ホーム 旅行&おでかけ > おこしで推し活!?大阪・老舗おこしのショップが体験型店舗へリニューアル

おこしで推し活!?大阪・老舗おこしのショップが体験型店舗へリニューアル

2023-11-30

1805年創業のお菓子の老舗、あみだ池大黒の新感覚おこしブランド「pon pon Ja pon(ポンポンジャポン)」は、ルクアイーレの大規模リニューアルに合わせてショップを新装開店!新たに世界にひとつだけの「自分おこし」を作れるカスタムブースを設け、体験型店舗へとリニューアルしました。自由にカスタマイズできる自分おこしは推し活にぴったり!新たに生まれ変わったショップの魅力をご紹介します。

世界に一つだけ!自分だけのおこしを作ろう

写真:株式会社あみだ池大黒

ルクアイーレ店のカスタムブースでは、マシュマロで固めた柔らかいおこし「Matthew & Chris.P(マシューアンドクリスピー)」にお気に入りの写真やイラストをプリントして、世界に一つだけのおこしを作ることができます。
注文方法は簡単!まずは店頭にあるセルフ注文用タブレットと自分のスマートフォンをWi-Fiで繋ぎ、希望する画像をアップロードします。プリントは「クッキーorチョコレート」から、土台となるおこしのケーキ部分は「バニラorチョコレート」からチョイス。メッセージを入力したり、約80種類の専用スタンプでデコレーションしたりと高い自由度が魅力です。
結婚祝いや入学祝い、さらに推しアーティストのデビュー周年記念など、さまざまなシーンのギフトにぴったり。伝えたい気持ちをおこしにしたためて、大切なひとに渡してみませんか?

写真:株式会社あみだ池大黒

またリニューアルを記念して、看板商品の“映える”おこし「pon pon coco」に新フレーバーが登場。「とろあまキャラメルクルミ」は焦がしバター入りのキャラメルを使用、食べた瞬間に甘いキャラメルの風味とバターの香りが口いっぱいに広がります。サクサクのおこしにごろっと入ったクルミの食感が程よいアクセントに。
甘辛いソース味の「こてこてたこ焼きソース」は、ついついビールが飲みたくなる“おつまみおこし”。お米のパフの中に天かすと削り節を混ぜることで、まるで本物のたこ焼きを食べているような旨味を感じられます。

写真:株式会社あみだ池大黒

pon pon Ja ponでは、このほかにもさまざまなおこしスイーツを展開しています。新店舗のテーマは「Photogenic(映える商品)」「Share(共有したくなる)」「Hands-on &Experience(体験)」の3つ。今まで以上に可愛くポップになったおこしをゲットしてくださいね。

pon pon Ja pon(ポンポンジャポン)の基本情報

■住所
大阪市北区梅田3-1-3「LUCUA 1100」2階 トキメキマルシェ内
■営業時間
午前10時30分〜午後8時30分
2023年11月の情報です。カスタムブースの詳細、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

■関連MEMO
pon pon Ja pon(外部リンク)
https://www.pon-pon-japon.com/

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp NEWS

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ