ホーム 旅行&おでかけ > 「大江戸温泉物語天草ホテル亀屋」で天草の絶景と旬の美食を満喫!

「大江戸温泉物語天草ホテル亀屋」で天草の絶景と旬の美食を満喫!

2021.07.30

天草地域は熊本県の南西部に位置し、有明海・八代海(不知火海)・東シナ海の天草灘と、三方を豊かな海に囲まれています。その入口に位置する「大江戸温泉物語天草ホテル亀屋」は、南蛮文化と日本文化が混ざり合った独特の風土を「天草スタイル」と呼びコンセプト化し、2019年8月1日にリニューアルオープン。南蛮文化を活かしたモチーフの数々、海の幸バイキング、天草富士の絶景などホテルの魅力をご紹介します。

南蛮文化+和の融合=「天草スタイル」を楽しむホテル

写真:大江戸温泉物語天草ホテル亀屋

大江戸温泉物語天草ホテル亀屋がある天草諸島は、熊本県と鹿児島県にまたがり、北は有明海、東・南東は八代海、西・南西は東シナ海と、豊かな海に囲まれています。ホテルはその天草諸島の大矢野島、天草五橋の二号橋すぐ手前にあります。
2019年8月1日のリニューアルOPENの際には、そんな地理的条件ゆえに西洋文化と日本古来の文化が融合した「南蛮文化」と、天草の持つ自然や伝統文化が混ざり合った独特の風土を「天草スタイル」と呼び、ホテルのコンセプトデザインとしました。

写真:大江戸温泉物語天草ホテル亀屋

その南蛮文化をモチーフとした「天草スタイル」のデザインが、ホテルロビーに入ってすぐに迎えてくれます。
フロント受付には、羽衣が天に昇るような織物の和紋がデザインされています。ロビーに置かれた椅子や壁紙にも和柄が採用され、天草スタイルに包まれながらのチェックインを楽しめますよ。

写真:藤谷 ぽきお

フロントで受付を済ませた後は、大江戸温泉物語の代表的なサービス「色浴衣コーナー」へ。ここでも天草スタイルが皆さんを迎えてくれます。玉手箱をモチーフにした色浴衣コーナーとなっており、ホテルでの滞在を更にワクワクに変えてくれます。
天草ホテル亀屋オリジナルの和柄浴衣や、熊本県の人気キャラクター「くまモン」とのコラボ浴衣などもあるので、楽しみながら選んでみて下さい。
この天草スタイルのデザインは、廊下のステンドグラス調な明かり、レストランの壁紙、部屋の内装などにも見る事ができるので、見逃さないようにしっかりと楽しんでみて下さい。

オーシャンビューの部屋からは天草の絶景を!

写真:大江戸温泉物語天草ホテル亀屋

部屋は家族で使い易い和室・和洋室から、洋室・ベッド和室・アップグレードの特別室まで様々に用意されています。
特にオーシャンビューの部屋からの天草の眺めは最高ですよ。天草で一番の高台に位置するホテルなので、是非ともその絶景を楽しんで下さい。

写真:藤谷 ぽきお

ほんの数千円でアップグレードできる特別室は、広さも十分で海の眺めも二倍の広さ!特別な日でなくても手が届く料金体系ですので利用も検討してみて下さい。

写真:藤谷 ぽきお

リニューアルオープンで新設された和室は特に力を入れて作られています。客室の壁紙は「大正ロマン」からヒントを得て日本画に初めて西洋の女性像を持ち込んだ、竹下夢二ゆかりの文芸雑誌の表紙絵柄を採用しています。
また、琉球畳や和柄のクッションが添えられ、天草スタイル全開の作りとなっています。

海上に浮かぶ天草富士を眺めながらの露天風呂は最高〜!

写真:大江戸温泉物語天草ホテル亀屋

ホテル最上階にある大浴場は天草一の高さがあり、海の眺めは更に絶景です。
地下約1000mの自家源泉から湧出する「天草パール温泉」は美肌効果も抜群。成分は「非火山性・化石海水型」に分類され、健康に良いと言われている「にがり」成分がたっぷりの塩化物強塩冷鉱泉です。

写真:大江戸温泉物語天草ホテル亀屋

内湯からすぐの露天風呂は開放感があり、天草の海風を心地よく楽しめます。
夕陽がキレイで有名な天草ですが、海上に浮かぶ「天草富士」と夕陽のコントラストを楽しめるのも魅力的ですね。

写真:藤谷 ぽきお

お風呂上りには湯上りサロンで一息どうぞ!マッサージチェアに腰掛け、天草富士を眺めながら、ドリンクで喉を潤してみて下さい。

天草本渡港直送の朝獲れ鮮魚がズラリと並ぶバイキング!

写真:藤谷 ぽきお

レストランもまた天草スタイルで統一されています。壁には南蛮貿易により天草にもたらされた「天草更紗(更紗/サラサはインドが起源の木綿地に多色で文様を染めた布製品などの染織工芸用語)」や反映の象徴である「牡丹唐草」がデザインされています。
天草ならではの海鮮料理の数々を夕食バイキングでは存分に味わえますよ。

写真:藤谷 ぽきお

特にお刺身のコーナーは目を見張る豪華さ!
日替わりで内容は異なりますが、天草産の鯛の松皮造りに、スズキ・イサキ・太刀魚など近海でとれた新鮮な魚を豪快に舟盛で提供しています。また、魚や料理名を示す札も工夫されており、黄色で書かれてあるモノはすべて天草産。8〜9割程が天草産なのも驚きですね。

写真:藤谷 ぽきお

ライブキッチンにも天草産の名物が溢れています。
職人が目の前で握る天草産の塩の寿司「塩握り」(8/31迄)、サクサク感がたまらない亀屋名物のアジフライやガラカブ(カサゴ)の唐揚げなど、ここだから味わえる天草グルメの出来立ての美味しさをどうぞ!

アミューズメントコーナーでは時間を忘れて家族で過ごそう

写真:藤谷 ぽきお

元々は離れのレストランだった場所を改装して作られたアミューズメントコーナー。その充実ぶりと、ゆったりとできるスペースが魅力の一つです。
大江戸温泉物語名物のマンガコーナーも勿論健在です。レストランだった時の名残りで畳の座敷があるので、ゆっくりとマンガを楽しむ事ができますよ。

写真:藤谷 ぽきお

また、亀屋名物の「150種の世界のボードゲーム」は圧巻です。良く知っている「ジェンガ」などはもちろん、囲碁に似たモノや人生ゲームのようなモノまで、世界の様々なゲームを体験できます。説明書もきちんと揃っていますので、家族でハマってみて下さい。

写真:藤谷 ぽきお

天草ホテル亀屋のアミューズメントコーナーでは、一人で楽しむよりも、家族で時間を忘れて過ごすしかけがいっぱいです。早くチェックインして楽しむも良し、お風呂上りの夜の時間を過ごすも良し、家族での時間をゆっくりと楽しんで下さいね。

家族で天草を満喫するなら大江戸温泉物語天草ホテル亀屋へ

二つの世界文化遺産にもアクセスし易く、天草の南蛮文化も「天草スタイル」として楽しめる「大江戸温泉物語天草ホテル亀屋」。しかも、天草の海の幸、絶景の露天風呂、様々なアミューズメントなども揃っているので、是非家族で楽しんでみて下さい。
2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:大江戸温泉物語天草ホテル亀屋

■関連MEMO
大江戸温泉物語天草ホテル亀屋(外部リンク)
https://amakusa-kameya.ooedoonsen.jp/
大江戸温泉物語グループ(外部リンク)
https://www.ooedoonsen.jp/
熊本県天草観光ガイド(外部リンク)
https://www.t-island.jp/

【トラベルjp・ナビゲーター】
藤谷 ぽきお

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ