ホーム 旅行&おでかけ > 宮島の紅葉は紅葉谷公園がおすすめ!広島の世界遺産で紅葉狩り

宮島の紅葉は紅葉谷公園がおすすめ!広島の世界遺産で紅葉狩り

2021.11.05

宮島で紅葉といえば、紅葉谷公園。観光名所の厳島神社や弥山とともに、世界遺産の遺産区域内にあります。入口には老舗温泉旅館「岩惣」があり、もみじ饅頭の発祥地としても有名。紅葉谷公園で紅葉狩りをしながら、もみじ饅頭を食べれば最高に贅沢な気分です!
名物の鹿と紅葉のコラボも必見。隣接する奥紅葉谷公園や藤の棚公園、穴場の「もみじ歩道」経由で帰るのもおすすめです。宮島の紅葉名所、紅葉谷公園の魅力を紹介!

宮島の紅葉のシンボル!紅葉橋は紅葉谷公園の入口

写真:藤田 聡

宮島の紅葉といえば、この赤い橋がシンボル。紅葉谷公園の入口にある紅葉橋で、いきなり最大の名所が登場します!
人気の観光地なので人通りが多いですが、タイミングによっては閑散とする場合も。写真撮影が目的なら、粘り強く空くまで待ちましょう。

写真:藤田 聡

宮島の紅葉を代表する場所なので、すぐに橋を渡って紅葉谷公園に入らずに、ここで存分に記念写真撮影するのがおすすめ。川沿いまで降りて行くと、違ったアングルから撮影出来ます。
世界遺産だけあり、世界中からの観光客が橋の上でも下でも写真を撮影中。日本人観光客も負けずに頑張りましょう!

写真:藤田 聡

紅葉橋の前には、宮島を代表する老舗温泉旅館「岩惣」が佇んでいます。ここの当時の女将さんが紅葉谷に相応しい銘菓を作りたいと、取引先の高津堂に依頼して出来たのが、登録商標の「紅葉形焼饅頭」。まさに、もみじ饅頭の発祥の地です!
岩惣に宿泊すれば紅葉谷公園の紅葉を、滞在中いつでも存分に満喫出来ます!宮島では貴重な、天然温泉があるのもポイントです。

紅葉谷公園の紅葉は遊歩道の横に注目!

写真:藤田 聡

宮島を代表する紅葉スポットの紅葉橋で存分に写真撮影を楽しんだら、いよいよ橋を渡って紅葉谷公園に入って行きましょう。
公園内には舗装された散策路がありますが、紅葉は両側に沢山あるので、横道に逸れて奥の方まで行ってみるのがポイントです。

写真:藤田 聡

紅葉谷公園の紅葉を、横に逸れた場所から遊歩道を向いて見ると、写真のようになかなか壮観。地名の通り谷間にあるので、日影が出来にくい曇天に向いた紅葉名所です。

写真:藤田 聡

紅葉谷公園には広場も多数ありますが、傾斜が多く途中に写真のような段差もあり、足元には十分注意が必要。遊歩道自体も上り坂なので、歩きやすい靴で行きましょう。

奥紅葉谷公園も紅葉が美しい!

写真:藤田 聡

紅葉谷公園の散策路を進むと、2つ目の橋「紅葉谷橋」が現れます。この先には宮島ロープウェーの紅葉谷駅があり、ロープウェーに乗って厳島神社の御神体でもある弥山に登るのが、宮島観光のゴールデンコースです!

写真:藤田 聡

実は紅葉谷公園の奥には、奥紅葉谷公園もあります。紅葉谷橋を渡って道なりに紅葉谷駅方面へ歩き、手前で右折して奥紅葉谷橋を渡った場所。川沿いの美しい場所なので、ここの紅葉も必見です!

写真:藤田 聡

奥紅葉谷公園には紅葉の下にベンチがあるので、紅葉狩りを楽しみながら、名物のもみじ饅頭や昼食を食べれば、最高に贅沢な気分に浸れます。ただし、ゴミ箱が無いので、ゴミは持ち帰りましょう。

鹿と紅葉のコラボも必見!

写真:藤田 聡

宮島では、紅葉と鹿のコラボも至る所で見られます。奈良公園とは異なり、人に慣れていないので餌を催促される事もなく、適度な距離感が心地よく感じます。
鹿が少ない場合は、隣接する藤の棚公園に居る場合も。紅葉谷公園と同様に紅葉の名所で、この写真も藤の棚公園で撮影したもの。画像右下の「地図を見る」をタップすると、撮影場所の地図が表示されます。
記事最後の「関連MEMO」内に、宮島観光協会の散策マップへのリンクがありますので、併せて参照して下さい。

写真:藤田 聡

紅葉谷公園でも鹿に出会う事がありますが、突然出没するので、随時カメラのシャッターを押せるようにスタンバイしておきましょう。
鹿の動きは思った以上に早いので、日影で撮影するとブレてしまう場合も。シャッター速度が早くなるようにカメラやスマホを調整する方法を、事前に調べておく必要があります。

もみじ歩道は穴場の紅葉スポット!

写真:藤田 聡

紅葉谷公園の中には、茶店もあります。「もみぢ荘」の名前通り、この付近も紅葉が本当に綺麗。紅葉狩りをしながら、お茶を楽しめます!

写真:藤田 聡

宮島の紅葉名所・紅葉谷公園で紅葉狩りを楽しんだ後は、来た時と同じ道で帰らずに、違う景色を見ながら帰りましょう。少し遠回りになりますが、隣接する藤の棚公園を経由して、写真の「もみじ歩道」から帰るのがおすすめです!
さらに余力があれば、紅葉名所の大元公園まで足を伸ばせます。コース上には厳島神社の境外摂末社が多数あり、紅葉谷公園から藤の棚公園へ行く際にも、四宮神社の裏手を通ります。

宮島・紅葉谷公園の紅葉の基本情報

住所:広島県廿日市市宮島町紅葉谷公園
電話番号:0829-44-2011(宮島観光協会)
例年の紅葉見頃時期:(色づき始め)11月上旬、(最盛期)11月中旬〜11月下旬
紅葉ライトアップ:2021年10月30日〜11月23日 日没〜20時まで
標高:海抜53m
アクセス:JR山陽本線宮島口駅・広島電鉄宮島線広電宮島口駅下車、宮島口桟橋からフェリー約10分、下船後徒歩約20分
2021年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
沼田PA(上り線)は「お好み焼き」が絶品!広島のご当地B級高速グルメ
https://www.travel.co.jp/guide/article/15630/
紅葉谷公園 - 宮島観光協会ホームページ(外部リンク)
http://www.miyajima.or.jp/sightseeing/ss_momiji.html
宮島観光案内地図・散策マップ(外部リンク)
http://www.miyajima.or.jp/map/map_kanko.html

【トラベルjp・ナビゲーター】
藤田 聡

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ