ホーム 旅行&おでかけ > 旅行前のPCR・抗原・抗体検査が新しい旅のスタイルに?

旅行前のPCR・抗原・抗体検査が新しい旅のスタイルに?

2021.06.24

新型コロナウイルスに対する検査は大きく分けて「PCR検査」「抗原検査」「抗体検査」の3つ。新型コロナウイルスのワクチン接種が進み旅行などで人の往来が活発化すると、出かける前に検査を受ける方も増えることが予想されます。
そこで今回は今さら聞けない各検査の違い、航空会社や旅行会社の検査サービス、宿泊施設の検査キット付きプランなど、旅行前に検査を受ける方にチェックしてほしい情報をまとめました。

新型コロナウイルスの検査方法の違い

まずは基本中の基本、新型コロナウイルスの各検査について違いを見ていきましょう。※2021年6月現在、厚生労働省「新型コロナウイルス COVID-19 病原体検査の指針」第4版、厚生労働省HP「新型コロナウイルス感染症に関する検査について」を参考におおまかにまとめたものです。詳細はリンク先の資料をご確認ください。
■PCR検査
ウイルスを特徴づける遺伝子配列を調べることで、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを判定する検査です。検査は鼻咽頭ぬぐい液または唾液を採取して行われ、検査結果が出るまでの日数は医療機関ごとに異なり1〜3日ほどかかります。

■抗原検査
ウイルスを特徴づけるたんぱく質(抗原)を調べることで、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを判定する検査です。検査は鼻咽頭ぬぐい液または唾液を採取して行われ、「抗原定性検査」は約30分ほどで検査結果が出ます。抗原定性検査より少ない量のウイルスを検出できる「抗原定量検査」は検査機関に搬送する時間がかかるので、検査結果が出るまでにはもう少し時間が必要となります。
PCR検査、抗原検査、どちらの方法で検査するかは、症状の有無や状況などから医師が総合的に判断して決定します。また、医師の診断により保険診療(公費負担)となりますが、状況によっては自費負担となる場合があります。

■抗体検査
新型コロナウイルスの感染歴、ワクチン接種後の抗体値(免疫を獲得したかどうか)を調べるための検査です。血液採取によって検査が行われ、結果が出るまでの日数は医療機関ごとに異なり1〜3日ほどかかります。抗体検査は保険適用外のため、全額自費負担です。

検査キットはネット通販で手軽に購入できる!

ネット通販でもさまざまな検査キットを販売しているので、症状はないけれど念のため検査したいという方は取り寄せてみてはいかがでしょうか?
楽天市場で販売しているPCR検査キットを一例として見てみましょう。商品ページから注文するとご自宅など指定先に検査キットが届き、説明書の通りにインターネットでマイページにアクセスして検査IDを登録します。唾液を採取したら同封の返信用ボックスに検体を入れて返送。検査が完了するとマイページに登録したメールアドレスに連絡が来るので、リンク先にアクセスして結果を確認します。意外とカンタンですね!
検査方式によりますが、検体が到着してから最短で即日、2〜3営業日以内には検査結果が出ます。リンク先の商品は1セット税込9,878円。他にも商品があるのでリンク先をチェックして比べてみましょう。

航空会社、旅行会社によるPCR検査・抗原検査サービスとは?

一部の航空会社、旅行会社でもPCR・抗原検査のサービスを行っています。例えば日本航空では、JALグループの国内線航空券またはツアー商品を購入済の日本国内在住者に限り、1,980円(2,500マイル)*でPCR検査を受けられる「JALあんしんPCRサポート」を実施中。このほかにもANA、日本旅行なども同様のサービスがあります。
検査以外にも、コロナ禍に安心して旅行するために覚えておきたいのは「キャンセル保険」。旅行に行けなくなった際のキャンセル料をカバーできる保険で、新型コロナウイルスに感染、または濃厚接触者になってしまった場合も補償対象になります。
*…出発前+帰着後の2回分の検査キットがセットになったプランは3,960円(5,000マイル)。

ホテル・旅館で検査キット付き宿泊プランが登場

何と一部ホテル、旅館ではPCR検査や抗原検査、抗体検査キットをセットにした宿泊プランを販売しています。即日判定できるキットを導入している宿泊施設が多いので、チェックイン時に受け取ってすぐに検査することが可能。出張やイベント参加、帰省の際などに便利ですね。
検査キット付きの宿泊プランは下のリンク先から検索できます。さっそくチェック!

PCR・抗原・抗体検査で注意したいポイント

ご紹介した検査は検体を採取した時の状況を判定するものです。早期感染時などはウイルスが非検出となる可能性があり、また結果が陰性でも未来の非感染を保証するものではありません。感染拡大防止を心がけて行動し、症状が現れた場合は速やかに医療機関に相談しましょう。
※2021年6月現在の情報です。検査方法の詳細、所要日数などは各機関にお尋ねください。また、本記事は検査を推奨するものではありません。検査はご自身の責任・判断で行ってください。唾液採取による検査は唾液内に新型コロナウイルスが含まれているかを判定するもので、罹患を診断するものではありません。新型コロナウイルスが疑われる症状がある方や濃厚接触者の方は医療機関にご相談ください。
※写真はイメージです。
出典:「新型コロナウイルス感染症に関する検査について」「新型コロナウイルス COVID-19 病原体検査の指針」第4版(厚生労働省)

■関連MEMO
厚生労働省HP(外部リンク)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00132.html

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp 編集部

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)