ホーム 旅行&おでかけ > 香港「Hop Inn」は尖沙咀エリアの好立地ホステル!女子ひとり旅にも安心

香港「Hop Inn」は尖沙咀エリアの好立地ホステル!女子ひとり旅にも安心

2024-02-06

香港きっての繁華街、尖沙咀エリア。観光・ショッピング・グルメと尖沙咀エリアを満喫したいなら、ホステル「Hop Inn(撲撲旅社)」がおすすめです。地下鉄尖沙咀駅すぐそばという好立地だけでなく、充実した共用スペースや豊富な部屋タイプ、フレンドリーなスタッフなど魅力いっぱい。相部屋のドミトリーもあるため、旅の予算をなるべく抑えつつも快適に過ごしたい人にぴったりです!

地下鉄尖沙咀駅すぐそば!1階におしゃれなカフェあり

写真:カジヤマ シオリ

「Hop Inn」は、地下鉄尖沙咀駅P3出口の近く、Lyton Building(麗東大廈)というビルの5階にあるホステルです。エレベーターで5階までアクセスすると、緑色の看板とにぎやかなデザインのレセプションがあります。

写真:カジヤマ シオリ

「Hop inn」と同じビルの1階には、おしゃれで居心地の良いカフェも数軒入っています。
中でもひときわおしゃれなカフェが「N1 Coffee & Co.」。ユニコーンのオブジェがある店内で、こだわりのコーヒーとフードを楽しめます。ホステルでは朝食メニューの提供がないため、このカフェでエッグベネディクトやイングリッシュブレックファストをのんびり食べるのも良いでしょう。
隣のビルにはコンビニやスーパーが入っているので、そちらで調達するのもおすすめです。地元で愛されるローカルフード店や多国籍料理店、バーなど飲食店が多いエリアで、ランチやディナーには困らないはずです。

女性専用ドミトリーあり!部屋タイプが豊富なホステル

写真:カジヤマ シオリ

用意されている部屋のタイプはさまざま。3〜8人とベッド数の異なる相部屋のドミトリールームに、個室のシングル・ダブルルーム、2段ベッドのツインルームがあります。個室で気兼ねなく過ごしたい人にも、ドミトリーで費用を節約したい人にもおすすめです。
こちらは専用のトイレ・シャワールームがついたシングルルームです。トイレとシャワー部分は長いカーテンでしっかりと区切られています。広さや設備はコンパクトにまとまっているものの、大きなスーツケースを広げて荷造りできるスペースは確保されています。

写真:カジヤマ シオリ

女性専用のドミトリールームもあります。個性的なアートが施された明るい部屋です。男女共用ドミトリーは共用トイレ・シャワールームが部屋の外にありますが、女性専用ドミトリーではドミトリー内に設置され、男性客と共用でないのも安心できますね。
女性専用ドミトリーでは、一つひとつのベッドがゆったりとした間隔で設置されているうえ、下段にはカーテンがつけられ、寝るときや着替えも気兼ねなく過ごせます。

写真:カジヤマ シオリ

相部屋のドミトリーにも、ベッドごとに読書灯やコンセントが設置されています。
コンセントはBFタイプとUSB用が設置されています。日本のコンセントをそのまま差すことはできないため、USB対応のコードかBFタイプの変換用プラグを用意しましょう。

共用スペースも充実!暮らすように過ごそう

写真:カジヤマ シオリ

個室やドミトリーの設備はコンパクトなものの、共用スペースは充実しています!
フロントのそばにはフリードリンクコーナーがあり、お水やあたたかいドリンクがいつでも飲めます。ウーロン茶やプーアル茶のティーバッグが常備されているのも香港らしいですね。

写真:カジヤマ シオリ

フリードリンクコーナーの奥には、電子レンジやIHコンロ、お皿やカトラリーなどごはんのときに役立つ設備がそろいます。包丁やまな板等はないため簡単な調理のみとなりますが、外食費を節約したいときに重宝するでしょう。

写真:カジヤマ シオリ

憩いの場となる共用のリビングルーム。のんびりと過ごせるソファやテーブルが設置されています。窓際にも小さなテーブルやイスがあります。本棚には自由に読める本が置かれ、中国語や英語の本だけでなく、日本語で書かれた本や香港のガイドブックも。香港のガイドブックを片手に、のんびりと旅の計画を立ててみましょう。

アットホームな雰囲気も自慢

写真:カジヤマ シオリ

入口すぐそばのレセプションでは、チェックイン前後の荷物預かりや観光のアドバイス、カップラーメンや冷えたジュース・ビールの販売などを行っています。スタッフはとてもフレンドリーで、観光や滞在の相談にも気軽に乗ってくれる存在です。
なお、フロントスタッフの滞在時間は夜11時までとなっています。それ以降の時間帯のチェックインは事前連絡が必要なためご注意を。

「Hop inn」で香港ステイを楽しもう!

快適な香港での時間にうってつけの「Hop Inn」。繁華街の尖沙咀エリアにあるものの、観光のハイライトとなるネイザン・ロードから少し離れた静かな通りに面しているため、夜はゆっくりと休めるはずです。ぜひ「Hop Inn」に泊まって、香港で思い出を作ってくださいね!
2024年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
Hop Inn公式サイト(外部リンク)
https://www.hopinn.hk/

【トラベルjp・ナビゲーター】
カジヤマ シオリ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ