ホーム コラム > 思わず全力で拒否!話しかけてきた見知らぬおばさんの「指ペロ」はありえない…!【体験談】

思わず全力で拒否!話しかけてきた見知らぬおばさんの「指ペロ」はありえない…!【体験談】

2022.01.15

4歳の女の子と生後5カ月の男の子を育てています。子ども連れでスーパーに行くと、知らない人によく話しかけられます。その日は息子を抱っこして買い物をしていたのですが、話しかけてきたおばさんのとんでもない行動に思わず全力で逃げてしまいました。

思わず全力で拒否!話しかけてきた見知らぬおばさんの「指ペロ」はありえない…!【体験談】
思わず全力で拒否!話しかけてきた見知らぬおばさんの「指ペロ」はありえない…!【体験談】

ニコニコ話しかけてきたおばさん

その日は3歳の娘と生後3カ月の息子を連れてスーパーにお買い物。息子はスリングで抱っこしており、しっかりと顔が出てキョロキョロとご機嫌にしていました。そんな子どもたちの様子を見て、話しかけてきた1人のおばさんがいました。

おばさんは「あらあらかわいいわねー」「今何カ月?」とニコニコ。話しかけられることは珍しくもないので、「ありがとうございます」「3カ月です」とこちらもニコニコ対応していました。

自分の指をペロッと舐めて…

しかしその瞬間は急にやってきました。そのおばさんが「あら、お口のところにゴミがついてるね」と言ったので、私が息子の顔を覗き込むと、おばさんがおもむろに自分のマスクをずらし、自分の指をペロッと舐めました。

おばさんの行動が視界の端に入り、一気に不安がよぎります。次の瞬間おばさんがその指を息子の口あたりに持ってきました。おばさんは自分で舐めた指で息子の口当たりについているゴミをとろうとしたのです。

心の中で悲鳴をあげながら、私は咄嗟に体をひねらせておばさんの指を私の体でブロック。おばさんの腕に体当たりした格好に。私は「あ! すいません、ちょっと急ぐので!」と言って、娘の手を引いておばさんから逃げるように離れました。

失礼? でもありえない!

おばさんからすれば「ゴミをとってあげよう」という、ただの親切心だったと思います。それを拒否するように逃げてしまったので、もしかしたら不愉快に思ったかもしれません。

しかし、コロナ禍というご時世を考えてもNGな行動だと思いますし、コロナ禍でなくても舐めた指を子どもの口に持っていかれるのは、やはり親としては嫌なものです。おばさんに対しては失礼だったかもしれませんが、自分の子どもを守るためには必要な行動だったと思っています。

小さい子どもがかわいくて話しかけたり触りたくなる気持ちはよくわかります。ただ、悪意はなくてもNGな行動をしてしまう人はいるので、できるだけ子どもと相手の距離をあけておくなど、予防策をとっておくことが必要だなと学んだ経験でした。

「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

著者:山口花田舎で1女1男を育てる母。コーチングの資格を子育てに生かしながら日々奮闘中。主に妊娠・出産・教育の記事を執筆している。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ