ホーム 旅行&おでかけ > 家族旅行にもおすすめ!「TAOYA 西海橋」でホテルステイを楽しむコツ

家族旅行にもおすすめ!「TAOYA 西海橋」でホテルステイを楽しむコツ

2023-12-01

絶景のインフィニティ露天風呂とオールインクルーシブで人気の「大江戸温泉物語西海橋コラソンホテル」が、「TAOYA西海橋」へとリブランドオープン。海外リゾートにいるかのような開放的な雰囲気はそのまま、さらにサービスがグレードアップしました。
きめ細やかなサービスには、大人だけじゃなく子どもも笑顔になること間違いなしです。贅沢な休日を過ごすためのオススメポイントをまとめました。

「TAOYA西海橋」で空と海の絶景を満喫

写真:さとちん

長崎県佐世保市にある「TAOYA西海橋」。大村湾と佐世保湾を繋ぐ西海橋のたもとにあり、ハウステンボスや西海国定公園が近いため長崎観光にも便利な場所です。
以前は「大江戸温泉物語 西海橋コラソンホテル」でしたが、2023年8月に「TAOYA西海橋」へとリブランド。TAOYAは大江戸温泉物語の中でも最上級ブランドのホテルです。
青い空に映えるテラコッタカラーの外観とヤシの木は、まるで地中海リゾートに来たかのよう。子どもが小さいと海外旅行もなかなか出かけられませんが、ここなら0歳児連れでも気軽に海外リゾート気分が味わえます。フローティングラウンジは夏場屋外プールになるので、子ども達も大はしゃぎ間違いなし!

写真:さとちん

写真は夕刻の様子。まわりが海で囲まれているので、ホテル内で場所を移動すると朝日と夕日、どちらも見ることができます。
さらに、ホテルの前は日本三大急潮といわれる針尾瀬戸。タイミングが合えば、壮大なうず潮が観察できますよ。

写真:さとちん

写真のオーシャンビューの和洋室は最大で5名まで宿泊可能。他にもファミリールームやバリアフリールームなど、様々なユーザーのリクエストに応えられるお部屋が揃っています。
また、3歳未満の子どもは無料というのも、ファミリー旅行先としてはポイント高いですね。

女性も男性も美しさに磨きがかかる大浴場

写真:さとちん

大浴場は内風呂、露天風呂、ともに地下1500メートルから汲み上げた自家源泉を使用。大きな窓と吹き抜けの高い天井の内風呂は、まるでプールのように大きく、お湯の吹き出し口付近はあつ湯、離れると適温と、自分の好きな温度で温泉を楽しめます。
露天風呂は大村湾と一体になっているようなインフィニティ温泉。朝、昼、夕方、夜、それぞれ違う景色に、何度入ってもその都度感動してしまいます。まさに温泉リゾート!

写真:さとちん

女性用の大浴場には広い低温岩盤浴スペースがあります。窓から空と海が見え、室内とは思えない開放感。下からポカポカと温められ、目をつぶるとハワイのビーチリゾートの砂浜で寝そべっている気分に!しかもデトックスできて、肌もしっとり艶々になりそうです。
男性用の大浴場には、サウナの後しっかりととのうための水風呂が設置されています。身体がギュッと引き締まりそうですね。

写真:さとちん

リブランドによって、女性用の洗い場のシャワーは、すべてリファに変わりました。毛穴の汚れもすっきり落とせます。以前から人気だった女性用大浴場のシャンプーバーも、新しくちょっとハイブランドなシャンプー&コンディショナーが追加されています。
女性用のパウダールームにはリファのドライヤーが設置され、洗いあがりの髪の毛が驚くほどうるつやに!
写真左に少し写っているのはベビーバスやベビーチェア。男女どちらの浴室にも用意されているので、赤ちゃん連れでも温泉が楽しめます。

無料でここまで楽しんでいいの?サービス満載のラウンジ

写真:さとちん

オールインクルーシブの館内では、ラウンジにあるドリンクやフードも無料。開放的なロビーラウンジでは、生ビール、レモンサワーやワインといったアルコール以外に、オレンジジュースやグリーンティ、美容に良さそうなビネガードリンクなど、ソフトドリンクも充実しています。でも、子どもがなにより目を輝かせるのはソフトクリーム!
リブランド後は新たに自家製バームクーヘンが登場!バームクーヘンの上には、ソフトクリームをトッピングしちゃいましょう!大人も思わず頬が緩んでしまうゴージャスなスイーツに変身。
ロビーラウンジでは定期的に生演奏も行われ、セレブリティな休日を演出します。

写真:さとちん

さらに新しくコラソンラウンジも誕生。大きな窓の外にはパティオが広がり、こちらもとても開放感があります。バームクーヘンやソフトクリームはありませんが、ワインやおつまみの種類が若干多く、落ち着いた雰囲気と相まって、大人向けのラウンジと言えるでしょう。

写真:さとちん

コラソンランジでは、21時から23時の間、夜食の提供があります。夕ご飯をたくさん食べたはずなのに、ちょっと小腹が空いてくる時間、ハーフサイズのうどんは胃に優しく、心地よい満腹感が眠気を誘います。良い夢が見られそう。
オールインクルーシブなので、ラウンジ以外のサービスも無料で利用できます。体を動かして遊びたいなら卓球でエキサイティングしてください。疲れた体は無重力マッサージ機が全身をもみほぐしてくれます。広いキッズスペースは、絵本もたくさんあるので、小さな子ども飽きずにずっと遊んでくれますよ。

ディナーバイキングのメニューも豪華に!

写真:さとちん

夕食は別館のバイキングレストラン「メルカド」でいただきます。お刺身にお寿司、小籠包、ステーキ、ローストビーフ、和洋中の様々なメニューが会場に並び、どれから選んでよいのか目が泳いでしまいます。

写真:さとちん

レストランには、子ども用のメニューも用意されています。子ども用ですが…ミートボールやナポリタン、アメリカンドックなどは、大人も大好きなメニュー!ちゃっかりお皿に乗せている大きなお友達もたくさんいます。
なんと離乳食の用意もあるんですよ。子育て奮闘中のパパ・ママも、思わずにっこりしてしまう嬉しいサービス。

写真:さとちん

パエリアは以前は大鍋での提供でしたが、今はひとり用の鍋で提供され、テーブルの上で自分で炊き上げます。これなら具がない!なんて不平等なことは起こらないし、なにより炊き立てが食べられるのでおいしさも倍増!
他にも、目の前でマロンペーストを搾って作ってくれるモンブランも必食です。季節のメニューとして蟹もあります。
もちろんドリンクもフリー。生ビールやレモンサワー以外に、ワイン、焼酎、ウィスキー、カクテルと、ないものはないのでは?というくらい、アルコールの種類も豊富です。
途中、バイオリンの生演奏も!最新のヒット曲からアニメソング、昭和歌謡まで、幅広いリクエストに応えてくれます。テーブルまで来て演奏してくれるので、素敵な思い出になることでしょう。

海を眺めながら朝食を!

写真:さとちん

リブランド後、レストランには西海橋が目の前に見える、展望の良いスペースが新たにできました。夜もこちらを利用できるのですが、日がさして明るい朝は特にこちらのスペースがオススメです。

写真:さとちん

朝食のメインは、やはり自分の好きな海鮮をのせてつくる「海鮮のっけ丼」でしょう。マグロ、サーモン、いくら、甘エビ、イカ、貝柱…朝からこんな贅沢な丼をいただいていいのでしょうか。
※海鮮はその日によって変わります

写真:さとちん

朝食ではドリンクコーナーにスパークリングワインも用意されています。朝スパから始まる一日。贅沢な休日のスタートですね。横にはノンアルコールのビールもあり、ドライバーへの気配りも忘れていません。

誰もが贅沢な時間を過ごせるホテル

「西海橋コラソンホテル」のときから評判の良いホテルでしたが、リブランドしたことで、さらに贅沢な休日が過ごせるようになりました。女子旅やカップルでの利用はもちろん、ファミリー旅行、三世代での旅行と、どんなシーンにも利用できます。そして、すべての人のホテルステイを豊かな時間にしてくれることでしょう。
記念日に泊まるのではなく、泊った日が記念日になる、そんなホテルです。
取材協力:TAOYA西海橋
2023年11現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
TAOYA西海橋(外部リンク)
https://taoya-saikaibashi.ooedoonsen.jp/

【トラベルjp・ナビゲーター】
さとちん

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ