ホーム ファッション > もっと早く知りたかった…“ワークマンの大容量リュック”収納力がハンパない件。

もっと早く知りたかった…“ワークマンの大容量リュック”収納力がハンパない件。

2021.09.07

大容量のバックパックはアウトドアの必需品ですね。
ワークマンの場合、単に大容量というだけでなく、便利な機能を満載!
今回はワークマンの大容量リュックを3つご紹介しますので、アウトドア用のリュックを探している人は、ぜひチェックしてください。

(1)ジョイントバックパック ハイカーズエディション

こちらは41Lの大容量バックパックです。
大きく開くので、大容量でも取り出しやすいですよ。
別売りのジョイントサコッシュやジョイントチョークサコッシュを取り付けられるので、さらに容量アップ可能です。
また、外側の上部や中央部、ウエストベルトなどにはファスナー付きポケットがついています。
荷物の整理がしやすいので、小物も迷子になりにくいでしょう。
ウエストベルトのポケットにスマホや小銭入れを入れておけば、リュックを背負ったまま取り出せて便利ですよ。

(2)ジョイントバックパック スタンダードエディション

こちらは容量18Lなので、先にご紹介したリュックよりは小さめです。
しかし、同じく別売りのジョイントサコッシュやジョイントチョークサコッシュを取り付けられるため、拡張性が高いところが魅力ですね。
外側には大小4つのポケットがついているので、荷物の仕分けがしやすいですよ。
ブラックのみ合皮生地なので、タウンユースでもカッコいいです。

(3)デイバッグ

こちらはレジャーから普段使いまでしやすい22Lのリュックです。
前面には大きなポケットがついているので、頻繁に取り出すものはここにいれておくと便利でしょう。
サイドのポケットはペットボトルを入れておきやすいですよ。
シンプルなリュックなので、通勤や通学にも使いやすいでしょう。
収納力に大満足のリュックを3つご紹介しました。
ワークマンのリュックはポケットも多いため、荷物が多くても仕分けやすいところが魅力です。
アウトドアや通勤・通学用の大容量リュックを探している人は、ぜひワークマンのアイテムを使ってみてはいかがでしょうか。
(恋愛jp編集部)
※すべての商品情報・画像はWORKMAN Plus様より許諾をいただいております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。
価格変更や、販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。
2021年8月31日現在

関連記事

提供元:恋愛jp

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ