ホーム 旅行&おでかけ > 「郷の駅 ホッときもべつ」で名産の”アスパラガス”をお土産に買おう!北海道

「郷の駅 ホッときもべつ」で名産の”アスパラガス”をお土産に買おう!北海道

2022.05.09

札幌から国道230号線をドライブ、中山峠を超えた場所に「郷の駅 ホッときもべつ」があります。正面に「尻別岳」、西方向に「羊蹄山」の絶景が広がる素晴らしい場所。
喜茂別町はアスパラガス発祥の地として全国的にも有名。その理由の1つが豊富な水資源。そのおかげで良質なアスパラガスが生産されているのです。ぜひ北海道に来た際は、ホッときもべつを訪れて、特産品のアスパラガスをお土産に購入してみましょう。

「郷の駅 ホッときもべつ」とは?

写真:ミセス 和子

「郷の駅 ホッときもべつ」は、正面に「尻別岳」が見える場所にあります。青空に浮かぶ白い雲と残雪の尻別岳が美しく、つい立ち寄ってみたくなる道の駅です。視点を変えると、西の方角には羊蹄山も見えるでしょう。

写真:ミセス 和子

郷の駅 ホッときもべつは、縦長の建物で壁面には、喜茂別町の特産品「アスパラガス」をモチーフにしたキャラクター、明日男(あすお)君とパラ子ちゃんが描かれています。キャラクターの、顔出し撮影スポットもありますよ。
建物内には、喜茂別ならではの美味しい物が勢揃いしています。それでは中に入っていきましょう。

特産品の「アスパラガス」をお土産に!

写真:ミセス 和子

野菜直売コーナーでは、北海道の地域ブランド「喜茂別のアスパラガス」が販売されています。喜茂別産のアスパラガスが美味しいと言われる理由は、羊蹄山麓高原地帯の澄んだ空気と水、カルシウムを多く含んだ土壌、そして朝晩の寒暖の差です。美味しいだけではなく、美肌や健康にも良いと言われています。
喜茂別町ではアスパラガスの他にも、ジャガイモやニンジン、かぼちゃ等の野菜の特産品が豊富に販売されていて、その場で地方発送も可能です。

写真:ミセス 和子

「アスパラガスピクルス」の瓶詰めは、喜茂別町産の新鮮なホワイトアスパラに、良質のりんご酢と香辛料で仕上げた甘酸っぱい味わいのピクルス。ホワイトアスパラは、一定の期間でしか味わえない旬の短い野菜ですが、ピクルスの瓶詰めなら一年中美味しくいただけます。

冷やして美味しい「アスパラスープ」!

写真:ミセス 和子

元気応援「アスパラスープ」は、喜茂別産のグリーンアスパラを100パーセントを原料にしたポタージュスープ。アスパラの風味と生クリームの美味しさがミックスされた味わいです。
温めても、冷やしても美味しいのですが、冷やしていただくのがお勧めです。

写真:一般社団法人 きもべつ観光協会

元気応援スープは、アスパラスープだけではなく、「トマトスープ」や「コーンつぶつぶスープ」等も揃っています。これらのスープは、地元のお母さんたちとクレードル興農、観光協会が協力して完成させた喜茂別の美味しい特産スープとして販売されています。

アスパラ入り「明日男とパラ子の特製ラーメン」

写真:ミセス 和子

喜茂別町が誇る「明日男とパラ子の特製ラーメン」は、道産小麦とアスパラの粉末を練り込んで作った麺を使った、インスタントラーメン。パッケージの袋の印象から、ラーメンはみどり色を想像する方も多いと思いますが、調理してみると普通のラーメンより少し濃い色をした縮れ麺です。スープも美味しく、トッピングを工夫すると豪華なラーメンが出来上がります。

フードコートでランチも!

写真:ミセス 和子

ホッときもべつのフードコーナーは、40種類のバラエティにとんだメニューが勢揃いしています。写真は人気メニューの「農村カレー」、味噌汁と漬物が付いて750円。まるごと揚げたじゃがいもや、大きく切ったピーマンや茄子、ニンジン、エノキ等、羊蹄山山麓の野菜がたっぷり入った美味しいカレーです。

写真:ミセス 和子

「なめこうどん」は、地元産のなめこや梅干し、とろろ芋がトッピングされて520円。とろろ芋やなめたけこが、うどんと一緒につるんとした食感でいただける、美味しいなめこうどんです。

「喜茂別 郷の駅”AspeiLa”」の基本情報

住所:虻田郡喜茂別町字喜茂別306-3
店名:郷の駅 ホッときもべつ
TEL:0136-55-6755
営業時間:10:00〜16:00(月により変動あり)
定休日:無休(冬季は不定休)
駐車場:40台
自家用車の場合のアクセス:新千歳空港より国道276号線を経て約2時間
中央自動車道、虻田洞爺ICより約40分
中山峠頂上より約30分
2019年6月の情報です。詳しくはホームページでご確認ください。

■関連MEMO
北海道喜茂別町の観光情報サイト
https://kimobetsu-kankou.com/information/76/

【トラベルjp・ナビゲーター】
ミセス 和子

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ