ホーム 旅行&おでかけ > 4月8日はお釈迦様の誕生日!奈良の「花まつり(仏生会)」

4月8日はお釈迦様の誕生日!奈良の「花まつり(仏生会)」

2024-03-14

4月8日は仏教の開祖・お釈迦様の誕生日。日本では、毎年4月8日には、各地の寺院でその生誕を祝う「仏生会」「灌仏会」がいとなまれます。その法要は一般には「花まつり」と呼ばれており、「花御堂(はなみどう)」に安置された誕生仏像に甘茶をかけるならわしとなっています。今回は東大寺や興福寺など奈良を代表するお寺の「花まつり」をご紹介しましょう。

東大寺の仏生会

写真:乾口 達司

奈良を代表する寺院といえば、まず挙げられるのが、こちらの世界遺産・東大寺。東大寺でも4月8日に「仏生会(ぶっしょうえ)」の名で花まつりがもよおされます。
当日は午前8時から大仏殿で法要がいとなまれます。大仏の鎮座する壇上に登った僧侶たちが「唄(ばい)」「散華(さんげ)」を唱和し、導師が表白(法要の趣旨を告白すること)を読誦します。

写真:乾口 達司

大仏殿の正面には、花で飾られた仮設の小堂が安置されます。季節の草花によって形作られた御堂であることから、一般に「花御堂」と呼ばれています。
「仏生会」「灌仏会」において花御堂が設けられる由来は、お釈迦様の母親である摩耶夫人が、ルンビニーの花園でお釈迦様を出産したという故事にちなんでいます。

写真:乾口 達司

東大寺の花御堂は、東大寺の境内でよく見かける馬酔木や椿の花などで飾られています。
花御堂は午後3時くらいまで安置されますが、この日だけのものなので、4月8日にぜひ足をお運びください。

甘茶を注がれる誕生仏像

写真:乾口 達司

花御堂に安置されているのは、甘茶を満たした灌仏盤とその中央に立つ銅製の誕生仏像。その造型は、お釈迦様が誕生した折、右手で天をさし、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」と口にされたことに由来します。
仏生会に登場するこちらの誕生仏像は近年に複製されたものですが、オリジナルは奈良時代に制作されており、現在、国宝となっています。東大寺の境内にある東大寺ミュージアムで展示される期間もあるので、興味のある方はチェックしてください。

写真:乾口 達司

灌仏盤に満たされた甘茶を柄杓ですくい、誕生仏像の頭上から、甘茶をそそぎます。この所作は、お釈迦様の誕生した折、龍が天上から清浄な水を吐きそそぎ、産湯の代わりとしたという逸話にもとづいています。
当日は、大仏殿に入場した方であれば、誰でも甘茶をそそぐことができますよ。

写真:乾口 達司

「花まつり」の名にちなみ、大仏殿の殿内にもさまざまな生け花が飾られます。大仏と生け花のコラボレーションもお見逃しなく。

興福寺の仏生会

写真:乾口 達司

東大寺と並び、奈良を代表する寺院である興福寺でも、4月8日に仏生会がとりおこなわれます。興福寺では午前10時から法要があり、花御堂は南円堂の前に安置されます。

写真:乾口 達司

興福寺の花御堂は、ご覧のとおり。東大寺の場合と同様、甘茶で満たされた潅仏盤の中央に、金色に輝く誕生仏像が安置されています。

写真:乾口 達司

柄杓で甘茶をすくい、誕生仏像にかけることは、東大寺の場合とまったく同じ。興福寺においても、誰でもご参加いただけます。

甘茶の振る舞い

写真:乾口 達司

花御堂の横では、甘茶の無料接待もおこなわれています。この機会に、ぜひ、いただきましょう。

写真:乾口 達司

もちろん、その後は境内を散策し、興福寺の仏像や古建築を拝観するのもよいでしょう。

浄教寺の灌仏会

写真:乾口 達司

興福寺から徒歩約5分、三条通に面した浄教寺は、浄土真宗本願寺派の寺院。1244年(寛元2)、行延法師の開基によって創建されました。
廃仏毀釈以来、日本文化を蔑む傾向が強かった明治時代前期にあって、日本美術の重要性を説いたことで知られるフェノロサが、1888年(明治21)6月5日、浄教寺の本堂で当時の奈良県知事やその関係者、および一般市民500名を前に奈良の仏教美術の重要性とその保護を訴えたことでも知られるお寺です。
浄教寺では「灌仏会」の名で花まつりがとりおこなわれます。

写真:乾口 達司

浄教寺では、門をくぐったところと、本堂前の2か所に花御堂が安置されています。
灌仏盤と誕生仏像が白象の背に乗っているのは、摩耶夫人がみずからの胎内に六牙の白象が入ってくる夢を見て、お釈迦様を懐妊したという逸話に由来します。

写真:乾口 達司

誕生仏像に甘茶をかけることは、東大寺や興福寺と変わりません。甘茶をかけながら、お釈迦様に何かお願いをしてみてはいかがでしょうか。

奈良を代表する寺院をめぐり、花まつりを楽しもう!

花まつり(仏生会・灌仏会)がどのようなものか、おわかりいただけたでしょうか。今回は東大寺・興福寺・浄教寺の花まつりをご紹介しましたが、奈良では4月8日にその他の寺院でも花まつりがもよおされます。この機会に奈良へと足を運び、お釈迦様の生誕をお祝いしてみませんか。
2024年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
東大寺(外部リンク)
https://www.todaiji.or.jp/
法相宗大本山 興福寺(外部リンク)
https://www.kohfukuji.com/
浄教寺(外部リンク)
http://www.joukyouji.com/

【トラベルjp・ナビゲーター】
乾口 達司

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ