ホーム 旅行&おでかけ > 絶景オーシャンビュー!三浦海岸「三浦ビーチエンドエリア」

絶景オーシャンビュー!三浦海岸「三浦ビーチエンドエリア」

2021.07.06

2020年から21年にかけて、神奈川県三浦市南下浦町菊名・金田にオープンした「MIURA BEACHEND AREA(三浦ビーチエンドエリア)」。オーストラリアの海岸線にあるような、オシャレでカワイイカフェが並ぶ街をイメージしてオープンしたエリアです。
三浦海岸のオーシャンビューが楽しめるカジュアルフレンチカフェ、ピッツェリア&バー、プライベートレンタルヴィラで上質な休日を過ごしてみませんか。

三浦海岸・菊名海水浴場に三浦ビーチエンドエリアが登場!

写真:佐原 ねお

三浦半島の南側、金田湾に面した三浦海岸は、三浦半島で最大規模の広さを誇るビーチ。その三浦海岸の最南端にある菊名海水浴場エリアに、フレンチカフェ、ピッツェリア&バー、プライベートレンタルヴィラが集まった「MIURA BEACHEND AREA(三浦ビーチエンドエリア)」が、2020年から2021年にかけてオープンしました。
三浦ビーチエンドエリアは、スローライフな時間の過ごし方を提案しているかのようなビーチ空間。三浦の雄大な自然に囲まれ、海を見下ろすようにして建てられた建物では、温暖な気候の中で育った三浦野菜や海の幸を楽しむことができます。写真はその中の一つ、「ビーチエンドカフェ」のテラス席です。

写真:佐原 ねお

上の写真はピッツェリア&バー「クリフテラス」の写真です。
一日の終わりを過ごす場所であり、美しい景色を追い求めて辿り着いた旅路の終着点という意味もあるBEACHENDという名前。ENDと共に、そこで自然に溶け込むように過ごしていると、新しい物語が始まるような予感がしてくる場所ですよ。

カジュアルフレンチレストラン ビーチエンドカフェ

写真:佐原 ねお

2020年6月、他の施設に先駆けてオープンしたのは「BEACHEND CAFE(ビーチエンドカフェ)」。築40年の建物を改築したカフェは、美しい三浦海岸の景色が贅沢に広がるウッドデッキのテラスがご自慢。実はこのカフェ、リノベーションはオーナーや料理長自らも参加に加わり、ビフォアが想像できないほど見違えるような姿になって、息を吹き返した建物。
三浦ビーチエンドエリアの原点は、オーストラリアの最東端にあるバイロンベイ。ビーチの風景が美しく、ローカルフードを活かしたオシャレなカフェが並ぶ街。三浦ビーチエンドエリアにあるお店は、まさにそんなところにありそうな店構えです。

写真:佐原 ねお

ビーチエンドカフェは、地元食材を活かしたメニューが揃ったカジュアルフレンチレストラン。三浦半島で育まれた旬で新鮮な野菜はもちろん、近隣の漁港から水揚げされたマグロや金目鯛といった魚介類を使った料理を楽しむことができます。
写真は地元で有名な溶岩窯で焼くベーカリーのパンを使った「季節フルーツのフレンチトースト」。カフェはモーニングから営業していて、朝からテラス席で爽快な潮騒のシャワーを浴びながら地産地消料理を食べることができますよ。
ディナーには「三崎港 マグロテールの丸ごとロースト ガーリック風味」といった数人でシェアできる豪華メニューも!本場フランスで修業されたシェフのフレンチは、どの料理も魅力的。ドリンクメニューもかなり充実しているので、記念日をお祝いする場所としても申し分ないカフェです。

写真:佐原 ねお

カフェはテラス席以外に店内席もあり、どの席からでも海が感じられるようになっています。テラスには、海に映える白いソファ席も。水平線に浮かぶ船の行方を目で追いながら、のんびり過ごすことができますよ。
三浦海岸では近くの乗馬クラブが馬を砂浜で走らせている時があるので、運が良ければそんなシーンも見られるかも。
<BEACHEND CAFE(ビーチエンドカフェ)の基本情報>
住所:神奈川県三浦市南下浦町菊名1089-18
電話番号:046-854-4484
アクセス:京急「三浦海岸駅」から京浜急行バス 海34・海35の「高抜」停留所より徒歩1分
定休日:火曜日

まるで崖の一部!ピッツェリア&バー クリフテラス

写真:佐原 ねお

2021年4月にオープンしたのは、ビーチエンドカフェから南へ歩いて2分のところにあるピッツェリア&バー「Cliff Terrace(クリフテラス)」。崖に寄りそうようにして建てられたピッツェリアは、全席がテラス席という大胆でオシャレな店のデザイン!
ピザを焼く薪窯に近い地上階と、砂浜の真上にあるテラス席があり、雨の時には地上階に屋根がつくので安心です。

写真:佐原 ねお

砂浜の真上というと夏場は暑いイメージがありますが、崖やパラソルがちょうどいい影を落としていてかなり快適。砂浜上のテラス席では人が歩く度に揺れるのも、まるで船の上に乗っているかのようで楽しいです。
クリフテラスでのおすすめは、三浦ビーチエンドエリアの中でも最もEND側となる崖近くのテーブル席。何かを語りかけてくるように前のめりにそびえたつ崖の雰囲気と、砂浜と岩場の両方の風情を楽しめる特等席です。

写真:Cliff Terrace Pizza & Barクリフテラス ピッツァ&バル

クリフテラスでも、三浦半島の食材をふんだんに使った料理を楽しむことができるのが魅力。写真は「三崎マグロとキノコのボスカイオーラ」。Barとしての顔も持つクリフテラスでは、オシャレなカクテルやノンアルコールカクテル、ワインといったドリンクも多く揃えています。
例えば昼にビーチエンドカフェでランチをして、ビーチで遊んだ後、夜にクリフテラスでディナーをするという過ごし方もできますね。もちろん逆もまた然りです!
<Cliff Terrace(クリフテラス)の基本情報>
住所:神奈川県三浦市南下浦町金田195-10
電話番号:046-888-5250
定休日:月曜日

ペットと一緒に宿泊できるヴィラ・ブル

写真:佐原 ねお

クリフテラスと時を同じくして、隣にオープンしたのが「Villa Blu(ヴィラ・ブル)」。ペットも一緒に宿泊できちゃうという、1日1組限定の一棟貸しヴィラです。
1階にはリビングダイニング&キッチンと寝室、2階にはセミダブルベッドが4台ある大きめの寝室(写真)とバスルーム、さらに上には三浦海岸のオーシャンビューが楽しめるルーフトップもあるという、かなり贅沢なヴィラ!

写真:佐原 ねお

特に魅力的なのが、1階にあるプライベートテラス。海外ドラマや映画の中でしか見たことがないようなテントサウナ、ジャグジー、ファイヤーピットがテラスに置いてあるのです!さらにここのテラスでは、三浦半島の食材を豪快に取り込んだBBQプランもオプションで楽しむことができます。
旬の食材を使うので、季節に寄って変わりますが、例えば三崎マグロの漬けカマや伊勢海老なんかがBBQメニューに入ることも。これを炭火でなく、溶岩石で焼くというこだわり様。溶岩石で焼くと煙が少なく、表面はこんがり、中は柔らかくジューシーに仕上がります。

写真:三浦ビーチエンドエリア

写真はヴィラ側から見たクリフテラスです。
ヴィラからは直接砂浜へ下りられる階段もあり、ビーチを庭の一部のように身近に感じて過ごすことができます。海と山、空の息遣いを感じながら、上質な一日の終わりを迎えることができる場所です。
昼と夜とでかなり違う雰囲気となる三浦ビーチエンドエリア。ゆったりとした時の流れを楽しんでくださいね。
<Villa Blu(ヴィラ・ブル)の基本情報>
住所:神奈川県三浦市南下浦町金田195-2
電話番号:046-876-7018

夏以外も楽しめる三浦ビーチエンドエリア

夏場の海水浴場が有名な三浦海岸ですが、実は三浦ビーチエンドエリアから少し歩くと、冬には砂浜に大根が干されている光景や、早春には河津桜の並木なんかも見られます。夏以外で行くなら、駅近くで自転車をレンタルしてポタリングもおすすめですよ。
地元の食材と絶景が味わえる三浦ビーチエンドエリアで、自然の息吹に抱かれるような一日を過ごしてみてくださいね。
2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
MIURA BEACHEND AREA/三浦ビーチエンドエリア公式サイト(外部リンク)
https://miura-beachend.jp/
BEACHEND CAFE/ビーチエンドカフェInstagram(外部リンク)
https://www.instagram.com/miura_beachend_cafe/
Cliff Terrace/クリフテラスInstagram(外部リンク)
https://www.instagram.com/cliff.terrace/

【トラベルjp・ナビゲーター】
佐原 ねお

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ