ホーム 旅行&おでかけ > ホテル「アゴーラ 東京銀座」で見つけるいつもと違う銀座泊

ホテル「アゴーラ 東京銀座」で見つけるいつもと違う銀座泊

2021.04.27

ホテル「アゴーラ 東京銀座」が、2021年4月、歌舞伎座すぐの好立地にオープン。リーズナブルなダブルやツインが中心ですが、スイートルームやガラス張りの開放的なシャワーブースなど、ハイセンスな客室こそおすすめです。
1階のカフェラウンジや屋上のアウトドアラウンジなど憩いの場も用意。素泊まりのホテルですが、老舗の美味しい朝食情報も発信しています。いつもと違う銀座ステイを楽しんでみては?

銀座の街の新しいホテル

写真:みなみ じゅん

「アゴーラ 東京銀座」は東銀座駅より徒歩2分。歌舞伎座から晴海通りを渡ったすぐの木挽町通りに面したホテルです。

写真:アゴーラ 東京銀座

最先端のライフスタイルと老舗のお店が融合する銀座。そんな街に立つ「アゴーラ 東京銀座」のコンセプトは「まちごころにふれる茶邸(さてい)」。和となごみのスピリットが香るモダンホテルです。
間接照明に照らされたレセプションは、直線で構成される凛としたたたずまい。トップボードには栓の木の無垢材を使い、台は左官職人が仕上げた土壁の風合いです。背後から天井へとヒノキが張られ、数寄屋造りの客間で目にする違い棚には茶器が飾られます。
さらにレセプションカウンターの一画では茶釜が温められ、カフェラウンジで供される抹茶の湯を沸かしています。

写真:みなみ じゅん

レセプションの横にはいつでもいただけるウェルカムドリンクとして、2種類のデトックスウォーターと、東京都北西部に位置する瑞穂町で摘まれた東京産の狭山茶が用意されています。

スイートで暮らすようにすごす

写真:みなみ じゅん

客室は7タイプ97室で、最上階の12階には唯一バスタブの付いたエグゼクティブスイートがあります。暮らすように過ごせる客室は、定員2名。リビングの床はここだけウォールナットが採用され、重厚感のある造りです。

写真:みなみ じゅん

エグゼクティブスイートのベッドルームは、広い窓がある角部屋です。長期滞在もできるよう、大きなクローゼットを備えます。上質な眠りにこだわって、シモンズのベッドを全室に採用しています。

写真:みなみ じゅん

エグゼクティブスイートでは、隣りにある19平米のデラックスツインをコネクティングルームとしても利用できます。友人同士2世帯での宿泊や、家族4人での利用が可能です。
さらに向かい側の客室、エグゼクティブツインを加えた合計3室を同時に利用することで、併設した屋上ガーデン「アウトドアラウンジ」の無料貸し切りもできるんです。

銀座で非日常を楽しむ部屋

写真:みなみ じゅん

こちらも12階に用意された、ホテル唯一のエグゼクティブツイン。この部屋だけが他の客室と隣り合わない独立した造りのため、物音などを気にせず過ごせるばかりか、全面窓のある明るい室内です。

写真:みなみ じゅん

全ての客室にはテレビの下にJBLのスピーカーを備えます。Bluetooth対応で、スマホに入った音楽を楽しめるほか、ネットフリックスやHuluなどに会員登録している方ならスマートテレビの視聴も可能。大画面と高音質で映画やライブは観応えアリです!

写真:みなみ じゅん

エグゼクティブツインの注目はシャワールーム。4面全てガラス張りのため、日差しの中でシャワーを浴びることもできます。さらに、この部屋とスイートにのみレインシャワーを用意。ゴージャスなシャワータイムを楽しめます。
全客室には、抗菌作用のある植物エキスを配合した「ハジマリ」のボタニカルシャンプーを用意します。

ワンランクアップのホテルライフ

写真:みなみ じゅん

通常のツインやシングルルームも、華美なところのないシンプルで落ち着いたデザイン。内扉を設けているのでプライベート感が得られ、防音性も向上します。

写真:みなみ じゅん

都会的センスの洗面は、入口付近に設置。テーブルにはコンパクトに備品が収納され、ふっくらと厚手のタオル類も用意されています。

写真:みなみ じゅん

各部屋にはマグカップとグラス、お洒落なデザインの電気ケトルを用意。人数分のミネラルウォーターはうれしいサービスです。備品にまでこだわった、ワンランクアップのホテルライフを楽しめます。

内と外 ふたつのラウンジ

写真:みなみ じゅん

ゲスト同士が出会い、街の情報交換をできるよう、一期一会の機会を作る「Ichie・Lounge(いちえ・ラウンジ)」が1階にオープン。
宿泊客は24時間フリーで、外来の方も8時から21時までカフェとして利用できます。
カウンターやテーブル下にはソケットも用意され、パソコン作業も可能。気候の穏やかな季節は、オープンテラスのカフェにもなります。とりわけ茶釜からたてた抹茶とお菓子の「いちえセット」はおすすめです。

写真:みなみ じゅん

12階には銀座の空を見上げられるアウトドアラウンジを用意。オリーブや桜の木、紫陽花や松など、四季折々の緑を植え、夜はライトアップしています。
出入りにはルームキーが必要な宿泊客専用のプライベートガーデンで、ちょっと贅沢な銀座の夜を楽しめます。

写真:みなみ じゅん

アゴーラ 東京銀座が素泊まりのホテルだからこそ、フロント横にある「まちごころマップ」を活用しましょう。スタッフや宿泊客が、銀座の街情報を気軽に発信できるコミュニケーションボードです。
周辺の美味しいお店や、早朝から営業する老舗サンドウィッチ店。朝食が美味しい築地場外市場や、築地本願寺カフェの有名な「18品の朝ごはん」など、アゴーラ 東京銀座に泊まるからこそ「美味しい銀座の朝」が見つかります。

銀座の街を楽しむホテル

アゴーラ 東京銀座は、歌舞伎座や新橋演舞場にほど近く、観劇にはうってつけのロケーション。もちろんショッピングやビジネスにも好立地。
スタイリッシュなホテルに泊まり、銀座の夜と銀座の朝を楽しんでみてはいかがでしょう。いつもとは違う銀座をきっと発見できますよ。
2020年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:アゴーラ 東京銀座

■関連MEMO
アゴーラ 東京銀座(外部リンク)
https://www.agora-ginza.com/
グッドデザイン賞受賞!東京築地のホテル「TSUKI」に泊まる
https://www.travel.co.jp/guide/article/42163/
伝統からキュートなスイーツまで!進化する東京・築地本願寺
https://www.travel.co.jp/guide/article/45022/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
みなみ じゅん

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)