ホーム 旅行・おでかけ > タイ旅行の穴場!サメット島の観光スポット&おすすめビーチ

タイ旅行の穴場!サメット島の観光スポット&おすすめビーチ

2018.01.26

タイ観光旅行の穴場が「サメット島」。バンコクのスワンナプーム国際からタクシーを使えば約3時間で行くことができます。青い海と、鳴き砂の白いビーチ。透明度の高い海はシュノーケリングやダイビングにもおすすめです。バンコク発のオプショナルツアーでも人気のサメット島。バンコクから近い秘島です。そこで、サメット島の観光スポットやホテル、おすすめのビーチ、レストラン&カフェをご紹介します。

サメット島の代表ビーチ!サイケオ・ビーチ/アオ・パイ・ビーチ/アオ・ウォンドゥアン・ビーチ

写真:Samed Resorts - Paradee Resort Hotel

サメット島の魅力は、透明度の高い青い海。そこで、おすすめのビーチが「サイケオ(Sai Kaew)ビーチ」。サメット島の北東に位置し、島で一番のロングビーチです。白い砂と鳴き砂で知られるメインビーチ。サンセットになれば、砂浜はオンザ・ビーチ・レストランに早変わり。日が暮れると、ファイアーダンスが行われ、新鮮なシーフード料理も魅力的です。
<基本情報>
住所:Tambon Phe, Amphoe Mueang Rayong, Chang Wat Rayong
アクセス:ナダン港からソンテウ

写真:沢木 慎太郎

サイケオビーチの隣にある、小さなビーチが「アオ・パイ(Ao Phai)ビーチ」。砂がきめ細かく、海の透明度も抜群です。
<基本情報>
住所:Klaeng, Mueang Rayong
アクセス:ナダン港からソンテウ

写真:沢木 慎太郎

サイケオの次に大きなビーチが「アオ・ウォンドゥアン(Ao Wong Duan)ビーチ」。サメット島ほぼ中央部の東側に位置しています。サイケオビーチに比べて感顧客が少なく、コスパ抜群の素朴なバンガローがあることも特徴。“適度なにぎやかさ”と、“静けさ”を求める方におすすめです。
<基本情報>
住所:Phe, Mueang Rayong
アクセス:ナダン港からソンテウ

サメット島の秘境ビーチ!ティアン湾/アオ・キウナーノック・ビーチ/アオ・ノイナ・ビーチ

写真:沢木 慎太郎

小さなビーチが幾つも連なる「ティアン湾(Ao Thian)」。ビーチに沿って格安のバンガローが建ち並んでいます。静けさを求める旅人におすすめのビーチです。
<基本情報>
住所:Klaeng, Mueang Rayong District, Rayong
アクセス:ナダン港からソンテウ

写真:沢木 慎太郎

サメットの最南端部にあるビーチが「アオ・キウナーノック(Ao Kiu Na Nok)ビーチ」。秘境感たっぷりの美しいビーチです。
<基本情報>
住所:Phe, Klaeng, Mueang Rayong
アクセス:ナダン港からソンテウ

写真:沢木 慎太郎

サメットの北端にあるビーチが「アオ・ノイナ(Ao Noi Na)・ビーチ」。ビーチに沿って格安のバンガローが建ち並び、長期滞在者の欧米人観光客が多いエリアです。
<基本情報>
住所:Klaeng, Mueang
アクセス:ナダン港からソンテウ

サメット島のビューポイント!島最南端/サンセット&サンライズポイント/アオ・プラオ・ビーチ

写真:沢木 慎太郎

サメット島の最南端もビューポイント。「Koh Samet End View Point」と呼ばれています。岩場が広がり、ここは絶好のフィッシュングスポット。筆者は実際に経験しましたが、サメを釣ることもできます。
<基本情報>
住所:Phe, Klaeng, Mueang Rayong
アクセス:ナダン港からソンテウ

写真:沢木 慎太郎

サメット島は、南に行くほど細長くなり、「サンセットポイント」と呼ばれる夕日の名所があります。この場所は、西側の海岸と、東側のビーチが数百メートルしか離れていません。夕日だけでなく、同時にサンライズも楽しめる観光スポットです。
<基本情報>
住所:21160 Tambon Phe, Amphoe Mueang Rayong,
アクセス:ナダン港からソンテウ

写真:沢木 慎太郎

サメット島でサンセットを楽しむのなら、「アオ・プラオ(Ao Phrao)ビーチ」がおすすめです。高級バンガロー「ル・ヴィマーンコテージ&スパ(Le Vimarn Cottages & Spa)」の前に広がるビーチ。サメット島で唯一、西側にあるビーチです。美しい夕日を眺めながら、オンザ・ビーチ・バーを楽しまれてはいかがでしょうか?
<基本情報>
住所:40/11 4 Tambon PheChang
電話番号:038-644-104-7
アクセス:ナダン港からソンテウ

サメット島の穴場スポット!「ジェップス レストラン」はカップルにおすすめ

写真:沢木 慎太郎

サイケオビーチに近い、「アオ・ヒンノック(Ao Hin Khok)ビーチ」も、サメット島で穴場のビーチ。カップル向けのコスパ抜群のホテル「アバンタラ リゾート」 (Avatara Resort)の前に広がる美しいビーチです。

写真:沢木 慎太郎

アオ・ヒンノックビーチは、観光客の姿が少なく、静かな海を楽しむことができます。オンザ・ビーチ・レストランの「ジェップス レストラン」(Jep’s Restaurant)では、日が暮れると幻想的な光のオブジェがビーチを彩り、ロマンチックな雰囲気が漂います。

写真:沢木 慎太郎

ジェップス レストランは、雰囲気のいいのでカップルにおすすめ。パッタイ(タイ風焼きそば)やパスタなど、メニューが豊富で、とてもリーズナブル。ロマンチックな雰囲気の中で、二人合わせても1500円ほどでディナーを楽しむこともできます。オンザ・ビーチ・レストランは夜風が肌寒く感じることもあるので、上に一枚羽織るものがあると良いでしょう。
<基本情報>
住所:106 Moo 4, Lung Jep Beach T. Phe, Muang Rayong
アクセス:ナダン港からソンテウ

タイ人カップルにも人気のサメット島!シービュー レストラン/ アパッチ ピア レストランもおすすめ

写真:沢木 慎太郎

サメット島のビーチでゴージャスなディナーを楽しみたい方におすすめのレストランが「シービュー レストラン」(Seaview restaurant)。サンセットビーチでご紹介した高級バンガロー「ル・ヴィマーンコテージ&スパ」のレストランです。美しいサンセットを眺めながら、最高級のタイ料理を楽しむことができます。
<基本情報>
住所:40/11 4 Tambon PheChang
電話番号:038-644-104-7
アクセス:ホテル専用ボート

写真:沢木 慎太郎

素朴なビーチで、カジュアルに過ごしたい方におすすめのカフェ&レストランが「アパッチ ピア レストラン」(Apache pier restaurant)。静かな海を眺めながら、のんびり過ごすことができます。
<基本情報>
住所:40/11 Moo 4, Tumbol Phe, Amphur Mueng, Rayong 21160
電話番号:+66(0)38-644-104
アクセス:ナダン港からソンテウ

写真:沢木 慎太郎

サメット島は、王子と人魚姫の切ない恋を描いた「アパイマニー王子物語」の舞台となった島です。“恋物語の聖地”ということで、タイ人のカップルにも人気のビーチリゾート。素朴なビーチで、のんびり過ごしたい方におすすめです。
<基本情報>
住所:Phe, Amphoe Mueang
アクセス:ナダン港からソンテウ
なお、サメット島全体のガイドなどについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからご覧ください。

サメット島の基本情報

住所: Klaeng, Mueang Rayong District, Rayong 21160(サメット国立公園)
アクセス:バンコクのスワンナプーム国際空港からタクシーで約2時間、バンベー港から船(約30分)
入島料:外国人約200バーツ、タイ人約50バーツ
2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
[たびねす]ビーチ&夜遊び!タイ「サメット島」観光ツアーを楽しむ旅行ガイド
https://www.travel.co.jp/guide/article/18392/
[たびねす]タイの詩人が愛した恋の聖地!バンコクから近い島「サメット」
https://www.travel.co.jp/guide/article/20498/
[たびねす] 秘島でシンプル生活しタイ!「サメット」バンガロー&ホテル5選
https://www.travel.co.jp/guide/article/18822/
[たびねす]鳴き砂と青い海!サメット島の絶景ビーチ「サイケオ・ビーチ」
https://www.travel.co.jp/guide/article/20466/
サメット島 タイ国政府観光庁
http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=171

【トラベルjpナビゲーター】
沢木 慎太郎

関連記事

提供元:トラベルjp<たびねす>

シェア Google+
P R