ホーム 旅行&おでかけ > 伊豆最古の温泉!修善寺温泉のパワースポットと見所はここ

伊豆最古の温泉!修善寺温泉のパワースポットと見所はここ

2021.08.09

静岡県伊豆半島に位置する修善寺温泉は、空海が開いた伊豆最古の温泉郷。朱色の橋が架かる桂川沿いの温泉街はとても風情があり、浴衣でのそぞろ歩きが似合います。恋愛成就の「恋の橋めぐり」や、観音様の力が宿る「観音洞の大岩」などパワースポットや見所を紹介!

1200年の歴史を誇る修善寺温泉

写真:Kaycom D

修善寺温泉は、静岡県伊豆半島北部に位置する伊豆三古湯(修善寺温泉、伊豆山温泉、古奈温泉)のひとつで、その中でも最も古い温泉郷。開湯1200年にもなり、807年に弘法大師(空海)が開いた修禅寺とともに歴史を刻んできました。
鎌倉時代には、鎌倉幕府二代将軍の源頼家が修禅寺に幽閉され、門前にあった筥湯で暗殺された地でもあります。
桂川沿いには、老舗温泉旅館や足湯、竹林などが並び、風情ある温泉街の雰囲気を味わうことができます。夜にはライトアップもされるので、湯上りに夕涼みをしながらそぞろ歩くのもおすすめ!

写真:Kaycom D

桂川の河原にある「独鈷の湯」は、修善寺温泉発祥の湯。
川の冷たい水で病気の父の身体を洗っている少年の姿を見た弘法大師が、持っていた独鈷杵(仏具の杖)で川の岩を突いたところ、温泉が湧出したのが始まりとされています。
また、この霊湯につかった父親の病気が癒えたことから、温泉療法が広まったとも言われています。
※見学のみで入浴はできません。

「恋の橋めぐり」で恋愛成就

写真:Kaycom D

修善寺は、源頼家と面作り職人の娘桂との愛を描いた戯曲「修禅寺物語」の舞台となった場所。
このことから、桂川に架かる5つの橋にはそれぞれ恋愛のご利益があり、願いをかけながらすべての橋を渡ると、恋が成就すると言われています。

写真:Kaycom D

5つの橋とご利益を川の上流からご紹介。※()内は別名です。
滝下橋(安らぎ橋):夫婦円満
楓橋(寄り添い橋):結婚祈願
桂橋(結ばれ橋):子宝祈願
虎渓橋(あこがれ橋):恋愛成就
渡月橋(みそめ橋):良縁祈願
徒歩で十分周れるので、景色を楽しみながら歩いてみてください。

桂川沿いの人気スポット

写真:Kaycom D

かつて桂川沿いには7つの外湯がありましたが、時代とともに「独鈷の湯」のみが残りました。しかし、再び外湯の風情を楽しんでもらおうと2000年に「筥湯(はこゆ)」が復活。
この「筥湯」は、源頼家が1204年に祖父の北条時政の刺客に暗殺された温泉とされています。
隣には、高さ12mの「仰空楼(ぎょうくうろう)」が併設され、上から修善寺の風景を見ることができます。

写真:Kaycom D

滝下橋から続く「竹林の小径」は、楓橋と桂橋の間に美しい竹林が広がり、修善寺の中でも人気のスポットとなっています。竹林の中には竹製の大きなベンチがあり、影絵のライトアップも行われています。
竹林の脇には、ギャラリー「しゅぜんじ回廊」があり、写真展などが開催されています。

写真:Kaycom D

滝下橋のたもとにある「赤蛙公園」は、毎年5月下旬〜6月初旬にホタルが見られる公園。この時期にはホタルを鑑賞するイベント「ほたるの夕べ」が開催されます。

伊豆最古の木造建築「指月殿」と鹿山公園

写真:Kaycom D

鹿山の麓に建つ「指月殿」は、伊豆最古の木造建築とされ、北条政子が息子の頼家の冥福を祈り建立した経堂。右手に蓮の花を持っている珍しい釈迦如来像がご本尊です。

写真:Kaycom D

近くには、頼家のお墓や、頼家の家臣十三人を祀った「十三士の墓」の他、以心伝心を占う蓮の花の形をした「お伺い石」があります。これは、想いを込めて持ち上げた際、軽く感じたらその思いが伝わるとされているので、ぜひチャレンジしてみてください。

写真:Kaycom D

指月殿の背後には、自然の山をいかした「鹿山公園」が広がっています。鹿山(塔の峰)の山道を登っていくと、「岩谷観音」と子育ての神様「おしゃぶり婆さん」の石像や、桂谷八十八ヶ所の石碑があります。
昔は、この下にある谷「観音洞」から直登するのが本来の参道で、老舗旅館の茶屋もあったといいます。さらに行くと、源義経像と吉田絃二郎の墓なども見ることができます。

隠れたパワースポット「観音洞の大岩」

写真:Kaycom D

修善寺の隠れたパワースポットとして注目の「観音洞の大岩」は、鹿山に祀られた岩谷観音の加護を受けた観音洞にあります。
この大岩は、見事にぱっくりと割れているのですが、これは弘法大師が観音様の力を借りて割ったとされています。その割れ目は、人ひとりが入れるほどの幅があり、そこを通ると観音様の力が宿ると信じられています。

修善寺温泉の基本情報

住所:静岡県伊豆市修善寺
アクセス:伊豆箱根鉄道修善寺駅よりバス7分、伊豆箱根バス・東海バス「修善寺温泉」下車
2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
修善寺温泉(外部リンク)
https://shuzenji-kankou.com/index.html

【トラベルjp・ナビゲーター】
Kaycom D

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ