ホーム 旅行&おでかけ > 長渕ファンの聖地 桜島の「叫びの肖像」が大迫力すぎる!

長渕ファンの聖地 桜島の「叫びの肖像」が大迫力すぎる!

2021.06.30

鹿児島県の桜島。海も山も見渡せる赤水展望広場に、大迫力のモニュメントがあります。それはかつてこの地で伝説のライブを行った長渕剛さんをモデルとした「叫びの肖像」。
鹿児島県出身の長渕さんが故郷に錦を飾り、ここで7万5千人もの観客を集めて行ったオールナイトライブを記念して製作されたこのモニュメントは長渕ファンの聖地となり、今も訪れる人が絶えません。

長渕剛伝説のライブ会場 赤水展望広場への行き方

写真:風祭 哲哉

鹿児島のシンボル、桜島。長渕剛さんの桜島伝説ライブが行われたのは、島内の高台にある赤水展望広場。まずはここまでのアクセスをご案内しましょう。
桜島へは鹿児島港桜島フェリーターミナルから船で15分。自動車も航送できますので、マイカーやレンタカーでも渡れます。桜島港ターミナルから赤水展望広場へは2.5キロほどですので、車なら5分程度です。

写真:風祭 哲哉

一方、フェリーで桜島に渡り、公共交通機関を利用する場合は鹿児島市営バスが運行する「サクラジマアイランドビュー」というカラフルなバスに乗ると便利です。
このバスは桜島港フェリーターミナルを起点に島内西部の観光スポットを巡回していて、この赤水展望広場のほか、のちほど紹介する標高373メートルの「湯之平展望所」などにも行くことができます。何カ所かの観光スポットを巡るのであれば、500円の1日乗車券を購入しておくとお得です。

写真:風祭 哲哉

サクラジマアイランドビューに乗れば赤水展望広場まで10分ほどで到着しますが、徒歩で桜島港から溶岩でできた「溶岩なぎさ遊歩道」などを散策しながら行くこともできます。時間に余裕があれば、桜島独特の地形を楽しみながら歩いて行くのもおすすめですよ。

大迫力のモニュメント「叫びの肖像」が長渕すぎる!

写真:風祭 哲哉

「赤水展望広場」の看板がある道を曲がると、すぐ正面に「叫びの肖像」があらわれます。約38.2トンの桜島の溶岩を用い、彫刻家・大成造氏らによって建てられた高さ3.4メートルのモニュメントは迫力満点!まさに桜島に向かって雄たけびを上げる長渕剛さんそのものです。

写真:風祭 哲哉

この「叫びの肖像」は、長渕剛さんが2004年にこの場所で行ったオールナイトライブの熱気を記念してここに建てられたもの。当時人口6000人だった桜島に、なんとその10倍以上の7万5千人が集まって、ともに唄い、叫んだ記憶がそのままここに残されています。
当日は桜島フェリー6隻をフル稼働、7分おきのピストン運航でも客席部分だけでは足りないため、フェリー下部の車両を乗せる場所にも聴衆を乗せ、なんと5万人を運んだのだと言います。そしてフェリーターミナルからは全員が会場までの2.5キロを歩いて向かうという、まさに前例のないライブイベントでした。

写真:風祭 哲哉

長渕さんの叫びの向こうには桜島の主峰北岳と南岳があります。
この桜島でのライブは長渕さん自身の発案で、この場所を会場に決めたのも長渕さん本人。交通の利便性や土地の整備のことよりも、桜島の眺望や海からの距離、太陽の位置など、ロケーション優先で場所を決定したということですが、この雄大な眺めが会場決定の大きなポイントとなったのは間違いないでしょう。

赤水展望広場からの眺望

写真:鹿児島市

ライブが行われる前は火山灰が堆積する一面の荒地だったこの場所ですが、現在は赤水展望広場としてきれいに整地されています。ここは高台にあるため、桜島の主峰北岳・南岳だけではなく、海側の眺望も開けています。
海の向こうの鹿児島市街もよく見えますが、反対にオールナイトライブの際は鹿児島市街からも音や明かりがはっきりわかり、対岸からその熱気を感じていた人も多かったと言われています。

写真:風祭 哲哉

遠く南に目を向ければ錦江湾の向こうには薩摩の名峰「開聞岳」が。桜島だけでない雄大な景色が楽しめます。
<赤水展望広場の基本情報>
住所:鹿児島県鹿児島市桜島赤水町3629-3
アクセス:市営バスサクラジマアイランドビュー「赤水展望広場」」下車すぐ、または桜島港フェリーターミナルから徒歩約30分

サクラジマアイランドビューに乗って「湯之平展望所」へ

写真:風祭 哲哉

周遊バス「サクラジマアイランドビュー」を利用するのであれば「赤水展望広場」の帰りに必ず一緒に観光できる場所があります。それは「湯之平展望所」。
サクラジマアイランドビューは桜島の西側を約1時間で周遊するバス路線ですが、反時計回りの一方通行のため、帰り道はぐるっと大回りをして桜島港ターミナルへ戻ります。その途中に桜島の主要な見どころのひとつ「湯之平展望所」があり、そこで15分間休憩があるのです。

写真:風祭 哲哉

湯之平展望所は桜島北岳4合目、標高373mに位置し、一般の人が立ち入りできる桜島の展望所の中の最高地点です。桜島南岳の荒々しい山肌が目の前に広がる眺望はまさに圧巻ですね。

写真:風祭 哲哉

海側を見れば眼下には桜島フェリーの行き交う錦江湾と鹿児島市街地が広がります。また南を見ればここからも薩摩富士と呼ばれる秀峰、開聞岳が望めます。錦江湾越しに見る鹿児島市街の夜景も素晴らしく、島内随一の展望スポットです。
<湯之平展望所の基本情報>
住所:鹿児島県鹿児島市桜島小池町1025
アクセス:桜島フェリーターミナル桜島港からサクラジマアイランドビュー約40分「湯之平展望所」下車

「叫びの肖像」で長渕剛が叫んでいる言葉に思いをはせる

何もかもが規格外だった桜島オールナイトライブによって長渕ファンの聖地と呼ばれるようになった赤水展望広場。「叫びの肖像」はその象徴として今も桜島に向かって何かを叫んでいます。
ここに立ち、あの夜、この地に渦巻いていた7万5千人の熱狂に思いをはせると、それはライブの最後に「ありがとう!桜島に盛大な拍手を!」と叫んだ長渕さんの姿をあらわしているのかもしれない、と思えてきますね。
2021年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
かごしま市観光ナビ(外部リンク)
https://www.kagoshima-yokanavi.jp/
みんなの桜島(外部リンク)
http://www.sakurajima.gr.jp/
サクラジマアイランドビュー(外部リンク)
http://www.kotsu-city-kagoshima.jp/tourism/sakurajima-tabi/#ank5

【トラベルjp・ナビゲーター】
風祭 哲哉

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)