ホーム 旅行&おでかけ > 鳥取女子旅2泊3日モデルコース!美肌伝説の湯と絶景を大満喫

鳥取女子旅2泊3日モデルコース!美肌伝説の湯と絶景を大満喫

2021.12.01

鳥取は日本最大級の鳥取砂丘が有名。日本離れした絶景はそれだけでも見に行く価値はありますが、ほかにも見どころがたくさんあります。美肌伝説が語り継がれる温泉で癒されたり、縁結びのパワースポットに訪れたり!車無しでバスでも巡れる、女子旅におすすめの2泊3日鳥取観光モデルコースをご紹介します。『名探偵コナン』のテーマ曲が流れる「鳥取砂丘コナン空港」から、鳥取観光スタートです!

1日目:美肌伝説の湯「吉岡温泉」で源泉掛け流しを堪能

写真:小浜 みゆ

空港を出発し、最初の目的地は日本最大の天然池「湖山池」です。遊覧船に乗ったり散策したりと楽しめ、ランチを食べながら湖山池を満喫するなら「レーク大樹」へ。水産会社直営のレストランで海鮮丼が人気です。
<レーク大樹の基本情報>
住所:鳥取市金沢6
アクセス:松原バス停より徒歩約8分

写真:小浜 みゆ

田園風景に癒されながら到着する小さな温泉街が「吉岡温泉」。吉岡温泉はその昔、美しい娘の肌の病を治したと伝わる「美肌伝説の湯」です。
古き良き温泉街で今注目が「パーラー株湯」。築90年以上の古民家をリノベーションしたおしゃれな地産地消カフェです。おすすめは「あづまやさんのプリン」!素材の良さをふんだんに感じる濃厚なめらかなプリンで、大山生クリーム&地元産卵を使用しています。
<パーラー株湯の基本情報>
住所:鳥取市吉岡温泉町466
アクセス:吉岡温泉口バス停より徒歩約4分

写真:小浜 みゆ

風情あふれる吉岡温泉で女子旅にぴったりの可愛らしい旅館が「温泉お宿 おかじま」。女将と若女将の二人で切り盛りをしてる温かみのある旅館です。源泉掛け流しの美肌伝説の湯が24時間貸切風呂で堪能でき、鳥取の海の幸を贅沢に使った女将の手料理も宿の自慢。ノドグロなど旬の食材を使ったお任せコースは、旅の目的にしたいほどのおいしさです!
<おかじまの基本情報>
住所:鳥取市吉岡温泉町140
アクセス:吉岡温泉口バス停より徒歩約2分

2日目午前:絶景を見に行く!鳥取砂丘&砂丘のラベンダー

写真:小浜 みゆ

2日目の午前中は日本最大級の砂丘「鳥取砂丘」へ!風によって生み出された巨大な砂の丘はとても美しく、日本とは思えない絶景が広がります。砂丘周辺には多くの見どころがあり「鳥取砂丘 砂の美術館」は砂像を展示する鳥取砂丘ならではの美術館。砂と水だけで作られた巨大な砂の彫刻は圧巻です!砂丘の成り立ちが学べる「鳥取砂丘ビジターセンター」も一押し。
<鳥取砂丘の基本情報>
アクセス:砂丘東口バス停より徒歩約3分

写真:小浜 みゆ

全国的にはあまり知られていない隠れた鳥取の観光スポットが「らっきょう畑」。厳しい環境でも育つらっきょうは鳥取県の特産品!砂丘には東京ドーム約26個分ものらっきょう畑が広がっているんです。らっきょうは7月に植え付けられ、観光のベストシーズンは赤紫色の可憐な花をつける10月下旬〜11月上旬。一面に広がる花畑はまさに絶景で「砂丘のラベンダー」と呼ばれるほど。収穫時期は5月〜6月、収穫体験も開催されます。
<らっきょう畑の基本情報>
アクセス:砂丘東口バス停より徒歩約10分

写真:小浜 みゆ

散策の休憩は鳥取砂丘会館で「砂丘サンデー」を堪能。鳥取の特産品である梨のゼリー×梨ミックスソフトクリームに、砂丘をイメージしたきなことラクダのクッキーがトッピング!
<鳥取砂丘会館の基本情報>
住所:鳥取市福部町湯山2164
アクセス:砂丘東口バス停より徒歩約8分

2日目午後:鳥取和牛、海鮮、ワイン!鳥取グルメを大満喫

写真:小浜 みゆ

鳥取駅周辺に戻り「肉料理 Nick」でランチ。和牛の祭典と名高い全国和牛能力共進会で肉質1位を獲得した「鳥取和牛」を手の届く価格で食べられるお店です。
一番人気は「牛ひつまぶし」!惜しげもなく敷き詰められたA5ランクの鳥取和牛は感激モノ。外は香ばしく、中はレア。とても柔らかく甘みのある脂が口の中で溶け出し、継ぎ足しで作られているしょうゆベースのタレも絶品です。
<肉料理 Nickの基本情報>
住所:鳥取市栄町611
アクセス:鳥取駅より徒歩約4分

写真:小浜 みゆ

午後の観光のメインは「兎ッ兎ワイナリー」。約20種類ものワイン用ぶどうを育て、栽培から醸造・販売を一貫して行なっています。平地に約1.6hのぶどう畑が広がり、9月〜10月には収穫直前のぶどうを見学が可能。果実味あふれるワインが特徴で、いちごのような甘く幸せな香りが広がる「はなロゼ」が女性におすすめ!有料で試飲も楽しめます。
<兎ッ兎ワイナリーの基本情報>
住所:鳥取市国府町麻生178-11
アクセス:上麻生バス停より徒歩約1分
※見学は要予約

写真:小浜 みゆ

夕食は女性店主が営む「鳥取の地酒てんまり」へ。地元ならではの食事ができ、鳥取初心者なら「地酒セット」と「鳥取名物5品盛り」は外せません!
地酒セットは鳥取の日本酒3つを飲み比べ、鳥取名物5品盛りは砂丘らっきょう・するめのこうじ漬け・小玉スイカの漬物・ホタルイカ・あご(とびうお)のちくわが一皿で堪能できます。午前中に畑を見て、夕食でらっきょうを食べるとおいしさもひとしお。新鮮な刺身も絶品。
<鳥取の地酒てんまりの基本情報>
住所:鳥取市栄町758
アクセス:鳥取駅より徒歩約3分

3日目午前:恋愛のパワースポット「白兎海岸」へ

写真:小浜 みゆ

3日目は「白兎海岸」周辺を観光!白い砂浜と青い海が美しく、この地には「因幡の白兎」という神話が語り継がれています。淤岐ノ島(おきのしま)から因幡に渡ろうとしたうさぎがワニザメに皮を剥がされたが、大国主命の助けで元のきれいな姿に戻ったというお話。そのうさぎが大国主命と美女・八上姫が結ばれると予言し、その通りになったことから恋愛のパワースポットとしても親しまれています。
<白兎海岸の基本情報>
アクセス:白兎神社前バス停より徒歩約2分

写真:小浜 みゆ

続いて白兎海岸のすぐ近くにある「白兎神社」にお参り。「因幡の白兎」に登場する白兎神が祀られていて縁結び・皮膚病にご利益があります。境内にはうさぎの石像が並び、とても可愛らしい神社です。
授与品の注目は良縁・子宝・繁盛・飛躍・健康の「五縁」を結んでくれる「結び石」。鳥居の上に投げて乗ると良いことがあると言われていますが、うさぎの石像に願いを込めて奉納しても、御守りとして持ち帰ってもOKです。
<白兎神社の基本情報>
住所:鳥取市白兎603
アクセス:白兎神社前バス停より徒歩約4分

写真:小浜 みゆ

3日目のランチは道の駅 神話の里 白うさぎの「すなば珈琲」で。「もさバーガー」は鳥取の名物「もさえび」を使ったもさカツに砂丘らっきょう入りタルタルソースを合わせた限定グルメです。もさえびは鮮度劣化が早いため地元でしか味わえず、「幻のエビ」という呼称も。バンズは縁結びの地にちなんでハート型!
<道の駅 神話の里 白うさぎの基本情報>
住所:鳥取市白兎613
アクセス:白兎神社前バス停より徒歩約1分

3日目午後:鳥取駅周辺のおしゃれなお店でお土産選び

写真:小浜 みゆ

旅の最後は鳥取駅周辺でお土産選び。おしゃれな最新お土産店が「Am’s」です。スタイリッシュな店内には鳥取の特産品や衣食住にまつわる商品が集結。鳥取の作家さんや人気店とコラボレーションしたオリジナルグッズは鳥取土産にぴったり!例えば鳥取市青谷町にある「はせ川ジャム」の鳥取県産フルーツジャムなど、こだわりのアイテムばかりです。
<Am’sの基本情報>
住所:鳥取市行徳1-155
アクセス:鳥取駅より徒歩約10分

写真:小浜 みゆ

創業1902年の「宝月堂」は鳥取で愛される銘菓「生姜せんべい」を作っている老舗。五代目店主の佐々木稔郎さんは先人が生み出した味を守りながら、時代に合わせた新しいお菓子に挑戦しています。
「MOCHI cube(R)」は全国的にも珍しい「四角い」生クリーム大福。柔らかなふわふわのお餅とトロける生クリームがとてもおいしく、幸せな甘さが口いっぱいに広がります!定番の味はあずき、抹茶、珈琲、生チョコ、レアチーズの5種類。要冷凍で、発送も可。
<宝月堂の基本情報>
住所:鳥取市二階町3-121
アクセス:鳥取駅より徒歩約15分

温泉、絶景、グルメを大満喫する鳥取女子旅へ!

美肌伝説の湯に癒されたり、絶景を楽しんだり、縁結びのパワースポットにお参りしたりと女子旅に最適な鳥取。鳥取和牛や海の幸といったグルメもとてもおいしく、そしてリーズナブルに食べられます。バスでも巡ることは可能ですが、もし車が運転できるのであればレンタカーの方が効率的。今回紹介したモデルコースを参考に、楽しい鳥取女子旅プランを作ってみて下さいね!
2021年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:鳥取市

【トラベルjp・ナビゲーター】
小浜 みゆ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ