ホーム 旅行&おでかけ > 「ずらし旅」のススメ。分散型旅行を楽しむには?

「ずらし旅」のススメ。分散型旅行を楽しむには?

2021.06.24

新しい旅行スタイルの一つ、「分散型旅行」をご存じでしょうか?混雑する時期や時間、場所などをずらして旅をしよう、という取り組みで、2020年後半から観光庁が促進キャンペーンを行っています。
各旅行会社もこの取り組みに賛同し、各社で「ずらし旅」などと銘打ったツアーを用意しています!いま注目すべき、分散型旅行について詳しく見てみましょう。

分散型旅行とは?

「分散型旅行」とは、連休や週末の繁忙期、桜や紅葉の見頃などの観光シーズン、有名な観光名所など、混雑が予想される時期や場所をあえて避けて旅行をゆっくり楽しもう、という新しいスタイル。
旅行となるとどうしても日中に観光地を巡りがちですが、あえて前泊して早朝から観光してみたり、夜遅くまで滞在して後泊したりすれば、たっぷり有効に時間を使って旅行を楽しむことができます。
休みの関係上、どうしても週末や連休に旅行客は集中するものですが、あえて有休をとって平日に訪れれば空いているだけでなく、旅行・宿泊代金がお値打ちに抑えられる、人気のホテルや旅館が取りやすい、などといったメリットも。
分散型旅行はいいことづくし!と言えますね。

分散型旅行、具体的な楽しみ方は?

分散型旅行、具体的にはどのように楽しむといいでしょうか。
■繁忙期を避ける
先述した通り、GWや年末年始などのピーク時期は混雑必至。GWは近場の静かな観光地で楽しむ、年末年始の宿泊旅行は大晦日〜三が日を避けるなどすればずらし旅になります。リモートワークをしている方は、ワーケーションしてみるのも◎。
■ピーク時間を避けて移動
新幹線や航空機が混雑する時間を避け、あえて早朝便を選べば人も少なく車内が静かなので、移動時間を睡眠に充てることもできます。さらに到着時刻も早くなるので、1日をたっぷり観光に費やせます。1泊2日の行程を2泊3日にして、1日目は仕事終わりの遅い時間に移動、2日目をたっぷり1日楽しみ、3泊目は早めに帰宅して自宅でゆっくり休む、というプランもおすすめ!

■普段は旅行しないところへ行こう
有名観光スポットや大都市部などは混雑するもの。高原でトレッキング、意外と行かない近場の穴場スポットを散策、静かな山間の民宿で泊まるなど、いつもと違った旅行の楽しみ方を見つけるチャンスです。
■事前予約を活用
多くの観光施設や飲食店で事前予約制を導入しています。入場人数が決まっている分、密になりにくいので◎。早めの予約をおすすめします。
■一人旅に挑戦
一番の分散型旅行は一人旅!ソロキャンプ、露天風呂付き客室でおこもり、高級ホテルに泊まってスパ三昧など、一人だからこそ楽しめる旅がありますよ。

「ずらし旅」でお得なプランも!

「ずらし旅」の取り組みを行っている宿泊施設もあります。無料でアーリーチェックインやレイトチェックアウトができたり、自宅からのハイヤー送迎がついていたりと、各施設ごとにさまざまな三密回避プランを提供。
楽天トラベルでは検索窓に「ずらし旅」などのキーワードを入力・検索することで、特別プランを設定しているホテル・旅館をチェックすることができます。

分散型旅行&新しい旅行スタイルで安全な旅を

分散型旅行で混雑を避け、安心・安全に旅行を楽しみたいものです。そのためには旅行中のマスクの着用、手洗いと消毒の徹底、交通機関の車内など移動時は静かに過ごす、食事は個室を利用するなど、感染防止に努めることが重要。また、発熱など症状のある時は旅行をしないことも大切です。
密を回避して少人数で楽しい旅を!
※本記事は分散型旅行の概要を説明したものです。詳細はGo To トラベル事業公式サイト、各旅行会社のプラン説明などをご確認ください。

■関連MEMO
「分散型旅行」Go To トラベル事業公式サイト
https://goto.jata-net.or.jp/small-travel/

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp 編集部

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)