ホーム 旅行&おでかけ > 「ザ・プリンス 箱根芦ノ湖」温泉・グルメが満喫できるハイグレードホテル

「ザ・プリンス 箱根芦ノ湖」温泉・グルメが満喫できるハイグレードホテル

2021.04.29

日本有数の温泉リゾートとして知られる箱根。一口に箱根といっても様々なエリアがありますが、湖といえば芦ノ湖エリアが知られています。芦ノ湖岸のリゾート感溢れる雰囲気の中、高級リゾートホテルの筆頭として知られるのが「ザ・プリンス 箱根芦ノ湖」。
“ザ・プリンス”ブランドらしい伝統と格式高きホテルには、スタッフのホスピタリティマインドも溢れています。客室、温泉、ダイニングの魅力などご紹介します。

円形ホテルの秘密

写真:瀧澤 信秋

箱根といえば、自然、文化そして温泉というイメージでしょうか。富士山の大自然に抱かれ、四季折々に美しい表情を見せるスポットも多くあります。また、江戸の奥座敷といわれた箱根には旧街道の石畳や箱根関所跡などの史跡も多く、ゴルフ場やテニスコート、美術館 、博物館といった観光スポットにも事欠きません。
そんな箱根でも芦ノ湖周辺は風光明媚というワードがぴったりの人気エリア。1日として同じ表情のない山と空と湖のコントラストに、自然と対話するような空気感も味わえます。

写真:瀧澤 信秋

芦ノ湖畔に佇むザ・プリンス 箱根芦ノ湖は、ザ・プリンスを冠するリゾートという点では軽井沢と並び、風格と奥深さが魅力。円形の建物は京都の宝ヶ池も彷彿とさせますが、建築界の巨匠、村野藤吾が手掛けた建物として有名です。
円形の秘密は、東西に分かれた2つの宿泊棟を樹林の間にすんなりと納めるため。建築物と自然の共存が息づくホテルでもあります。ホテルの中庭は最高のスポット。目の前に広がる芦ノ湖からは、晴れた日には富士山ビューが愉しめます。

柔らかな雰囲気のロビー

写真:瀧澤 信秋

ロビーの雰囲気は言うなれば曲線や柔らかさが魅力。滑らかなフォルムのイスや、アクリルのショーケース、天井に貼られたアコヤ貝の貝裏など細部まで趣向が凝らされています。1階とロビーを結ぶまわり階段もまさに曲線の魅力を体現しています。
いま造れと言われてもきっとできない、年月を経てきた年輪のような魅力。決して奇をてらわない懐深き余裕を感じるのもザ・プリンス 箱根芦ノ湖の魅力といえるでしょう

写真:瀧澤 信秋

ホテルの大量供給が続く中、差別化戦略・競争優位という点から特徴を出すことや目新しさに注力するホテルは非常に増えています。差別化というワードだけに走るのはありがちですが、もとより数十年かけて勝負する世界にあってその魅力やコンセプトは持続可能なものなのか考えさせられます。
そうした点で見ると、ザ・プリンス 箱根芦ノ湖の質の高さが改めて分かることでしょう。

四季折々の風景を愛でたい客室

写真:瀧澤 信秋

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖の円形に沿って配置された客室からは、四季折々の美しい風景がパノラマのように広がります。客室の位置によって望む景色が異なるのも魅力。
特に、湖畔に面する部屋からは富士山や芦ノ湖を眺めます。緑の森と輝く湖面に広がる優雅なくつろぎのひとときが過ごせることでしょう。

写真:瀧澤 信秋

広い客室面積なので調度品も余裕を持って配されています。2室合わせてコネクティングルームとして利用できる客室もあるので、ファミリーにも嬉しいホテルといえそうです。自然を近くに快適なベッドで熟睡できるのは何よりの贅沢です。

メインダイニング ル・トリアノン

写真:瀧澤 信秋

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖のディナーといえば、断然フレンチ「メインダイニング ル・トリアノン」がおすすめ。何メートルあるんだろうという吹き抜けは荘厳そのもの。芦ノ湖を望む一面の大きなガラス窓も圧巻。
陽が長くなってきて、夕刻のうっとりする湖面から漆黒の見えない湖へという時間の移ろいも四季を感じるダイニングのエッセンスです。

写真:瀧澤 信秋

魚介のマリネ、真鯛の白ワイン蒸し、牛フィレというフレンチ王道のようなコースはまさに“プリンスホテル”のイメージ。一方、気の利いたワインとのペアリングも計算され尽くされており、意外性にもワクワクさせられます。
時に忘れられない出会いがあることもホテルダイニングの楽しみですが、ゲスト・テーブルとの距離感、纏う透明な空気感などそれぞれに素敵なスタッフとの出会いが待っています。
<レストラン ル・トリアノン>
営業時間:
朝食7:00〜10:00(L.O. 9:30)
昼食 12:00〜14:30(L.O. 14:00)
夕食 17:30〜20:30(L.O. 20:00)
※予約制で17:30/18:00/19:30/20:00から選べます)
※季節等により営業時間が変更になる場合があります

箱根といえばやっぱり温泉

写真:瀧澤 信秋

芦ノ湖に面した蛸川温泉「箱根 湖畔の湯」が愉しめるのもザ・プリンス 箱根芦ノ湖の魅力。源泉は敷地内の自家源泉「蛸川温泉」を使用。目の前に芦ノ湖が広がる開放的な露天風呂は最高です。サウナや冷水浴も完備され、癒しのひとときを満喫できることでしょう。宿泊ゲスト専用なのでゆったり過ごすことが出来ます。
営業時間:
午前の部6:00〜11:00(最終受付10:45)
午後の部13:00〜23:00(最終受付22:45)

館内での買い物にも困らない

本館1Fにはスーベニアショップであり飲み物やお菓子など買うことができます。また、ホテル特製のフルーツケーキや箱根の名産品もあるのでお土産を選ぶこともできます。特にリゾートホテルでこうしたショップは大助かりです。
2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ザ・プリンス 箱根芦ノ湖
https://www.princehotels.co.jp/the_prince_hakone/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
瀧澤 信秋

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)