ホーム 旅行&おでかけ > 南イタリアの世界遺産アルベロベッロでボーノ!おすすめ軽食店4選

南イタリアの世界遺産アルベロベッロでボーノ!おすすめ軽食店4選

2021.09.16

とんがり屋根の町並みが広がる世界遺産「アルベロベッロ」。世界中から旅人が訪れる南イタリアで人気の観光地です。
今回は現地でおすすめの軽食店を4つご紹介!名物の肉巻きパニーノ、グルメなフォカッチャ、ご当地パニーノ「パスクワリーノ」、郷土料理の揚げピザのお店です。
散策の途中にお腹が空いたら気軽に立ち寄ってください。「現地レストランでの食事は量が多くて大変!」と思っている方は、食事としてどうぞ。

肉巻きパニーノの名店

写真:ケイコ ソリーノ

最初は、肉料理“ボンベッテ”をパンに挟んだパニーノの名店「イル・フォルネッロ」。日本の旅行ガイドで度々紹介される地元を代表する一軒です。ちなみに、イタリア式のサンドウィッチを“パニーノ”と呼びます。
ボンベッテはチーズを豚の肩ロースで巻いた肉巻き。口の中で美味しさが溢れだすことから「ボンベッテ(爆弾)」と名付けられました。アルベロベッロがあるイトリア渓谷の名物として州内外で知られています。

写真:ケイコ ソリーノ

このお店では、毎朝店主が仕込む鮮度抜群のボンベッテが店頭に並びます。これを炭火で焼いて熱々をパンに挟めば、ボリュームたっぷりのご馳走が完成です。
他にソーセージのパニーノとイタリア風ソーセージ“サルシッチャ”のパニーノがあり、お値段は4〜5ユーロとお手頃。
パニーノは店内のカウンターで購入し、外のテーブル席でいただきます。お店は文化財指定地区から徒歩すぐ。肉の香ばしい煙りが出ている煙突を目印に探すとすぐに見つかります!
<イル・フォルネッロの基本情報>
住所:Largo Martellotta 6,70011,Alberobello
電話番号:+39-333-773-4101
営業時間:12時〜23時
定休日:なし

グルメなフォカッチャの人気店

写真:ケイコ ソリーノ

次は、アルベロベッロがあるプーリア州の州都バーリのフォカッチャが味わえるお店「フカッツ・エ・ビッル」。地元の方言で“フォカッチャとビール”という意味です。
フォカッチャはピザの原型となったパンでプーリアの家庭でもよく作られる一品。地方により特色があり、バーリ風はトッピングがトマトとオリーブで食感がカリッとしています。
このお店は、正当なバーリの味を保証する「バーリ風フォカッチャ協会」の認定店。その美味しさは地元の人のお墨付き。店頭には沢山の種類のフォカッチャが並び、初めて訪れる人は注文に迷うほど。

写真:ケイコ ソリーノ

ここで、専門店だからこそ味わえるグルメなフォカッチャをご紹介。それが、生クリームにモッツァレラチーズの小片を混ぜた“ストラッチャテッラチーズ”に、トマトのオイル漬けとピスタチオをまぶした一品(3ユーロ)です。
クリーミーなチーズと酸味が効いたトマトのバランスが絶妙で、最後にピスタチオの香ばしさがふわりと香ります。
店内にはイートインスペースあり。店名のとおり、フォカッチャと相性のよいビールを一緒に注文してくださいね。海辺の小さな観光地ポリニャーノ・ア・マーレにも姉妹店があります。
<フカッツ・エ・ビッルの基本情報>
住所:Vico Lippolis 7,70011,Alberobello
電話番号:+39-080-889-7308
営業時間:10時〜24時
定休日:なし

パニーノ「パスクワリーノ」の老舗

写真:ケイコ ソリーノ

3軒目は、ご当地パニーノが味わえる老舗の食材店「ラ・ターナ・デル・サルミエレ」。
1950年代にアルベロベッロで誕生したパニーノ「パスクワリーノ」は、サラミ、チーズ、シーチキン、ケッパーの4つが基本の材料です。これにお店ごとにアレンジが加えられ、それぞれ異なる美味しさを奏でます。
2018年からは「パスクワリーノコンテスト」が開催され、今では町の食文化を伝えるアイコンとして重要な存在。このお店は初回のコンテストで入賞した実力の持ち主です。

写真:ケイコ ソリーノ

お店のパスクワリーノ(4ユーロ)には、基本の4つの材料の他に野菜のピクルスが加わります。パスクワーレさんが労働者のために発明したパニーノだけに、ボリュームたっぷりなのがお約束。
ひと口頬張るとバラバラに思えた素材が見事にひとつの美味しさを生み出し、そこに程よいピクルスの酸味が加わり、後を引く美味しさ。シーチキンが沢山入っているので後味もさっぱり。
お店は女主人が男まさりに仕切る歴史ある老舗。朝早くから営業しているので朝食としても活用できます。文化財指定地区からすぐの立地も便利です。
<ラ・ターナ・デル・サルミエレの基本情報>
住所: Largo Martellotta 84,70011,Alberobello
電話番号:+39-080-968-4823
営業時間:8時〜21時(水曜9時〜14時)
定休日:なし

郷土料理の揚げピザの繁盛店

写真:Principotto

最後は、郷土料理の揚げピザ“パンツェロッティ”が目玉のお店「プリンチポット」です。
パンツェロッティは半月形をした手のひらサイズの揚げピザ。具材はトマトとモッツァレラチーズの組合せが定番です。州都バーリを中心に家庭でも作られますが、最近では人気のストリートフードとして街や観光地で定着しています。

写真:Principotto

このお店のパンツェロッティは12種類のラインナップ。初めて食べるなら定番のトマトとモッツァレラチーズの組合せ「コンテ」(1.8ユーロ)を。食べ応えが欲しいなら、ボンベッテを包んだ「ボンベッタ」(4ユーロ)がおすすめ。
パンツェロッティの他に「トマトソースのオレッキエッテ」(パスタ料理)など食事メニューもあります。20時前後は行列ができる繁盛店のため、夕食として利用するなら早めに訪れましょう。
2021年にはパニーノやシーフードフライがメインの2号店を文化財指定のモンティ地区にオープン!若者層に人気を誇り、トリップアドバイザーで「トラベラーズチョイス」を受賞しています。
<プリンチポットの基本情報>
住所:Via Bissolati 16,70011,Alberobello
電話番号:+39-347-452-9922
営業時間:11時〜15時/17時〜22時30分
定休日:木曜

アルベロベッロで手軽に空腹を満たそう!

今回ご紹介した4軒は、空腹を満たすための軽食や食事を取る場所として重宝するお店ばかり。町の見どころが集まる文化財指定地区から近いのも旅行者にとっては便利です。
アルベロベッロ発祥のパニーノや、アルベロベッロがあるバーリ県を代表する郷土料理などいろんな現地の味が揃ってます。お値段が手頃なので4軒をはしごして味比べを楽しむのも面白い旅の思い出になるかもしれません。
2021年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
プリンチポット公式ホームページ(外部リンク)
https://principotto.business.site/
南イタリアの世界遺産・アルベロベッロを歩く!1日観光モデルコース
https://www.travel.co.jp/guide/article/40064/
アルベロベッロだけじゃない!南伊イトリア渓谷の魅力的な田舎町5選
https://www.travel.co.jp/guide/article/45863/
アルベロベッロで食べたい!南伊・プーリア名物チーズ5選
https://www.travel.co.jp/guide/article/43909/

【トラベルjp・ナビゲーター】
ケイコ ソリーノ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ