ホーム 旅行&おでかけ > ホテル雅叙園東京「和のあかり×百段階段2021」

ホテル雅叙園東京「和のあかり×百段階段2021」

2021.07.03

日本の夏を彩る都内最大級のあかりアート展が、目黒「ホテル雅叙園東京」の東京都指定有形文化財「百段階段」で、2021年7月3日(土)〜9月26日(日)まで開催されています。「ニッポンのあかり、未来のひかり」をテーマに、日本ならではの感性と技術によって生み出される「和のあかり」が文化財を彩ります。今年も全作品写真撮影が可能です。インスタ映えスポット満載の和のあかり展をご紹介しましょう。

有形文化財と和のあかりのコラボ

写真:結月 ここあ

東京都目黒区にある日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」は、美人画や花鳥画がそこかしこに描かれ、トイレの中までも螺鈿細工を惜しげもなく使った豪華絢爛な世界を感じることができる、和モダンの素敵なホテルです。
会場となるホテル雅叙園東京の「百段階段」は、東京都指定有形文化財で、1935年に建てられた唯一の木造建築。その昔、華やかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。各部屋はそれぞれ趣向を凝らし、その装飾の美しさから昭和の竜宮城と呼ばれていました。その百段階段を和のあかりで美しく照らします。

写真:結月 ここあ

2021年のテーマは、「ニッポンのあかり、未来のひかり」で、日本五大風鈴や切子・陶芸・月山和紙・琉球ガラスなど、北から南まで日本各地のアートが集まり百段階段を一段一段上るたびに、日本文化を旅するかのような展示構成になっています。
百段階段の入り口、プロムナードには、あかりの原点といわれる提灯が並びます。名古屋提灯は伝統的な模様から、現代の暮らしにも映えるデザインもあり新鮮です。
展示会場は全期間・全時間帯で撮影が可能で、フォトスポットも多数あり浴衣姿も映えますよ。

写真:結月 ここあ

百段階段最初の部屋は、荒木十畝による四季の花鳥画が描かれ、黒漆の螺鈿細工が見られる重厚感のある「十畝(じゅっぽ)の間」。
展示テーマは「癒しの森」で、独自の折り方を組み合わせることで、幾何学模様の造形をうみだす「ORITERASU」。独創的なフォルムは、紙の彫刻のようです。笙とテルミンの音色が清涼感を醸し出し、床に映り込むさまは、森の中の湖に浮かんでいるようです。

浴衣姿が映えるスポットも満載

写真:結月 ここあ

金箔・金泥などで仕上げられ、彩色木彫りと日本画に囲まれた7つの部屋の中でも一番豪華賢覧な「漁礁の間」。華やかな七夕の空間アートです。美しい着物に、山鹿灯籠まつりの和傘が花を添えます。

写真:結月 ここあ

かぐや姫をテーマに、ディップアートの技法で作られた美しいかんざし「蓬莱の玉の枝」も飾られています。

写真:結月 ここあ

漁礁の間の入り口には、このように短冊エリアもありますので、願い事を書いてみませんか。

涼風を運んでくる風鈴の音色

写真:結月 ここあ

磯部草丘の四季草花絵に、面腰組子の障子建具の美しい「草丘の間」は、月夜に照らされる竹林と夜風に鳴り響く風鈴のイメージで、展示テーマは「風のあかり」。
古来より風鈴は厄を祓うと言われてました。日本を代表する五つの風鈴は、南部鉄風鈴・江戸風鈴・小田原風鈴・鋳物真鍮風鈴・火箸風鈴が美しい音色を奏でます。

写真:結月 ここあ

これは五大風鈴の一つである、鋳物・真鍮風鈴です。モダンなデザインが美しい。

ひかりが当たると輝きも変わるガラスたち

写真:結月 ここあ

二間続きの「静水の間」の展示テーマは、「ガラスのあかり」。色合いや技法などの異なった、日本各地の様々なガラス工芸を紹介しています。
どれも見事なものばかりですが、特に江戸切子の硝子の文鎮は、切子模様の美しさや澄んだ輝きに目を奪われます。

写真:結月 ここあ

沖縄の海の色のような、美しい琉球グラス。南国ならではの色合いの琉球グラスは、1300度の窯とガラス職人の感性によって生み出される沖縄ならではの文化です。

写真:結月 ここあ

薩摩切子は鮮やかで澄んだ色が特徴で、透明ガラスの上に色ガラスを厚く被せて作られています。この美しいグラデーションもご覧くださいね。

温かいひかり

写真:結月 ここあ

板倉星光の草花が描かれている「星光の間」の展示テーマは「紙のあかり」。紙を素材としたあかりの世界。心のふるさとを思わせる味わい深い空間が広がります。
この可愛いランプシェードは、月山和紙をつかったもの。やさしいあかりは、こころが休まる空間を作ってくれます。

写真:結月 ここあ

美人画の大家、鏑木清方が愛着をもって造った茶室風の「清方の間」の展示テーマは「木のあかり、土のあかり」。自然の素材による様々の表現は、ひかりの美しさや造形の楽しさを体感できます。
こちらは、3000本の竹ひごを使ったシェードです。精巧でいてしなやか、漏れるひかりも美しい。

写真:結月 ここあ

これは珍しいひょうたんのランプです。影絵のように浮かび上がる花模様が美しいです。また頂上の間には、金魚ちょうちんなどが所狭しと並びます。
いかがでしたか、今回ご紹介した以外にも、見どころや撮影スポットがたくさんありますので、夏の思い出の一枚を残してみませんか。
暑い夏のお出かけに、東京旅行の計画にも、年齢を問わずお勧めなスポットです。和のあかり展で日本の美を感じてみましょう。

「和のあかり×百段階段2021」の基本情報

住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
電話番号:03-3491-4111
アクセス:目黒駅(JR山手線・東急目黒線・地下鉄南北線・三田線)より徒歩3分
目黒駅・品川駅から無料ホテルバスあり(詳しくは公式サイト参照)
開催期間:2021年7月3日(土)〜9月26日(日)会期中無休
開催時間:11:30〜18:00(最終入館17:30)
※土曜日及び、7月22日・23日・8月8日〜13日・9月19日は20:00迄(最終入館19:30)
8月21日(土)は17:00迄(最終入館 16:30)
後半は混雑が予想されますので、お早目の来場がおすすめです
2021年7月の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
ホテル雅叙園東京(外部リンク)
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/
「ホテル雅叙園東京」は、豪華絢爛ド肝を抜く昭和の竜宮城!?
https://www.travel.co.jp/guide/article/6858/

【トラベルjp・ナビゲーター】
結月 ここあ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)