ホーム 旅行&おでかけ > 食がパワーアップ!白馬乗鞍温泉スキー場が今年もオープン

食がパワーアップ!白馬乗鞍温泉スキー場が今年もオープン

2024-01-06

白馬乗鞍岳の麓に広がる「白馬乗鞍温泉スキー場」が、2023-2024冬季シーズンの営業をスタート!バックカントリーエリアへアクセスできる第11リフトを今年も展開します。さらに新潟糸魚川市の事業者とコラボした、本格海鮮メニューが登場!ファミリーから上級者まで楽しめる、白馬乗鞍温泉スキー場の今シーズンの魅力をご紹介します。

小谷村のパウダースノーを体験しよう!

写真:株式会社白馬アルプスホテル

白馬乗鞍温泉スキー場は、北アルプスの北端、白馬乗鞍岳の麓に広がる天然雪たっぷりのスノーパラダイス。周りを気にせず滑れるワイドバーンが多く、ファミリーから上級者までコースが充実した若栗ゲレンデ、非圧雪の急斜面やすべりやすい中斜面などがある里見ゲレンデをベースとし、スノーパークやキッズパークも備えています。

写真:株式会社白馬アルプスホテル

昨年新設された第11リフト(山岳観光リフト)は、今期もバックカントリーエリアへのアクセス用リフトとして稼働予定。白馬バレーエリアでも、最も豊富な降雪量を誇る小谷村のパウダースノーをゲレンデ内外で楽しめます。
なお当リフトは通常のリフト料金に含まれますが、バックカントリーエリアでの滑走または観光用(往復乗車)の利用に限定。スキー場としてのコース設定はないために自己責任での滑走となり、同意書の記入等が必要です。

寒ブリ!カニ!ゲレンデで海鮮満喫

写真:株式会社白馬アルプスホテル

スキー場内のレストラン「スノードロップ」のテナントに、新潟県糸魚川市の伝平水産と能水商店が加わり、糸魚川の海鮮が楽しめる店舗にリニューアル!寒ブリ丼やズワイガニカレー、甘えびかき揚げうどんなど、日本海の海の幸をふんだんに使ったメニューを味わえます。相撲部が有名な海洋高校が開発したごっつぁんカレーやごっつぁんラーメンなど、個性豊かなメニューにも注目!

写真:株式会社白馬アルプスホテル

スキー場に面した白馬アルプスホテル内の和食処「あずみ野」にも、伝平水産の夕食メニューが登場。「冬の日本海 ブリしゃぶ 御膳」や「越後産本ズワイカニ1ハイ 寒ブリ プラン」など糸魚川の海鮮を中心とした本格的なメニューを楽しめます。小谷村では泊食分離を促すために、今季から村内巡回バスを運行。栂池地区やコルチナ地区に泊まった場合でも、気軽にアクセスできるようになりました。

白馬乗鞍温泉スキー場の基本情報

■営業期間
2023年12月20日(水)〜2024年3月24⽇(日)予定
■営業時間
8:30〜16:00
■住所
長野県北安曇郡小谷村白馬乗鞍高原1285-1
2024年1月の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

■関連MEMO
白馬乗鞍温泉スキー場(外部リンク)
https://www.hakunori.com/

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp NEWS

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ