ホーム 旅行&おでかけ > 旅行系クレカの新たな選択肢!「ヒルトン・アメックス・カード」が無料特典だらけ

旅行系クレカの新たな選択肢!「ヒルトン・アメックス・カード」が無料特典だらけ

2021.05.28

賢く旅行が楽しめる旅行系クレカ。2021年に新しく登場した「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」、通称「ヒルトン・アメックス・カード」はもうチェックしましたか?カード更新時に無料朝食・無料アップグレード特典付きの上級会員になれたり、継続時には無料で1泊宿泊できたり、「無料」特典だらけなんです!年会費をすぐ回収できる最新クレカ、旅好きの新しい選択肢になりそう。(PR)

無料で高級ホテル泊。「ヒルトン・アメックス・カード」とは

写真:アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

「ヒルトン・アメックス・カード」は2021年3月に受付開始したばかりの最新旅行系クレジットカード。日本を含む6,400以上ある世界中のヒルトングループホテルでたくさんの特典を受けられ、何より「無料」で高級ホテルに宿泊できます。

写真:コンラッド東京

まずはカードを更新するタイミングでの「ウィークエンド無料宿泊特典1泊分」。カードを年間150万円以上利⽤し、更新することでヒルトン系列ホテルに1泊無料で泊まれます。
憧れのコンラッドや全国各地にあるヒルトンに金土日、2名1室「無料」で泊まれるのは、この上ない贅沢。ヒルトン・アメックス・カードの年会費は16,500円(税込)なので、例えばこの特典でコンラッド東京に宿泊すればすぐに回収できます。これは他の人に自慢したくなるほどお得!

写真:ヒルトン小田原リゾート&スパ

そして入会年には条件※1をクリアするごとにヒルトン・オナーズボーナス・ポイントを獲得でき、最大で25,000Pが手に入ります!このポイントはカードを日常のお買い物で使ったり(100円=2P)、ヒルトン系列ホテルで使ったり(100円=3P)することでも貯まるポイント。
使う時は日本の対象ホテルなら15,000P〜で宿泊できるので、これまた「無料」で宿泊が叶います(特典宿泊に必要なポイント数は、ホテル、客室、予約日、滞在日数によって異なる)。
※1(P=ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント)
・入会ボーナス:入会で2,000P
・カード利用ボーナス1:入会1ヶ月以内に10回のカード利用で3,000P(カード利用1回につき1,000円以上)
・カード利用ボーナス2:入会3ヶ月以内に30万円以上の利用で10,000P
・カード利用ボーナス3:入会6ヶ月以内に75万円以上の利用で10,000P

朝食が「無料」!ゴールド資格に自動ランクアップ

写真:LINEトラベルjp ナビゲーター 泉 よしか

無料宿泊に加えヒルトン・アメックス・カードを持つ大きなメリットが上級会員資格「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」を手に入れられること。
ヒルトンの会員プログラム「ヒルトン・オナーズ会員」はメンバーから始まり、この「ゴールド」にランクアップするためには通常1年間でヒルトン系列ホテルに20回の滞在または40泊が必要。それがこのカードを持つだけで自動的に「ゴールド」へ格上げされます!

写真:LINEトラベルjp ナビゲーター 下川 尚子

ゴールドの特典は多岐に渡り、最も魅力的なのが「すべてのホテルでの朝食無料サービス」と「お部屋のアップグレード(空室状況による)」。朝食は本人と同行者1名が無料となり、ホテルやレストランにもよりますが4,000円前後する朝食が「無料」とは、稀にみるお得感です!
このゴールドステータスを獲得するだけでも、VIP気分が味わえること間違いなし。

週末だからよりお得。無料宿泊特典で泊まれるホテル

写真:LINEトラベルjp ナビゲーター 泉 よしか

ここからは「ウィークエンド無料宿泊特典1泊分」で泊まりたい、日本にあるヒルトン系列ホテルを紹介します。おさらいになりますが、この特典は通常値段が上がる週末に無料で泊まれるのでとってもお得。特にカレンダー通り働く人にはうってつけです。海外旅行が難しい今は、VIP待遇を受けながら全国のヒルトン系列ホテル制覇!なんて旅もいいですね。
<日本にあるヒルトン系列ホテル一覧>
・関東
ヒルトン東京
コンラッド東京
ヒルトン東京ベイ
ヒルトン東京お台場
ヒルトン小田原リゾート&スパ
ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ
ヒルトン成田
・北海道
ヒルトンニセコビレッジ
・中部
ヒルトン名古屋
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
・関西
ヒルトン大阪
コンラッド大阪
ROKU KYOTO(2021年開業予定)
・九州
ヒルトン福岡シーホーク
・沖縄
ヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
ダブルツリーbyヒルトン那覇
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
ヒルトン沖縄瀬底リゾート

写真:LINEトラベルjp ナビゲーター 松本 沙織

お得率が高く、無料宿泊で利用したいホテルNo.1はヒルトングループの上級ブランド「コンラッド」。日本には「コンラッド東京」と「コンラッド大阪」があり、どちらも抜群の立地と洗練されたラグジュアリーが魅力の高級ホテルです。

写真:LINEトラベルjp ナビゲーター 下川 尚子

「ヒルトン小田原リゾート&スパ」は都心からすぐに行けるオーシャンビューリゾート。天然温泉の大浴場や水着で楽しむ温泉プールなど、遊べる施設が満載で家族旅行にもぴったりです!ちなみにヒルトン小田原リゾート&スパの朝食は6歳未満無料。親はゴールドの無料朝食特典を利用すれば、格段に旅費を安く抑えられます。

2泊無料を手に入れるなら「プレミアム」

写真:アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

ヒルトン・アメックス・カードには「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」のほか「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」という上位カードもあります!条件次第ではこちらの方がお得なので、要チェック。
まず無料宿泊についてはカード継続時に「ウィークエンド無料宿泊特典1泊分」、さらに年間300万円以上カードを利用し継続すると「ウィークエンド無料宿泊特典をもう1泊」プレゼント。つまり合計2泊が無料となります!
また、入会年に条件※2をクリアするともらえるヒルトン・オナーズボーナス・ポイントは、最大75,000P!年会費は66,000円(税込)と高額に思えますが、無料宿泊分や獲得ポイントを踏まえるとかなりお得。
※2(P=ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント)
・入会ボーナス:入会で5,000P
・カード利用ボーナス1:入会1ヶ月以内に10回のカード利用で10,000P(カード利用1回につき1,000円以上)
・カード利用ボーナス2:入会3ヶ月以内に30万円以上の利用で30,000P
・カード利用ボーナス3:入会6ヶ月以内に150万円以上の利用で30,000P

写真:ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城

ヒルトンの会員プログラム「ヒルトン・オナーズ会員」は、こちらも持つだけでゴールドステータスに自動ランクアップ。
そしてプレミアム・カードならゴールドよりさらに上、最上級のステータス「ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス」を獲得することも可能。1月から12月の1年間で合計200万円以上利用すれば、達成年の翌年末まで「ダイヤモンド」の地位が手に入るのです。
ダイヤモンドの特典は「エグゼクティブラウンジの利用」や、ホテルの予約が取りにくい日だって48時間前までの予約で客室を保証してくれる「48時間保証」など。ヒルトン最上級のサービスを受けられます!

会員専用ラウンジや空港ラウンジも。ラウンジ特典

写真:写真AC

「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」はホテル以外の旅先でも快適な時間を過ごせる特典が充実。京都に行った時は東山の圓徳院にある「京都特別観光ラウンジ」へ。圓徳院書院・知客寮にてお茶をいただける会員専用ラウンジで、圓徳院の無料拝観特典、高台寺駐車場1時間無料サービスなども提供しています(同伴者3名まで)。

写真:写真AC

空の旅も快適に。カードと利用当日の搭乗券を提示すると、国内28ヶ所海外1ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名とともに無料で利用できます。国内の空港ラウンジは羽田・成田・関西はもちろん、新千歳・那覇といった地方の空港も利用可能。海外はハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港に空港ラウンジがあります。
こちらは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」、「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」両方の特典です。

ヒルトン・アメックス・カードで無料宿泊&無料朝食をGET

「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」、通称「ヒルトン・アメックス・カード」はたくさんの「無料」特典付きで、旅をお得に楽しませてくれる最新旅行系クレカ。年会費16,500円(税込)は特典を考えると、決して高くないお値段です。
<ヒルトン・アメックス・カードの主な特典まとめ>
・毎年のカード利用と更新でウィークエンド無料宿泊特典1泊分
・入会、カード利用で最大25,000P獲得
・ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを獲得
※すべてのホテルでの朝食無料サービス、お部屋のアップグレード(空室状況による)など
・国内外の空港ラウンジの利用
ヒルトン・アメックス・カードを持って、無料で宿泊したり、無料で朝食を食べたり、無料で客室をアップグレードしてもらったり!「こんなに無料でいいの?」とニヤニヤしちゃう旅を、あなたも体験してみてくださいね。
2021年5月現在の情報です。特典の利用条件などの詳細については、公式サイトなどでご確認ください。

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
LINEトラベルjp 編集部

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)