ホーム 旅行&おでかけ > ライトアップも!ロウバイの名所・秩父長瀞宝登山臘梅園が見頃

ライトアップも!ロウバイの名所・秩父長瀞宝登山臘梅園が見頃

2024-02-07

美しい臘梅(ロウバイ)が見頃を迎えた埼玉県「長瀞宝登山臘梅園」。これに伴い秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、宝登山ロープウェイの繰り上げ運転やロウバイのライトアップを行っています。
また宝登山頂上には例年より早めの見頃が予想されている「長瀞宝登山梅百花園」、昨年オープンした全天候型施設「長瀞トリックアート有隣倶楽部」など見どころ満載。今度の週末は秩父エリアへお出かけしませんか?

見頃到来!秩父・宝登山のロウバイ園

写真:秩父鉄道株式会社

標高497メートル、宝登山山頂に位置する長瀞宝登山臘梅園。約15,000平方メートルの敷地内に、約3,000本のロウバイが植栽されています。園内に咲き乱れるロウバイは計5種類。今シーズンから加わった新種のロウバイ(福禄寿)は、別名「宝登のかがやき」とも呼ばれています。

写真:秩父鉄道株式会社

晴れた日には山頂から武甲山、両神山、秩父の町並みなどが一望できるロケーション。ロウバイの濃厚な甘い香りと一緒に、関東随一の絶景を楽しめます。

写真:秩父鉄道株式会社

長瀞宝登山臘梅園へのアクセスは宝登山ロープウェイがおすすめ。ロウバイの見頃期間にはロープウェイの始発時間の繰り上げと増発、さらに長瀞駅から宝登山山麓駐車場間の無料シャトルバスを運行します。
また2024年1月27日(土)〜2月25日(日)の期間は、土日祝限定でライトアップを開催。開催日は宝登山ロープウェイを19:00まで運転します。

梅とロウバイの競演!期間限定バーも登場

写真:秩父鉄道株式会社

宝登山ロープウェイ山頂駅前にある梅百花園は、早咲きの冬至や寒紅梅をはじめ、約170品種と関東一の品種の多さが特徴。例年の見頃は2月下旬〜3月中旬ですが、2024年は早めの見頃が予想されていて、ロウバイと梅の競演を楽しめます。

写真:秩父鉄道株式会社

「長瀞トリックアート有隣倶楽部」は、2023年2月にオープンした体験型アート施設。視覚の錯覚や立体トリック等をはじめ、多分野にわたるトリックの要素を取り入れたアートを体験できます。何度訪れても新たなトリックアートを楽しめるよう、同年12月に一部を新しい展示に入れ替えました。

写真:秩父鉄道株式会社

日本庭園が鑑賞できる休憩エリアには、期間限定で「イチローズモルト長瀞茶室BAR」が登場。茶室から庭園を眺めながら、秩父が世界に誇るウイスキー蒸溜所“秩父蒸溜所”の「イチローズモルト」を味わえます。
■営業日時
2024年2月10日(土)、11日(日・祝)、24日(土)、25日(日)
11:00〜15:00(LO14:30)
■営業場所
「長瀞トリックアート有隣倶楽部」中庭 離れ茶室

長瀞宝登山臘梅園の基本情報

■見頃
1月中旬〜2月下旬
■アクセス
秩父鉄道長瀞駅から徒歩20分
宝登山ロープウェイ利用5分 山頂駅から徒歩2分
2024年2月の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

■関連MEMO
秩父鉄道 ロウバイ特設サイト(外部リンク)
https://www.chichibu-railway.co.jp/winter2024/
秩父鉄道株式会社(外部リンク)
https://www.chichibu-railway.co.jp/
宝登興業株式会社(外部リンク)
https://hodosan-ropeway.co.jp/company/

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp NEWS

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ