ホーム 旅行&おでかけ > 「芝パークホテル」銀座 蔦屋書店監修ライブラリーでどっぷり本の世界へ

「芝パークホテル」銀座 蔦屋書店監修ライブラリーでどっぷり本の世界へ

2021.06.26

東京タワーが建つ10年前に建てられた芝パークホテル。当時は、海外からの商人をもてなすホテルでした。その老舗ホテルに2020年、銀座 蔦屋書店がディレクションを手掛けるライブラリーがオープン。
一般的な書店には並ばないような建築や写真、アートの本約500冊が揃うライブラリーホテルへと生まれ変わりました。
今回はホテルの歴史やライブラリー、アフタヌーンティーを楽しむ滞在をご紹介します。

1948年創業の老舗「芝パークホテル」

写真:U KOARA

芝パークホテルは、1948年創業の老舗ホテル。最寄駅の都営地下鉄三田線御成門駅からは徒歩2分、芝公園や東京タワーが徒歩圏内の好立地ですが、交通量が少ない比較的静かなエリアです。
こちらはもともと、貿易庁が管理する外国貿易使節団ホテルでした。開業翌年には民営化し、現在は1972年に新館としてオープンした建物を本館として利用しています。
ニュージーランドのラグビーチーム・オールブラックスが訪れたこともある格式高いホテルです。

写真:U KOARA

外壁や柱、エントランスホールの噴水など、40年前の姿をほぼそのまま残す芝パークホテル。趣があり、歴史を感じられる場所です。
水、灯、緑というテーマによって空間が分けられ、噴水のあるエントランスホールは水をコンセプトとしています。

銀座 蔦屋書店ディレクションのライブラリー

写真:U KOARA

ホテルの目玉と言うべき場所が、2020年11月にリニューアルオープンしたライブラリーラウンジ。自然光が差し込み、真空管のスピーカーから音楽が流れ、暖炉に火が灯り、ひのきと柚子のアロマでリラックスできる空間です。こちらは、灯をコンセプトにしています。
ラウンジは24時間オープン。宿泊者はネスプレッソのコーヒーやART OF TEAのお茶をセルフサービスで利用できます。

写真:U KOARA

気になる本を見つけたらソファでゆったり広げましょう。
ラウンジには国内外約500冊の本が揃います。銀座 蔦屋書店監修ライブラリーがディレクションする本は、アート、建築、歴史、写真、ファッションなど一般の書店ではお目にかかれないものも多く、感性が磨かれるようなものばかり。

写真:U KOARA

重さ30kgもあるビッグブックも閲覧可能。ライブラリーでは、アートな本の世界にどっぷりはまれます。また、2ヶ月に1度入れ替わるホテルコンシェルジュ推薦書のコーナーも、それぞれのセンスが垣間見られて見逃せません。

珍しい和洋中のアフタヌーンティー

写真:U KOARA

お気に入りの本を見つけたら、そのまま向かいのレストラン・ザ ダイニングへ持ち込むこともOK。緑をコンセプトにしたレストランで、好きな本を片手に、アフタヌーンティーを楽しみませんか?

写真:U KOARA

本の形をしたケースの中には、12種類の紅茶やフレーバーティーが入っています。こんなに種類があると、どれを飲むかすぐには決められません。他にもコーヒーや中国茶など、ドリンクの種類が豊富なアフタヌーンティーです。
アフタヌーンティーと言えばスコーン。自家製ジャムにクロテッドクリームをたっぷりのせていただきます。

写真:U KOARA

次に運ばれてくるのは、なんと和洋中のアフタヌーンティープレート。中華蒸しカステラに抹茶わらび餅、カッサータにBLTサンドなどボリューミーで飽きのこない内容です。
店内は、場所柄落ち着いた雰囲気。男性客がアフタヌーンティーを嗜む様子も珍しくありません。
※宿泊客以外も利用可、アフタヌーンティーセットは1名から予約OK
※仕入れ状況によりセットの内容が変わります

芝パークホテルの客室

写真:U KOARA

スーペリアツインの客室。二人掛けソファーもあり、2名利用でも充分な広さです。
WiFiは良好で、デスク、ベッド周りに電源がありストレスフリー。
ファシリティは電気ポット、冷蔵庫。ティーセットのコーヒーはインスタントなので、ラウンジのネスプレッソをテイクアウトするのがおすすめ。ベッドは、程よい硬さのある日本ベッドのマットレスです。
ラウンジに続き、こちらの客室も2021年にリニューアル予定です。

写真:U KOARA

清潔感のあるシャワールーム。広めの洗面ボウルが使いやすく、シャンプーやボディソープはボトル式でエコ仕様です。

写真:U KOARA

せっかくのライブラリーホテルステイ。好きな本とお茶を眠る前まで満喫しましょう。

和洋中を味わうザ ダイニング

写真:U KOARA

アフタヌーンティーを提供するレストラン・ザ ダイニングは和洋中の料理が食べられるのが特徴。中国料理「北京」は、1960年に国内で初めてホテル直営の中国料理レストランとして開業しました。
こちらのスペシャリテは「4cm角の黒酢豚」。松阪ポークを使い手間暇かけて作られた一品。カリカリした食感に濃厚なソース、箸でほぐれる柔らかさ、中華蒸しパンと一緒にいただきましょう。

写真:U KOARA

日本料理「花山椒」のスペシャリテは、千葉県嶺岡牧場の黒毛和牛をミルク仕立ての出汁でしゃぶしゃぶしていただきます。口に広がる和牛とスープの旨み。これぞ口福。

写真:U KOARA

朝食はアメリカンブレックファースト。卵料理は、オムレツ、目玉焼き、スクランブルエッグから選べ、コーヒーは各自ポットで提供されます。
朝食ビュッフェはお休み中ですが、このボリューミィーな朝食は大満足。いい1日になりそうです。

おこもりステイに最適のライブラリーホテル・芝パークホテル

芝パークホテルでは、アフタヌーンティーがセットになったプランや、サービスが全て英語のプチ留学プランなど、体験したくなるような宿泊プランを用意しています。
日常に簡単に取り入れられるおこもりステイを、芝パークホテルで体験してはいかがでしょうか。
2021年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:芝パークホテル

■関連MEMO
芝パークホテル公式サイト(外部リンク)
https://www.shibaparkhotel.com/

【トラベルjp・ナビゲーター】
U KOARA

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)