ホーム 恋愛 > 【妻はこう思っています】「夫に冷めたかも……」と思うこと4つ

【妻はこう思っています】「夫に冷めたかも……」と思うこと4つ

2021.09.10

夫婦生活は長く続けば続くほど、相手の悪いところが見えてしまうもの。
もちろん、いいところを見つける機会も増えますが、やはり悪い面を知ったときのショックが大きく、印象に残りやすくなってしまいます。
今回はそんな日々の生活で、妻が「夫に冷めたかも……」と思った瞬間についてご紹介していきます。

(1)ひどい一言を言われた

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、どんなに長く一緒にいる相手でも、言われたくないことは誰にだってあります。
相手にとってはポロッと言ってしまった一言かもしれませんが、言われた方のショックは大きく、ずっと心の傷として残ってしまうもの。
この一言が原因で「こんなことを言う人だと思わなかった」と、関係にヒビが入ってしまうこともあるようです。

(2)自分の味方をしてくれなかった

夫婦関係には、お互いが積み重ねてきた信頼が非常に重要です。
だからこそ、その信頼が崩れてしまうと簡単に夫婦の絆が壊れてしまいます。
とくに夫が自分の味方をしてくれず、義両親や会社の上司ばかり味方すると、「夫は私より他人を優先するんだ……」と冷めてしまうのだとか。
もちろん妻側に問題がある場合もあるため、その際は真摯に話し合ってみましょう。

(3)心配されなかった

体調が悪いのに夫は心配してくれず、むしろ迷惑そうに扱われてしまった日には、どんなに相手を愛していたとしても、ガッカリすると同時に愛想を尽かしてしまうもの。
夫婦で助け合って生活している旦那さまも多いかと思いますが、世の中には思いやりが一切ない自己中な男性も一定数存在します。
「結婚してから本性がわかった」というパターンも少なくないため、こうした場合のショックは非常に大きいようです。

(4)嘘をつかれた

「長い間嘘をつかれていた」という理由で、夫に冷めてしまうケースもあります。
とくに浮気や金銭問題に関する嘘は、離婚の二文字を現実にしてしまう恐ろしいもの。
借金についても夫婦で話し合って決めたなら問題ありませんが、夫が黙って借金をしていたとなると、どうしても失望の気持ちが大きくなってしまうようです。
一生を共に過ごす相手として選んだパートナーだからこそ、ちょっとしたズレから気持ちが冷めてしまうこともあるようです。
100年の恋も冷めてしまう瞬間を知って、こういった行動を取らないよう注意したいですね。
(恋愛jp編集部)

関連記事

提供元:恋愛jp

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ