ホーム 旅行&おでかけ > スイス・アルプスのリゾート「ツェルマット」観光のおすすめ!

スイス・アルプスのリゾート「ツェルマット」観光のおすすめ!

2021.11.23

スイス・アルプスのシンボルといえばマッターホルン!観光客はスイス・ヴァレー州にある山岳リゾートの定番「ツェルマット」を目指します。もちろんハイキングなどのアクティビティのための拠点として訪れる人が多いのですが、実はツェルマット自体も見所満載!マッターホルンを横目に昔ながらの街並みが残る旧市街散歩や、伝統的なアルペン料理、快適なホテルステイなど、ツェルマット観光のおすすめをご紹介!

マッターホルン観光の拠点「ツェルマット」

写真:miyoshi yuca

スイスのヴァレー州に位置する「ツェルマット」はマッターホルンの麓にある世界的に有名な山岳リゾート。街からは綺麗なピラミッド型のマッターホルン山頂がしっかり見えます。角度や光の当たり方によって姿を変えるマッターホルンをじっくり楽しめるのもツェルマットに滞在する醍醐味!朝はマッターホルンが朝日に照らされてオレンジ色に輝く感動的な姿も拝めます。

写真:miyoshi yuca

ツェルマットのおすすめ観光スポットのひとつ「マッターホルン博物館」では、ツェルマット村の昔の生活様式、ごく普通の農村が世界屈指の山岳リゾートに成長した歴史、登山文化の発展を伝える展示や、マッターホルン初登頂についてなど詳細に知ることができます。
<マッターホルン博物館の基本情報>
住所:Kirchpl., 3920 Zermatt
電話:+41-279-674-100
アクセス:鉄道「ツェルマット」駅から徒歩7分

伝統的な街並みとアルピニズムの文化に触れる

写真:miyoshi yuca

ツェルマットは世界中から人が集まる国際的なリゾートですが、かつてはスイスの伝統的な農村で、いまでも昔ながらの家屋が密集している地域は文化遺産として保存されています。
石垣の上に建てられた木造の小屋の足元をよくみると、石でできた台のようなものが。これは日本の伝統的な高床式倉庫でも利用されている「ねずみ返し」に似た手法で、貯蓄されている食材を狙うねずみが侵入するのを防ぐための昔からの知恵です。日本との意外な共通点に親近感がわきますね。

写真:miyoshi yuca

アルピニズムの聖地・名峰マッターホルンは、まさにアルピニズムの文化を育んだ場所。これまで数多くの有名なアルピニストが登頂に挑戦しています。そんなツェルマットの旧市街地には伝説的山岳ガイド、ウルリッヒ・インデルビーネンの記念碑があります。マッターホルンを登った回数は370を越え、90歳を過ぎても登頂をやめなかったウルリッヒ・インデルビーネンは「アルプスの王者」と呼ばれ、アルピニストの間で親しまれていました。
ほかにもツェルマットの街中には、マッターホルン初登頂で有名になった登山家エドワード・ウィンパーが登山前に宿泊したホテルや、登山中に亡くなった登山家たちを偲んだ記念碑など、街のいたるところに登山にまつわるスポットがあります。

ツェルマットの名物料理と地元のワイン!

写真:miyoshi yuca

その土地ならではの名物料理をいただくのも観光の醍醐味です。ツェルマットはスイス屈指の観光地だけあって、グルメスポットも充実しています。
ヴァレー州はブラックノーズシープ(黒鼻のヒツジ)という珍しい羊のお料理が有名。くさみがなくラム肉が苦手な人でも食べやすいので、ツェルマット観光の際にはぜひ試してみてください。また、スイスヴァレー州はワインの名産地なので、地元のワインも味わえますよ!

写真:miyoshi yuca

ご当地ワインと地元の食材をふんだんに買った料理が楽しめる「Zermatterstubli」は、肩肘張らないアットホームな雰囲気とクオリティの高い食事が人気。予約必須です。
<ermatterstubliの基本情報>
住所:Bahnhofstrasse 64, 3920 Zermatt
電話:+41-279-681-940
アクセス:鉄道「ツェルマット」駅から徒歩約5分

快適なホテルで癒しの時間を

写真:miyoshi yuca

一日中観光で歩き回ったあと、モダンテイストを取り入れつつ伝統的なシャレー(山小屋風の宿泊施設)の雰囲気も持ち合わせた「Hotel Bellerive」なら快適な時間を過ごせます。

写真:miyoshi yuca

部屋もぬくもりが感じられるスタイリッシュなデザインで居心地もよく、バルコニーからは山々が一望できます。スパ施設も充実しており、山歩きで疲れた体もしっかり癒します。

写真:miyoshi yuca

「Hotel Bellerive」のロビーには暖炉があり、寒い夜は火を囲んで暖をとることができます。朝食は地元の食材をふんだんに使ったブッフェが提供され、オーナーのカティアさん自らコーヒーをいれてくれます。そんなアットホームな雰囲気が人気の「Hotel Bellerive」はリピーターが多いというのもうなずけます。
<Hotel Belleriveの基本情報>
住所:Riedstrasse 3, 3920 Zermatt
電話番号:+41-27-966-74-74
アクセス:「Zermatt」鉄道駅から徒歩約7分

山登りだけじゃない!ツェルマットの魅力!

いかがでしたか?マッターホルン目当てでツェルマットを訪れる観光客や登山客は多いですが、ツェルマットでも文化や歴史を知るスポットを巡ったり、グルメを堪能したり、快適なホテルで癒しの時間を過ごせば、ツェルマット滞在も充実すること間違いなし!ぜひスイス観光の際にはツェルマット観光も検討してみてくださいね。
2021年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:スイス政府観光局

■関連MEMO
多彩な魅力溢れるスイスで女子旅!絶景スポット・アート・極上グルメを思いっきり楽しむ!
https://www.travel.co.jp/guide/matome/3722/
マッターホルン博物館(公式サイト)
http://www.zermatt.ch/museum
女子旅におすすめ!世界遺産のワイン銘醸地スイス・ヴォー州でリゾート気分
https://www.travel.co.jp/guide/article/46924/

【トラベルjp・ナビゲーター】
miyoshi yuca

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ