ホーム 子育て > 「夫の前で出したくない…」いきんだら出ちゃう!?出産時の不安、助産師さんの対応が神だった!

「夫の前で出したくない…」いきんだら出ちゃう!?出産時の不安、助産師さんの対応が神だった!

2022.05.11

現在2歳になる長男の出産時、いきむついでにうんちが出てしまうかもしれない……!という状況に直面しました。初めての出産で不安があるなか「赤ちゃんよりも先にうんちが出てしまったらどうしよう」と大パニックに! しかし助産師さんの手慣れた処置で、無事うんちの不安から逃れられました。今回はそんな体験談をお話しします。

出産時、赤ちゃんよりうんちが先に…

私を出産したときのエピソードで、母が必ずと言っていいほど話していたのがうんち事情でした。出産時にうんちが出ないようにするために下剤を飲んだ母。しかし思ったよりも早く産気づいてしまい、うんちを出すことなく分娩台へ。

その結果、私よりも先にうんちが出てしまい、とても恥ずかしい思いをしたそうです。母のエピソードを聞いていた私は戦々恐々! 初産なこともあいまって不安なまま出産当日を迎えました。

前駆陣痛開始! 入院後も下剤は飲まず

前駆陣痛が始まった日にちょうど健診があり、いつ出産になってもいいようにとそのまま入院へ。下剤を処方されることはなくひと安心でした。しかし今回は、夫のたっての希望で立ち会い出産をすることになっていました。

出産時、隣に夫がいるなか、絶対にうんちを出したくない!私は、トイレでなんとか先にうんちを出そうと躍起になっていましたが、なかなかうまくいかず……。そして頑張りもむなしく本格的に陣痛がきて、分娩台に乗ることになったのです。

うんちは出なかった! 助産師さんの神対応

分娩台に乗った私は痛みとうんちとの闘いで必死。助産師さんからいきむように指示されても、「いきんだらうんちが出てしまうのでは……」という不安から思うようにいきめません。夫も隣で必死に応援してくれています。こんな状況で赤ちゃんよりも先にうんちが出てしまったら、恥ずかしくてたまりません。

そんなとき、ベテラン助産師さんが指を肛門に添えました。指2本ほどを肛門に添えただけなのに、驚くほどうんちのことを考えずにいきめるように……! 急にいきみやすくなり、無事うんちを出すことなく出産を終えることができたのでした。

初めての出産で不安がありましたが、助産師さんのおかげで無事にうんちを出すことなく、かわいい息子を産むことができました。出産時には助産師さんが肛門保護をしてくださるそうなので、次回からはうんちの心配をせず思う存分いきもうと思います。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

監修/助産師REIKO

著者:佐藤みちる2歳の息子を持つ1児の母。FP資格を取得しており、保険ショップに勤務して現在5年目。お金関連のブログ運営をおこない、ライターとしても活動している。

関連記事

提供元:ベビーカレンダー

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ