ホーム 旅行&おでかけ > レーゲンスブルグ「Hotel Weidenhof」で朝からシャンパン!

レーゲンスブルグ「Hotel Weidenhof」で朝からシャンパン!

2024-02-07

ドイツ・バイエルン州のレーゲンスブルグは、ドイツ最古の石橋が架かる大河ドナウの畔に佇む古都。古代ローマ時代から軍事拠点が置かれ、中世には交易都市として発展し、世界大戦の戦火を免れた旧市街は、風情ある石畳の路地が入り組み散策が楽しくなります。
この町で宿泊するなら、駅と旧市街の間に位置し、百年以上の歴史あるホテル「Hotel Weidenhof」がお薦め。居心地よく豊富な朝食&シャンパンに大満足!

2000年の歴史あるレーゲンスブルグ

写真:Hiroko Oji

悠々と流れる大河ドナウの畔に佇むレーゲンスブルグは、ドイツ・バイエルン州の歴史ある古都。古代ローマ帝国時代の軍事拠点としての起源をもち、中世の神聖ローマ帝国時代には、東欧への交易路の要所として最盛期を迎えました。第二次世界大戦時には破壊を免れ、町自体が史跡として現代に残されています。

写真:Hiroko Oji

この町の見所の一つで、バイエルン州で最も重要といわれるゴシック様式で建てられた大聖堂は旧市街の入り口に位置しています。
大聖堂を覆う外壁の繊細で美しい彫刻と共に13世紀〜14世紀のステンドグラスや内装が素晴らしく、マリアの彫像と向かい合う「微笑みの天使像」も見逃せません。世界最大とも言われる壁掛け式のパイプオルガンはユネスコの世界遺産にも登録されています。日曜日10:00に訪問可能ならば、ぜひミサに参加してください。少年合唱団の美しい歌声を聞くことができますよ。

写真:Hiroko Oji

また、レーゲンスブルグの町を流れるドナウ川に架かる石橋は「ドイツ最古の石橋」として知られています。
このドナウ川は普段は水量が多く、石橋を造るのは不可能といわれてきました。ところが1135年の夏、日照り続きの結果、川の水位がこれまでにないほどまでに低くなったため「今が絶好のチャンス!」と橋の建設が始まり、11年かかって完成したのです。
旧市街から橋を渡った対岸の島はシュタットアムホーフという美しい家並みが広がる地区。旧市街と共に世界遺産に登録されており、こちらから眺める旧市街も美しい姿です。

100年以上の歴史をもつ3つ星ホテル「Hotel Weidenhof」

写真:Hiroko Oji

このレーゲンスブルグで宿泊するなら「Hotel Weidenhof」がお薦め。100年以上の歴史を誇る家族経営の3つ星シティホテルです。
鉄道駅から旧市街に向かって徒歩5分のロケーションにある、マクシミリアン通り沿いのホテルです。

写真:Hiroko Oji

チェックインタイムは14:00〜23:00。チェックインタイムより早めの到着でも、あらかじめ連絡をしておけばできる限りお部屋を用意してくれます。
フロントそばのコーナーでは、無料のホットドリンクとクッキー&チョコレートのサービスが置かれています。普段ならばホットコーヒーや紅茶なのですが、年末のクリスマス時期にはグリューワインとサンタモチーフのチョコレートが用意されていて、細やかな心遣いが伝わってきます。

写真:Hiroko Oji

館内にはエレベーターもあるのですが、階段を使いたくなるような素敵な装飾があちらこちらにちりばめられていて、館内探検も楽しいひと時です。

モダンですっきりした客室

写真:Hiroko Oji

ゆとりあるダブルベッドのお部屋には、デスクセット、薄型テレビ、電話、棚付きクローゼットなどが備わり、防音対策もしっかりしています。

写真:Hiroko Oji

室内には無料の水が用意されています。電気ポットなどは置かれていないのですが、フロントそばの無料サービスのホットドリンクを持ち込めるので、お部屋で寛ぐことができますよ。

ピカピカで使い勝手の良いバスルーム

写真:Hiroko Oji

部屋は暗めの照明なのですが、バスルームは明るくてピカピカに手入れが行き届き清潔感が感じられます。

写真:Hiroko Oji

バスタブは無くシャワーのみですが、使い勝手が良く水圧・温度調節・水捌け共に良好です。強力なドライヤーやティッシュも完備されています。バスアメニティーはボトルシャンプーだけですので、他に必要な方はご自分で用意されることをお薦めします。

朝からシャンパンも楽しめる種類豊富な朝食

写真:Hiroko Oji

宿泊料金には含まれていませんが13ユーロで朝食を追加することができます。朝食時間は6:30〜10:30なので、朝早く行動を開始したい人にも利用しやすい時間帯です。

写真:Hiroko Oji

ビュッフェテーブルに並ぶのは多種類のパンにハム&チーズ、トマトやキュウリ、ピクルス、パプリカ、ヨーグルト、フルーツカクテル、ゆで卵、ケーキなど。種類豊富で見た目も美しく美味しい朝食です。

写真:Hiroko Oji

種類豊富なホットドリンクのマシーンもあるのですが、個別にテーブルに運んでくれるサービスも利用できます。また、朝からシャンパン(正しくはスパークリングワインというのでしょうが)もいただけて、なんだかお得な気持ちになって嬉しくなってしまいます。

交通機関利用にも市内観光にも便利なホテル

「Hotel Weidenhof」は駅から徒歩5分、旧市街も同じくらいの徒歩圏内なので、列車やバス利用のお出かけにも市内観光にもとても便利なホテルです。近くには歴史博物館があり、ホテル周辺の通りは石畳の風情ある散策が楽しめます。
旧市街には大聖堂をはじめいくつかの教会、観光案内所と帝国議会博物館の入る旧市庁舎などがあり、石橋を渡ってシュタットアムホーフやユーゲントへアベルゲ地区、駅近くにはトゥルン・ウント・タクシス城と博物館、さらにはドナウ川遊覧船での観光・・・と色々楽しめる古都レーゲンスブルグ!「Hotel Weidenhof」滞在でこの町の魅力をたっぷり味わってくださいね。
2024年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
Hotel Weidenhof(外部リンク)
https://www.hotel-weidenhof.de/

【トラベルjp・ナビゲーター】
Hiroko Oji

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ