ホーム 恋愛 > 頭にくる…!妻が「イラッ」とする【夫の言動】って?〜育児編〜

頭にくる…!妻が「イラッ」とする【夫の言動】って?〜育児編〜

2021.05.04

一生懸命な妻をイラッとさせるひと言、言っていませんか?
今回は、育児で言われるとイラッとする言動をご紹介。
最後までしっかり目を通してみてください。

(1)うんちのときのみ報告

子どものおむつを替える際、うんちのときのみ行動が変わる夫。
この行動に、イラつている女性は少なくありません。
忙しくておむつ替えを頼んだものの、うんちであれば即撤収。
汚れるのは誰も嫌ですが、妻なら汚れになれているからOKと勝手に思わないでください。
替えている最中、手が汚れたとしても洗えば問題ありません。
うんちだからNG、おしっこだからOKではなく、一律でするようにしましょう。
報告は一切いりません!

(2)「やっぱりママがいいよね」

女性はとにかく忙しいです。
夫に子どもの面倒をお願いしているにもかかわらず、泣いたら連れてくる行動にイラッと。
そのうえ「やっぱりママがいいよね」というセリフで、妻はさらに怒りを覚えます。
困ったら、すぐ妻に連れて行くのはダメです。
妻は作業が中断し、さらに怒りを買うことになります。
妻の用事がスムーズに進むよう、子どもと向き合ってくださいね。

(3)夜泣きしているにもかかわらず起きない

夜中は妻だって、正直寝たいです。
しかし、子どもの中には夜泣きをしてしまう子もいます。
大きな声で泣くにもかかわらず、ノータッチな夫にイラッとする女性は多いです。
仕事で疲れているのはわかりますが、自身が寝るまで大忙し。
夜中ぐらいゆっくりしてもらうつもりで、夜泣きする子どもの対応をしましょう。

(4)「掃除しているの?」

小さな子どもがいれば、掃除をしてもキレイになることはありません。
片づけができないため、つねに汚れた状態になっているのです。
その状況を知りもせず、帰ってきて開口一番「掃除しているの?」なんて言われれば、反論する気にもなりません。
毎日小さな怪獣と格闘しながら、部屋の片づけを頑張っています。
指摘をするなら、一緒に片づけるなどしましょう。
人を育てることは、本当に大変なことです。
そのため、小さなことが命取りになることもあります。
できることは手伝い、肌で育児の大変を感じ取ってみてください。
(恋愛jp編集部)

関連記事

提供元:恋愛jp

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)