ホーム 旅行&おでかけ > 大阪で海風感じるビアガーデン!「Escape to Bali」ハイアットリージェンシー大阪

大阪で海風感じるビアガーデン!「Escape to Bali」ハイアットリージェンシー大阪

2021.07.29

大阪市内にいながら、バリ島でリゾートを満喫しているかのような雰囲気でビアガーデンを楽しめるのがハイアットリージェンシー大阪のペルゴラです。
2021年のテーマはバリ。サテアヤム(チキンの串焼き)やナシゴレン(焼き飯)、レモングラスを使った前菜、マンゴーサゴ(タピオカココナッツミルク)などのスイーツもスタンバイ。生ビールのほか、カラフルカクテルも作れるおいしい楽しいが詰まったガーデンBBQです。

ヤシの木が生い茂るビアガーデンではバリ舞踊も

写真:ハイアットリージェンシー大阪

ハイアットリージェンシー大阪のビアガーデンは毎年テーマが変わり、世界各国のオリジナル料理を堪能しながら、キンキンに冷えた生ビールのほか、ハイボール、オリジナルカクテルを飲むことができます。2021年のテーマは「Escape to Bali」。
自由に海外旅行に行くことができない今、気分だけでもバリ島へ逃避行している気分になれるガーデンBBQです。
バリ料理に必須のレモングラスやチリソースを使ったダイナミックでカラフルな料理は、50種類以上もあり、どこから制覇したらいいか迷うほど。うれしい悲鳴があがるはず!

写真:浮き草 ゆきんこ

宿泊棟の横にある建物の9階がバリ島へ逃避行する入口。大阪ベイサイドに位置するホテルの9階は海風が心地よく吹き付け、暑い夏の日でも日が沈んでくると涼しく感じるほど。
さらにヤシの木や天然芝、リゾートを思わせる木のテーブルとイスなどが配置され、海外リゾート気分満載です。

写真:浮き草 ゆきんこ

週末には、バリ気分を一気に盛り上げてくれるバリの伝統舞踊も開催。バリの伝統楽器「ガムラン」の音色とともに民族衣装に身を包んだ女性がしなやかに踊りを披露してくれます。カランコロンという管楽器の音とバリ独特のゆるやかなメロディーに耳を傾けていると、本当にバリにいるような気分に!
※バリの伝統舞踊:毎週金曜・土曜・お盆・シルバーウィークは、1日2回の伝統舞踊を開催

フルーツジャーカクテル&ビールアートが楽しい!

写真:浮き草 ゆきんこ

暑い日差しを浴びているとまずは一杯!となりますよね。早速、会場中央にあるドリンクステーションへ。
生ビールサーバーはもちろん、ハイボール、トロピカルレモンサワー、フローズンカクテルなどのサーバーがずらり。
中でもおススメなのがオリジナルのフルーツジャーカクテルです。

写真:浮き草 ゆきんこ

カシスやピーチ、フランボワーズなどのカクテルベースに、炭酸水、ジンジャエール、カットフルーツを組み合わせてカクテルを作ります。カクテル作り初心者でも心配ご無用。ラムベースのトロピカルな南国風カクテルのレシピが置いてあります。
爽やかな後味のモヒートは、ラム+ライム+ミントシロップ+ソーダで完成!ミントシロップを入れすぎると、ちょっと毒々しい色になるので、少な目にいれるのがポイントです。

写真:浮き草 ゆきんこ

ビアガーデンの主役、ビールサーバーももちろんスタンバイ。キンキンに冷えたグラスを冷蔵庫から出し、ビールサーバーにセットするとグラスが傾き、ビールの上になめらかな口当たりの泡をたっぷりとのっけてくれます。
さらに、ビールサーバーの隣にある機械に生ビールをセットし、画面に映っている好みのイラストをタップすると、数秒でビールアートの出来上がり!
テーブルにもっていく間に薄くなってしまうので、撮影するなら出来立てを狙ってください。

BBQのオススメは「サテ アヤム」

写真:浮き草 ゆきんこ

BBQコーナーでは、シェフがビーフや魚介類を絶妙な焼き加減で焼いています。じっくり焼いたビーフは香ばしく、かむごとに肉汁が口の中いっぱいに広がるジューシーさ。柔らかいのでいくらでも食べられちゃいます。
その他、白身魚のバナナリーフ包み焼き、アジア風のピリ辛味付けの海老のチリソース炒め、ハーブとライムでマリネしたイカのグリルなど、単にBBQするだけでなく、バリ風に一工夫された味付けがポイント!

写真:浮き草 ゆきんこ

バリ名物のチキンの串焼き「サテ アヤム」やバリ風の味付けをした鶏のつくねもアジアンな味わい。バリを思わせる香辛料をたっぷりとつけて焼いた串焼きはそのままかぶりついちゃってください。

写真:浮き草 ゆきんこ

BBQにはオリジナルソースをお好みで。定番のBBQソースや焼き肉ソースのほか、インドネシア料理のピリ辛には欠かせないサンバルを使ったチリソースなどもスタンバイ。レモングラスとチリサンバルをミックスしたサンバルマターは後味さっぱり効果があるので肉料理にはぴったり。
いろいろミックスしてオリジナルソースを作るのもオススメです。

ガランガーやレモングラスなど現地調味料を使った本格派の料理

写真:浮き草 ゆきんこ

インドネシアの辛味料理に必須のサンバルや生姜のような香りと味わいのガランガー、レモングラスなど東南アジアで使われるスパイスをふんだんに使った前菜も見逃せません。
ボイル海老と野菜のサラダにはレモングラスとライムリーフを混ぜて、後味爽やかに。ベジタブルサラダにはココナッツおろしをたっぷりと添えて、マンゴードレッシングをかければアジアンサラダの出来上がり!
一押しはツナのグリルとインゲン豆のサンバル和え。バリに行ったことがある人なら懐かしい!と思わず口にしてしまうほどの味わい。ぜひお試しを。

写真:浮き草 ゆきんこ

バリの焼き飯「ナシゴレン」には目玉焼きをトッピング。シュリンプクラッカーと一緒に食べるのがバリ風です。
ナシゴレンはさっぱりとした味なので、チキンをカルダモンソースで煮込んだ「オボールアヤム」をかけてカレー風に食べるのもおすすめ。

写真:浮き草 ゆきんこ

バリ島の伝統料理「バビ・グリン(豚の丸焼き)」は、ターメリックやカルダモンなど数種類のスパイスをミキサーで攪拌した特製スパイスを使用。豚バラ肉に特製スパイスをすりこみ、ロール状にしてじっくり焼き上げることで中はしっとりジューシー、皮はぱりっと食感が実現。
本格的なバリの皮つき豚バラ肉のロースは要チェックです。

〆のスイーツもバラエティー豊か

写真:浮き草 ゆきんこ

飲んで食べた後はやっぱりスイーツ!フルーツを天ぷら風にあげるのがバリ風スイーツの定番。揚げバナナや揚げアップルは口の中にほどよく柔らかくなったフルーツがじゅわーっと染みわたります。

写真:浮き草 ゆきんこ

フルーツタルトにはドラゴンフルーツやマンゴーなど南国スイーツがたっぷりトッピング。パイナップルやグレープフルーツなどのフルーツもボウルに用意されているので、オリジナルフルーツタルトを作っても〇
南国リゾートらしいマンゴータピオカココナッツミルクもスタンバイ。ツルンとしたのど越しのタピオカとほんのり甘いココナッツミルクが絶妙にマッチ。

写真:浮き草 ゆきんこ

ソフトクリームサーバーもあるのがうれしいポイント。バニラ、チョコ、ミックスの3種類があります。バニラやチョコが濃厚な味わいでなかなか本格派のソフトクリーム。オリジナルカクテルにトッピングするのもありですよ!

気分は南国リゾート

海外旅行に行きたい〜とうずうずしている皆さん!大阪のベイサイドで海外リゾート気分を味わいながら冷たいビールを飲めば、気分爽快間違いなし!
2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ハイアットリージェンシー大阪(外部リンク)
https://osaka.regency.hyatt.com/ja/hotel/home.html

【トラベルjp・ナビゲーター】
浮き草 ゆきんこ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ