ホーム 旅行&おでかけ > 砂丘だけじゃない旅がここにある!鳥取市を巡る2泊3日モデルコース

砂丘だけじゃない旅がここにある!鳥取市を巡る2泊3日モデルコース

2021.11.23

鳥取市の旅といえば、なんといっても鳥取砂丘。でも鳥取市には、それだけじゃない魅力がたくさんあります。
今回は新しい発見に溢れた、鳥取市を巡る2泊3日モデルコースをご紹介。日本の滝百選に選ばれた大飛瀑から、可愛い狛犬が迎えてくれる神社、日本一広い池を一望する名建築まで、まだ知られていないスポットがいっぱい。もちろん鳥取砂丘の大パノラマに、ピンクカレーやお豆腐、鳥取和牛と、絶品グルメも織り込みました。

1日目午前〜お昼:白亜の洋館と不思議なピンクカレー

写真:手塚 大貴

鳥取市を巡る旅は、美しい白亜の洋館「仁風閣」からスタート。1907年(明治40年)に建てられると、当時の皇太子の宿舎となり、今では国の重要文化財に指定されています。
なかでも注目は、支柱のない螺旋階段で、流れるような曲線が芸術的。また明るい日差しが降り注ぐ2階のベランダからは、幕末に造られた宝驩@庭園を一望します。
<仁風閣の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市東町2-121
電話番号:0857-26-3595
アクセス:鳥取空港から空港連絡バス「西町」下車、徒歩5分
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌平日が休館)、年末年始

写真:手塚 大貴

日本100名城のひとつ「鳥取城跡」で必見なのは、天球丸の巻石垣。国内の城で唯一の球面石垣で、1807年(文化4年)頃に背後の石垣の崩落を防ぐために築かれました。
<鳥取城跡の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市東町
電話番号:0857-22-3318(鳥取市観光案内所)
アクセス:仁風閣から徒歩5分

写真:手塚 大貴

ランチはぜひ、「大榎庵」のピンク華麗を!名前のとおり、不思議なピンク色をしたカレーで、その正体は鳥取県産の赤ビーツ。見た目からは想像できないほどスパイシーで、味わい深い上品な美味しさです。
「ピンクは女性が幸せを感じる色」と語る女性社長さんの発案によるカレーですが、今では男性にも人気となり、鳥取市の新名物となっています。
<大榎庵の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市大榎町3-3
電話番号:0857-30-4891
アクセス:鳥取城跡から徒歩15分
営業時間:11:30〜14:30

1日目午後〜夕方:砂の美術館と鳥取砂丘で海外旅行気分

写真:手塚 大貴

「鳥取砂丘 砂の美術館」は、砂の彫刻・砂像を展示する世界初の美術館。海外の世界遺産や風景など、「砂で世界旅行」をコンセプトにした作品は、各国の彫刻家によって制作され、どれも圧巻の見応え!
毎年テーマを変えて展示を行い、やがて砂像は元の砂に還るため、そのときにしか見られない儚さが魅力です。
<鳥取砂丘 砂の美術館の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
電話番号:0857-20-2231
アクセス:路線バス「砂の美術館前」下車、徒歩1分(または「砂丘東口」下車、徒歩3分)
開館時間:平日は9:00〜16:00(入館は15:30まで)、土日祝は9:00〜17:00(入館は16:30まで)
※第13期展示(チェコ&スロバキア)会期:2022年1月3日(月)まで
(事前に公式HPにて開館時間や展示期間についてご確認ください)

写真:手塚 大貴

鳥取市を代表する観光スポットは、やっぱり今も「鳥取砂丘」。10万年の歳月の果てに生まれた砂丘を歩けば、まるで異国の砂漠を旅してるような気持ちになれます。
風が砂に描く風紋など、時間によって、また季節によっても姿を変える大パノラマを楽しみましょう。

写真:手塚 大貴

鳥取砂丘の馬の背へ登ると、目の前には青い日本海を一望!ここで夕暮れを待って、夕日に照らされる砂丘に酔いしれるのもいいでしょう。
この日の宿泊先は、レトロな風情が漂う吉岡温泉がオススメ。1000年以上の歴史がある、「美肌の湯」として知られる温泉です。
<鳥取砂丘の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市福部町湯山
電話番号:0857-22-0021
アクセス:鳥取砂丘 砂の美術館から徒歩10分

2日目午前〜お昼:神秘的な雨滝を見て、できたてのお豆腐を

写真:手塚 大貴

2日目からはレンタカーを借りて、鳥取市の奥深い魅力を探しに行きましょう。
まずは、平成のピラミッドと呼ばれる殿ダムを望む「殿ダム記念広場」へ。2012年(平成24年)に完成し、エジプト・クフ王のピラミッドとほぼ同じ体積を誇る巨大ダムです。
<殿ダム記念広場の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市国府町殿46
電話番号:0857-77-4607
アクセス:JR鳥取駅から車で約25分

写真:手塚 大貴

日本の滝百選のひとつ「雨滝」は、落差40mを誇る鳥取県一の大飛瀑。水しぶきが顔にかかるほどの迫力で、原生林の中を流れ落ちる姿は絵になります。古来より修行・信仰の場となり、神秘的な雰囲気が漂う滝です。
<雨滝の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市国府町雨滝
電話番号:0857-39-0560(鳥取市国府町総合支所産業建設課)
アクセス:殿ダム記念広場から車で約15分

写真:手塚 大貴

雨滝の近くでランチなら、「豆腐料理あめだき」へ!鳥取県産の大豆と地下水で作られる、できたてのお豆腐を味わえます。
なかでも人気は、できたて豆腐膳。ぷるんぷるんの艶やかなお豆腐は、口に入れるととろける優しい美味しさ。揚げたての豆乳ドーナツも、外はサクッ、中はフワッと絶品で、冷めても美味しいのでお土産にもぴったりです。
<豆腐料理あめだきの基本情報>
住所:鳥取県鳥取市国府町雨滝510
電話番号:0857-58-0231
アクセス:雨滝から車で約3分
営業時間:10:00〜16:00(ラストオーダーは閉店の1時間前)
※雪の多い冬季以外は基本的に無休

2日目午後〜夕方:可愛い狛犬が迎えてくれる秘密の神社へ

写真:手塚 大貴

鳥取市の西部には、まだ知られていない秘密の神社がたくさんあります。
まず訪れたいのは、迫力ある岩壁に建てられた「子守神社」。高さ30mの岩壁は、約300万年前の火山活動による溶岩で生まれたもの。樹齢500年以上の大イチョウとともに、鳥取市の天然記念物に指定されています。
<子守神社の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市青谷町八葉寺921
アクセス:豆腐料理あめだきから車で約1時間

写真:手塚 大貴

すぐ近くの「建山神社」も、ぜひ立ち寄ってみて。鳥居の先にある、幕末の名石工・川六が彫った狛犬は必見。171段の苔むした石段の両側には、樹齢約500年の大杉が立っています。
<建山神社の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市青谷町田原谷21
アクセス:子守神社から車で約2分

写真:手塚 大貴

原生林に囲まれた「鷲峯神社」は、狛犬好きの間で秘かに注目されている神社。
出迎えてくれるのは、1860年(万延元年)に川六が制作した狛犬。優しくて柔らかい表情と、ちょこんと丸っこい座り姿。その可愛らしさは、狛犬マニアとして知られる落語家・三遊亭円丈さんも、オススメの狛犬第1位に挙げるほど!見ているだけで気持ちが癒される、なんとも不思議な狛犬です。
車で約10分で着く鹿野温泉は、この日の宿泊先にぴったり。昔ながらの水路や京格子の町並みなど、城下町の散策も楽しめます。
<鷲峯神社の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市鹿野町鷲峯1061
電話番号:0857-84-3988
アクセス:建山神社から車で約25分

3日目午前〜お昼:縁結びの神社、そして最後は鳥取和牛で

写真:手塚 大貴

白兎海岸の近くに建つ「白兎神社」は、神話「因幡の白兎」に登場する白兎神を祀る神社。日本最古の恋物語の舞台で、縁結びの神様として信仰されています。
ぜひ頂きたいのが、縁起物の結び石。鳥居の上へ投げて、うまく乗れば良い縁があると言われますが、兎の石像へ願いを込めて奉納するのもいいでしょう。
<白兎神社の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市白兎603
電話番号:0857-59-0047
アクセス:JR鳥取駅から車で約30分

写真:手塚 大貴

日本一広い池・湖山池を一望できるのが、国の登録有形文化財(建造物)である「湖山池阿弥陀堂」。鳥取で民芸運動を起こした吉田璋也の設計で、1964年(昭和39年)に完成。八角形の展望室からは、阿弥陀三尊に見立てられた3つの島を望みます。
<湖山池阿弥陀堂の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市三津29
電話番号:0857-26-2367(鳥取民藝美術館)
アクセス:白兎神社から車で約10分
※見学は事前申込が必要

写真:手塚 大貴

旅を締めくくるランチは、鳥取の食材を使った料理を味わえる「たくみ割烹店」で。
なかでもオススメは、しゃぶしゃぶのルーツと言われる鳥取和牛すすぎ鍋。吉田璋也が伝えたその味は、柔らかい鳥取和牛の味わい深さと相まって、思わず笑みがこぼれてしまう美味しさです!
またお店の料理は、民芸品の器で提供。お土産に欲しくなったら、隣の「たくみ工芸店」で買って帰ることもできます。
<たくみ割烹店の基本情報>
住所:鳥取県鳥取市栄町652
電話番号:0857-26-6355
アクセス:JR鳥取駅から徒歩5分
営業時間:平日・土曜は11:30〜14:00、17:00〜22:00(ラストオーダーは21:00)、日曜・祝日は11:30〜14:00、17:00〜21:00(ラストオーダーは20:00)
※2021年11月現在、平日・土曜は21:00まで(ラストオーダーは20:00)
定休日:第3月曜(8月と12月を除く)

鳥取市へ「砂丘だけじゃない旅」に出よう!

原生林を流れる神秘の名瀑から、可愛い狛犬に出会える神社に、日本一広い池を望む隠れ家スポット、そして美味しいグルメの数々……。忘れちゃいけない、鳥取砂丘の雄大なパノラマまで!
鳥取市には、旅人の心を動かしてくれる、新しい発見がいっぱいあります。ご紹介したモデルコースを参考にしながら、鳥取市の旅を楽しまれてくださいね。
2021年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:鳥取市

■関連MEMO
鳥取市観光サイト(外部リンク)
https://www.torican.jp/
鳥取県観光案内 とっとり旅の生情報(外部リンク)
https://www.tottori-guide.jp/

【トラベルjp・ナビゲーター】
手塚 大貴

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ