ホーム 旅行&おでかけ > 伊東市「小室山公園」つつじ祭りと伊豆随一の大パノラマが美しすぎる!

伊東市「小室山公園」つつじ祭りと伊豆随一の大パノラマが美しすぎる!

2021.04.22

伊東市の「小室山公園」は、360度の大パノラマが楽しめる伊豆随一の絶景スポット。山頂までは観光リフトが通じており、富士山や相模湾・伊豆七島などを眺めることができます。
山麓にある40種約10万本が植栽された「つつじ園」も全国的に有名!4月中旬〜5月上旬の見頃には赤いじゅうたんを敷きつめたようになり、その圧巻の光景を眺めるため、多くの観光客が訪れます。毎年4月29日〜5月5日は「つつじ祭り」も開催!

絶景・花の名所・ハイキング!小室山公園の楽しみ方

写真:波奈 美月

「小室山公園」は、JR伊東駅から約6kmの所に位置する小室山を中心とした公園です。
標高321mの山頂の眺望は伊豆随一!山腹には恐竜広場やアスレチック広場などの子供向けの遊び場があり、山麓の"つつじ園"と"つばき園"は花の名所として全国的にも有名です。
今回は、山頂の360度大パノラマと、毎年4月中旬〜5月上旬頃に見頃となる"つつじ園"を中心に、「小室山公園」をご紹介しますね。

写真:波奈 美月

「小室山公園」の一番のお薦めは、山頂からの360度大パノラマ。山頂へは、レストハウスから観光リフトが通じており、わずか3分ほどで行くことができます。
リフトは1人乗りの簡易なもの。乗り降りをフォローしてもらえるので安心ですが、ちょっとばかりスリルを味えます。子供さんにとっては楽しいアトラクションかも!
両脇にはツツジが植えられており、見頃の時期は乗りながら美しい花を楽しめます。下りのリフトから眺める、ふもとに広がる"つつじ園"も絶景ですよ。

写真:波奈 美月

小室山は徒歩で登る事も可能です。登山コースは2種類。
「森林浴と癒し満喫コース」では、美しい景色や伊東小室桜の群落(見頃:例年2月下旬〜3月上旬)を楽しみながら、舗装された小道を登ることができます。
山腹にある恐竜広場やアスレチック広場で遊びたい場合は、「ジュラシックコース」のほうへ進みましょう。
両方のコースはしっかり整備され、20分ほどで登れるので、ご家族連れのハイキングにもぴったり!登りはリフトを使用し、徒歩で下るのもお薦めです。

伊豆随一!山頂からの360度大パノラマ

写真:波奈 美月

山頂には、木製遊歩道(ボードウォーク)とカフェが一体となった施設「小室山リッジウォーク MISORA(ミソラ)」があります。
まずは全長166.3mのボードウォークを歩き、山頂を一周しましょう。北は富士山や伊東市街、東は相模湾や真鶴半島、南は伊豆七島の大島や利島、西は大室山や天城連山と、360度の大パノラマを堪能できます。

写真:波奈 美月

ボードウォークと一体になっているカフェの名前は「Cafe・321 (カフェ サンニイイチ)」。稜線に潜り込むように作られ、屋上はボードウォークの一部になっている、ユニークな構造をしています。
店内では、相模湾に浮かぶ伊豆大島を眺めながら、「地層カフェラテ」などのオリジナルドリンクを味わうことができます。空中に飛び出しているカフェ利用者専用の「展望デッキ」も楽しめますよ。

写真:波奈 美月

カフェのすぐ前には、「小室神社」が鎮座しています。小室山は、"初日の出・初富士・初詣"が同時にできるスポットとしても人気ですよ。
山頂には、海の方へ突き出した、自由に利用できる「展望デッキ」もあります。ベンチがあるので、ゆっくり座って景色を楽しむのも良いですね。

40種類約10万本が咲き誇る!小室山公園つつじ園

写真:波奈 美月

小室山の西側山麓に広がる「つつじ園」は、全国的にも有名!約35,000平方メートルにおよぶ園内には、40種類約10万本ものツツジが植栽されています。
例年4月中旬頃から開花し始め、4月下旬頃に満開を迎えます。赤いじゅうたんを敷きつめたような光景は圧巻で、県内外から多くの観光客が訪れます。空気が澄んだ日は、ツツジのじゅうたんと一緒に富士山を眺めることもできますよ。

写真:波奈 美月

種類も豊富で、赤色の紅霧島・ピンク色の麒麟(キリン)・紫色の大紫・紅色の伊豆の輝きなどがあります。でも、もっとも多くを占める色は"赤"。そのため、見頃の時期は、赤いじゅうたんを敷きつめたようになります。
毎年4月29日〜5月5日は、「つつじ祭り」を開催!まつりの期間中は、山頂ではフリーマーケット、山麓ではご当地グルメの露店や各種のイベントが楽しめます。
※2021年は、まつり期間中、各種イベントや露店等での飲食の提供は実施しません(飲食等は、小室山レストハウス・山頂カフェにて販売)。

つつじ園の絶景ポイントは見逃せない!

写真:波奈 美月

「つつじ園」の最大の見どころは、なんといっても"つつじのトンネル"。
見おろすイメージが強いツツジですが、トンネルのツツジは驚くほど背が高く、花を見上げながら通るという、珍しい体験をすることができます。
背丈以上もあるツツジがぎっしりと両側に並び、頭上まで覆う様子は圧巻!もちろん、撮影スポットとしても大人気です。

写真:波奈 美月

もうひとつの見どころは、レストハウスへ向かう階段を登った所からの眺め。
そこから「つつじ園」を見おろすことができるんです。階段を彩るツツジの向こう側に、美しく刈り込まれた「つつじ園」が広がる光景の素晴らしさには、誰もが驚きますよ。
「つつじ園」だけが目的の場合、階段を登らずに引き返してしまいがちですが、それではもったいない!ぜひ階段を登り、高い所からの眺めも満喫してみましょう。

写真:波奈 美月

毎年「つつじ祭り」の期間中は、見頃に合わせてライトアップ(19:00〜21:00)を開催!闇に浮かぶツツジも、昼間とは違って幻想的な美しさでお薦めです。特に"つつじのトンネル"は一見の価値がありますよ。
※2021年はライトアップを開催しません。
「つつじ園」の開花状況は、「伊豆・伊東観光ガイド」に随時掲載されます。記事下の「この記事の関連MEMO」より、お出掛け前にぜひご覧ください。

名物・つつじソフトクリームとつばき園もお薦め!

写真:波奈 美月

小室山公園を訪れたら、ご当地名物「つつじソフトクリーム」(400円)はぜひ食べておきたいもの。「小室山レストハウス」で販売していますよ。
本物のツツジのエッセンス入りで、ツツジの色と香りが楽しめます。なんだか味の想像がつきませんが、食べてみるとバニラ味に近く、とても美味しいのでご安心を!
伊豆名産のニューサマーオレンジを使用した「ニューサマーオレンジソフトクリーム」も爽やかでお薦めです。

写真:波奈 美月

園内にある、もうひとつの花の名所が「つばき園」。約15,000平方メートルの敷地に、園芸種を中心に1,000種4,000本ものツバキが植栽されています。
11月初旬から4月下旬にかけて順次咲いていくので、"つつじ園"ほど目立たないですが長く楽しめます。珍しい種類も豊富で、まさに日本一の規模!毎年2月中旬〜3月中旬にかけて、ツバキの花を一輪挿しや生け花にして展示する「つばき観賞会」も開催しています。
冬場は空気が澄み、富士山や伊豆七島などがひときわ美しく見える時期。「つばき園」と併せて山頂の絶景を楽しむのも素敵ですね。

小室山公園の基本情報

住所:静岡県伊東市川奈1260
電話番号:小室山レストハウス・観光リフト 0557-45-1444
開園時間:入園自由(リフトは9:30〜16:00)
リフト料金:
大人(中学生以上) 往復600円、片道350円・子供(4歳以上) 往復300円、片道180円
※10kg未満の小型犬は抱っこで乗車できます。
※1人乗りのため、足腰の弱いかたは乗車できない場合があります。
駐車場:
・あり、無料
・つつじの見頃時期は有料、臨時駐車場を開設(9:00〜16:00・500円)
※2021年の有料期間は4月17日〜5月5日を予定
アクセス:
・伊豆急川奈駅より徒歩約20分
・JR伊東駅より小室山リフト行きバス約25分
・小室山リフト下車・東名沼津ICより国道1号線経由約80分
2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
伊豆・伊東観光ガイド
https://itospa.com/index.html
小室山観光リフト
https://www.tokaibus.jp/business/lift.html

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
波奈 美月

関連記事

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)