるトーンでまとめられ、寒い日には暖炉が灯り、テーブルにはかつてのミシン台が使用され、耳をすませば壁に掛かった古時計が時を刻み、どこか懐かしい居心地の良い空間が演出されています。

写真:Mayumi Kawai

お品書きは、地下50mから汲み上げた地下水を使用したこだわりのコーヒー(ホット・アイス)、抹茶、オレンジジュースなど各種ドリンクメニューに、青のりを苔に見立てた当店自慢の苔まんじゅうと愛媛県宇和島の伝統銘菓・唐饅のセット、また地場産の米粉と小麦を使ったこだわりのシフォンケーキと至ってシンプル。
とはいえ、窓枠越しに眺める極上の風景とともにいただくティータイムは、ここならではの贅沢ですね。

併設のお遍路ギャラリーもおすすめ

写真:Mayumi Kawai

こけむしろの向かいに併設された建物は、「四国八十八ヶ寺 癒やしの空間」と名付けられたお遍路ギャラリー。かつて店主が営んでいた料理店を改装して開かれた小さな木造家屋で、現在はお遍路にまつわる仏画や彫像、置物、イラストなどが展示されています。

写真:Mayumi Kawai

囲炉裏のある小さな茶室からのぞく苔庭もまた風流。額縁に入れたくなる風景ですね。

写真:Mayumi Kawai

ギャラリー前の庭園は、杉木立に広がる苔庭とはまた違った洗練されたたたずまい。まるで名のある料亭の日本式庭園を眺めているようです。池には錦鯉が優雅に泳ぎ、またよくよく見ると池の中には小さな赤いサワガニが身を潜めています。自然と調和した、実に美しい空間です。
息詰まる毎日で心がささくれだったり、ちょっと疲れを感じたら、ぜひ新鮮な空気と豊かな苔に包まれた「こけむしろ」に癒やされに、愛媛西予まで足を運んでみませんか。

ギャラリー喫茶 苔筵(こけむしろ)の基本情報

住所:愛媛県西予市宇和町信里2099番地
電話:080-3928-9276(オーナー村上安由氏の携帯直通)
営業時間:10:00〜17:00(1月〜3月は土日祝のみ営業、4月以降は通常営業)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は営業)
※苔庭の維持管理のため、入庭料100円(任意)
アクセス:車の場合、西予宇和ICあるいは大洲ICから約20分。電車・バスの場合、JR上宇和駅より宇和島バスの野村〜オズメッセ線「オズメッセ」行乗車、「芝」バス停下車から徒歩約15分
2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
西予市観光サイト「せいよじかん」(外部リンク)
https://seiyojikan.jp/feature/feature4/
「四国八十八景」公式ホームページ(外部リンク)
http://www.skr.mlit.go.jp/kikaku/88-kei/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
Mayumi Kawai

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)