ホーム 旅行・おでかけ > 絶景も温泉も!ホスト滞在型Airbnb民泊で楽しむ伊豆の女子旅

絶景も温泉も!ホスト滞在型Airbnb民泊で楽しむ伊豆の女子旅

2018.04.26

「久しぶりに旅をしたいなあ…」学生時代の友人にメールでつぶやいたら、海を見に行こう!という話に。 それなら泊まりたい宿がある。Airbnbで見つけた相模湾を一望する絶景の民泊宿。南仏のプチホテルみたいな瀟洒な舘で温泉も付いている。その上、ホストさんの作るデモ料理がメチャ旨らしい――。憧れの南仏は遠いけど伊豆なら行ける!まるで南仏みたいな風景と瀟洒な舘へ民泊女子旅、胸トキメかせて出発です。

まるで南仏コートダジュールの鷹巣村!

写真:フルリーナ YOC

私はグーグルアースのネットサーフィンが大好き。地図と写真を見比べながら、絶景の地と宿を求め彷徨います。そしてここ数年ハマっているのが、個性的な民泊物件を探す事。本物のお城に泊まれたり、様々な体験ができたり・・・時間を忘れて検索してしまいます。
今回の宿泊先も、ネットサーフィンで見つけた「いつか泊まりたい宿」リストに入っている一つ。友人も私も久しぶりの女子旅、ワクワクしながらスタートです。

写真:フルリーナ YOC

今回宿泊する「バルモラル」は、熱海から電車で12分の網代が最寄駅。品川からだと新幹線で1時間強!東京からお仕事帰りだってふらっと行けちゃう距離です。
駅からタクシー5分ほどで到着した「バルモラル」は、青い海を眼下にする絶景ポイントに建っていて、私たちは「ワァ〜!すごい!」を連発!だって、まるで南仏コートダジュールの鷹巣村みたいなんですもの!

写真:フルリーナ YOC

今回の民泊はホスト滞在型なので、ホストのYoshikoさんがいろいろお世話をしてくださいます。
彼女は12年間オーストラリアで働いた後、東京でOLをしていましたが、自然豊かな海が見える地に住みたいと、このプール付きの家を購入。以後、東京へ新幹線通勤をしていたけれど、この場所が好きすぎて仕事をやめてしまったのだそうです。

暖炉もあるリビングで寛ぐ夢時間

写真:フルリーナ YOC

玄関を入り、寝室に荷物を置くと、素敵なリビングに案内されました。ここはホストの生活空間ですが、Yoshikoさんは私たちを友人のように招き入れてくれます。
高い天井のリビングには、アンティーク家具やグランドピアノが置かれています。音響も抜群なこの空間を使い、地元の方々とサロンコンサートやパーティーを開くこともあるそうです。
冬には暖炉に火が入り、夏は海を見ながらプールで泳ぐ・・・。女子憧れのリゾートライフ、実現はできなくても、こうして民泊で手軽に体験出来ちゃうなんて幸せ!

写真:フルリーナ YOC

Yoshikoさんの家族は可愛いワンちゃん「ET」。番犬や留守番も立派に務めるお利口さんです。今回は友人との相性がバッチリだったようで、彼女のお腹の上で甘えっぱなし。ETに会うのを楽しみに再訪するリピーターさんもいるのだとか。こんな触れ合いができるのも民泊ならでは!

写真:フルリーナ YOC

「バルモラル」は、相模湾を一望する標高300メートルの山肌に建ち、初島はもとより晴れた日には房総半島まで見渡せます。Yoshikoさんはこの家の4代目オーナー。3代目オーナーはフォトグラファーで、このリビングを撮影スタジオに使っていました。そのためこんなふうに、高いところから写真も撮れちゃうんです。
素敵なリビングで美味しいコーヒーをいただき、絶景の海を眺め、私たちはすっかり憧れの南仏女子旅気分!

Cooking Demo体験!オーナーホストから料理のコツを伝授

写真:フルリーナ YOC

滞在型の民泊では、ホストがどんな方なのかも大きなチェックポイント。私たちもレビューをしっかり読んで参考にしました。その結果選んだ今回の民泊女子旅は大成功!Yoshikoさんはレビュー通りフレンドリーで、とても楽しい滞在となりました。
滞在中は女子力アップをめざしCooking Demoもリクエスト。料理上手と評判のYoshikoさんは、大きな窓から時折目を海に移しながら、楽しそうにお料理を作ります。様々な顔を見せてくれる空や海を見ながら料理をするのは最高の幸せなのだとか・・・。こんな生活、本当に憧れちゃいます!

写真:フルリーナ YOC

そうして出来上がったDemo料理は、高級レストランにも負けない美味しさ。しかもデモンストレーションなのでいろいろな質問にも答えてくれます。
そのうちのいくつかをご紹介しますね。こちらの写真のDemo料理は「赤海老のエビのグリルとホウボウのお刺身」。伊豆の新鮮な食材を使い、素材の味を最大限に生かした贅沢な前菜です。

写真:フルリーナ YOC

こちらは舞茸と自家燻製のポークのクリームリングイーネ。自家燻製のポークがメチャ旨!トロトロ燻製ポークと香り立つ舞茸のコラボも絶品でした。
舞茸の香りに感動し、作り方のコツを聞くと「舞茸は水分が抜けるまでしっかり炒めると香りが立つのよ」とのこと。これは舞茸loveの私には嬉しい情報!
夕食試食会では、窓からロマンティックな海と星空を眺めながら、仕事も家庭も忘れて至福のひと時を過ごしました。

温泉と絶景の日の出をGet!

写真:フルリーナ YOC

そして「バルモラル」のもう一つのお楽しみは温泉!網代温泉から引かれた温泉は、なめるとしょっぱい塩化物泉で、とてもよく温まります。温泉はかけ流しなので清掃中以外いつでもOK。
その上、浴室から海が眺められるんです!私は滞在中3度、夕景・夜景・日の出と様々な海の表情を温泉から満喫!日の出温泉では、思わず「贅沢すぎる〜!」と歓喜の声をあげちゃいました(笑)。私は3度でしたが、歴代ゲストの中には1日5度入った強者もおられるとか。
「バルモラル」以外にも、Airbnbには温泉付きの素敵な民泊が全国に多数あるので、温泉好きは要チェック!

写真:フルリーナ YOC

私たちが泊まった寝室は、ロッキングチェアも置いてある可愛らしいお部屋。ベッドも枕も寝心地のいいものでした。エキストラベッドも使えるので、3人〜4人でも宿泊可。次回は今回参加できなかった友人も誘って、女子4人旅で再訪しようとリピを決意!

写真:フルリーナ YOC

「バルモラル」は、大きなピクチャーウインドウから海を正面に望みます。翌朝の予報は曇りだったので「晴れますように!」と祈りながら、いつもはまだ寝ている時間に目覚ましをセット。
そして翌朝・・・予報を覆し天気は晴れ!まるで絵画のように幻想的な日の出を見ることが出来ました。実はこの日は私の誕生日。誕生日の朝に、こんな美しい日の出の海を、部屋からも温泉からも楽しめるなんて、もう最高!

住むように楽しむ民泊の魅力

写真:フルリーナ YOC

Airbnbにはホストが別の家に住んでいる「まる貸し」タイプと、ホストが住んでいる家の部屋を借りる「ホスト滞在型」タイプがあります。「ホスト滞在型」では、ホストの生活空間を共有させていただくので、ホストのライフスタイルの魅力を垣間見られる楽しみも!
今回のステイでは、地元の食材を使った美味しい料理や伊豆の風景を生活の中で楽しむ、Yoshikoさんの自然と共存した豊かな暮らしぶりを一緒に楽しませてもらえた、素敵な女子旅となりました。ホテルとはまた違った、住むように楽しめる民泊の魅力・・・これはハマリそうです。

写真:フルリーナ YOC

今回訪れた網代は、熱海と伊東の中間地点で、レジャースポットもいっぱい。私たちは民泊に向かう前に、「アウトドアビレッジ曽我浦」でピザ作り体験ランチを楽しみました。ここも美しい海を目の前に、ピザ作りやバーベキューができる女子旅おすすめスポット!

写真:フルリーナ YOC

民泊後は伊東を散策。国の登録文化財として公開されている、かつての老舗旅館「東海館」を見学。そして女子旅のシメはやっぱり甘味!美しい庭園を望むレトロな喫茶室であんみつを堪能しました。

自分の望むスタイルのステイができる民泊

ふと思い立って出かけた民泊女子旅。瀟洒な舘の中で絶景&温泉&美食を満喫し、ホストのYoshikoさんと楽しく語らうステキな時間となりました。
様々な形態があるので、自分の旅のスタイルや好みに合わせてチョイスできるのも民泊の魅力。帰ったとたん、次回の旅を妄想しつつ、宿を捜しネットサーフィンしています。
2018年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
取材協力:Airbnb

【トラベルジェイピー・ナビゲーター】
フルリーナ YOC

関連記事

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

シェア Google+
P R