ホーム 旅行&おでかけ > 雲上の露天風呂!長野「ランプの宿 高峰温泉」は創生水もスゴイ!

雲上の露天風呂!長野「ランプの宿 高峰温泉」は創生水もスゴイ!

2021.08.01

標高2000mの高峰山の麓にある「ランプの宿 高峰温泉」はその名の通り、玄関、お部屋、お風呂といたるところにランプの灯りがともされ、風情感じる一軒宿です。自慢は源泉100%かけ流しの新鮮なお湯と絶景を堪能できる「雲上の露天風呂」。温泉と大自然を満喫するために、山奥にも関わらず多くの人が訪れる人気の秘湯宿ですが、シャンプーや石鹸を使わずに体を洗浄でき、なんと化粧水代わりにもなる創生水も魅力なんです。

温泉好きなら出られない!魅惑の3つのお風呂

写真:浮き草 ゆきんこ

ランプの宿 高峰温泉といえば、標高2000m雲上の野天風呂。高峰渓谷の絶景を望む極上の野天風呂です。夕日や朝日に照らされる山々をお風呂に入りながら見られる幸せを存分に味わってください。
刻一刻と変わりゆく渓谷の姿はあきることはありません。朝一番は熱めなので、長湯はできませんが、夕方は温度が少し下がるので、いつまででも入っていられます。昼間は日差しがきついものの、編み笠が置いてあるので、気になる人は借りるといいでしょう。

写真:浮き草 ゆきんこ

館内には2つの内湯があります。2階の宿泊者専用の「高峰の湯(男性)」「四季の湯(女性)」は、ヒノキ香る風情溢れるたたずまい。
小さい浴槽は37〜39度の源泉かけ流しのぬる湯で、大きな浴槽は41度で加温されています。ぬる湯はいつまでも入っていられるほどの心地いい温度なので、最低30分はゆっくり浸かり、体を温めるために10分ほど熱めのお湯に浸かる交互浴をしましょう。複数回交互浴をすると、自律神経のバランス改善、ストレス解消、冷え性、リュウマチ、便秘などさまざまな効果があると言われています。
体内脂肪燃焼にも効果的です!

写真:浮き草 ゆきんこ

1階のランプの湯のみ日帰り入浴が可能です。こちらも同じく交互浴がおススメ。ランプの湯は33度とぬるいというより冷たく感じるほどのお湯。熱いお湯に入ると、体がジンジンする感覚を味わえます。かなりの温度差があるので、何回か入浴するとほどよい疲れを感じるはず。無理せずに自分の体調にあわせて交互浴を楽しみましょう。
日帰り入浴時間は混むため、宿泊するのであれば夕方の清掃後がねらい目です。

環境も肌も潤す創生水のチカラ

写真:浮き草 ゆきんこ

高峰温泉は飲泉もできます。内湯のぬる湯の浴槽に温泉が流れ出ているので、コップ1杯程度を目安に飲んでみてください。
おいしいとは言えませんが、体のためと思えば飲めなくはない味わい。慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風などに効果があります。ただ、腸の活動が活発な人は飲みすぎ注意です。

写真:浮き草 ゆきんこ

お風呂にはシャンプーやボディーソープはありません。だからといって持参するのもNGです。
え〜、汚れ落とせないの???という心配はご無用。館内の蛇口から出るのはすべて創生水なんです。水道水は油と分離しますが、創生水は分離せず、白く(乳化)します。そのため、頭皮や体の油を洗い流すことができるのです。
ファンデーションやマスカラもスルッと落ち、お肌ピッカピカ。しかも洗いあがりのお肌のしっとりさは感動もの!髪、顔、体の洗い方を見ながら、実践してみてください。

写真:浮き草 ゆきんこ

共同の洗面台にはひげの剃り方、歯磨きの仕方まで書かれています。歯磨きも歯磨き粉いらず。水だけで磨いただけなのに、驚くほどすっきりします。
朝起きた時もまださっぱりしていて驚き。髪は指通りよく、顔もすべすべで、創生水のチカラに驚きっぱなしです。

信州らしさ感じる素朴な味わい

写真:浮き草 ゆきんこ

信州で採れた新鮮な野菜をたっぷりと使った夕食は直接農家から仕入れたもの。信州豚の陶板焼きや刺身こんにゃくなど、素朴ながら信州を感じられる夕食が食べられます。
水が豊富な信州の川魚は絶品!アユの塩焼きが焼き立てで出てくるのがうれしい!

写真:浮き草 ゆきんこ

旬の山の幸を取り入れた天ぷらももちろん揚げたて!花豆は甘く、軽井沢菜はシャキシャキ食感!信州ならではの揚げ物は珍しいものばかり。

写真:浮き草 ゆきんこ

朝ごはんもシンプルながら信州の素材がぎゅっと盛り込んだメニュー。もちろん野沢菜もついています。温かい味噌汁にほっこり。

鳥の声で目覚める幸せ

写真:浮き草 ゆきんこ

部屋は和室とベットルームの2種類。
どの部屋からも緑が窓一面に広がり清々しい雰囲気。鳥の声で目覚める幸せを感じてみてください。夜は部屋のランプを灯し、心安らぐひとときを。

豊富なアクティビティー

写真:浮き草 ゆきんこ

高峰温泉周辺は自然の宝庫。宿では池之平湿原周辺の自然観察会、早朝の野鳥教室、夜の星空観賞会など、山ならではのアクティビティーを用意しています。天気が悪く、星空が見えなかった場合は、お休み処 朝霧でスライド上映会を開催!
星空のほか、四季折々の高峰温泉の風景が見られ、今度は冬に来よう!朝はこれを見よう!など新たな魅力発見ができる上映会になっています。
冬のスノーシューをはいての雪景色散歩も人気アクティビティーになっています。

写真:浮き草 ゆきんこ

山の中の一軒宿というと車でしかいけないと思いがちですが、小諸駅や佐久駅から高峰温泉までバスが出ているので、マイカーがなくても気軽にいくことができます。ただし、1日2本のみなので、時間チェックを怠らずに。
極上の温泉と絶景と食事だけでなく、ウルウルのお肌とサラサラの髪、腸内環境まで整えてくれる「ランプの宿 高峰温泉」で心も体もリフレッシュするひとときを。

ランプの宿 高峰温泉の基本情報

日帰り入浴(ランプの湯のみ)
入浴時間:11:00〜16:00
入浴料金(夏):大人500円、子ども400円
入浴料金(冬):雪上車乗車料金1000円プラス(徒歩やスキーで行く場合は入浴料のみ)
2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ランプの宿 高峰温泉(外部リンク)
https://www.takamine.co.jp/
バス時刻表・アクセス(外部リンク)
https://www.takamine.co.jp/access/

【トラベルjp・ナビゲーター】
浮き草 ゆきんこ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ