ホーム 旅行&おでかけ > 世界を旅するアフタヌーンティー!「サクラカフェ&レストラン日暮里」

世界を旅するアフタヌーンティー!「サクラカフェ&レストラン日暮里」

2021.10.23

下町情緒あふれる「谷中ぎんざ商店街」のすぐ裏通りにあるホテル1階、インターナショナルな料理が楽しめる「サクラカフェ&レストラン日暮里」。こちらでは、2021年10月1日よりスタートした「世界のデザートと東北牧場産野草を使ったオリジナルアフタヌーンティー」が話題を集めています。世界のお菓子とユニークな野草スイーツを堪能して、世界旅行した気分を味わってみませんか?

ホテル宿泊客以外も利用可能なカフェレストラン

写真:猫田 しげる

賑やかな「谷中ぎんざ商店街」からすぐの好立地。泊まり客は海外の方が多いですが、1階カフェレストランは誰でも気軽に利用できます。

写真:猫田 しげる

Wi-Fiも無料。個室もあり、テレワークやちょっとしたミーティングにも重宝されます。

エキゾチック&ヘルシーなアフタヌーンティー!

写真:猫田 しげる

こちらがアフタヌーンティーセットです!約150カ国のゲストを迎えるサクラホテルのパティシエが作る世界のデザートと、グループ会社である「東北牧場」の完全無農薬食材を使用したデザートや軽食がハイティースタンドに盛られてきます。2021年10月にスタートし、初日から大反響でした。価格は1名分税込2700円です。※写真は2名分です

写真:猫田 しげる

アフタヌーンティーのドリンクは飲み放題!コーヒー、紅茶、ジュースほか、「野草茶」などがあります。
実はこのホテルの推しは直営の「東北牧場」で育てた野菜やハーブ、野草。レストランの料理にも自家栽培の野菜を使っていたり、野草メニューがあったりと、安全性や健康にこだわっています。

写真:猫田 しげる

5名以上なら個室でもいただけるので、家族やママ友と気の置けない時間を過ごすのも良いですね!

アゼルバイジャンにコロンビア、ベトナムまで!

写真:猫田 しげる

1段目はマフィンとプリン、スコーンです。
スコーンは抹茶ではなく「東北牧場」で育てられた野草ハーブを使ったもの。鮮やかな緑色がインパクト大ですね!ほろ苦い味わいで、東北牧場の柿で作った甘いジャムとマッチングしています。
プリンは、こちらも東北牧場で養鶏したこだわりの卵を使用。昔ながらのしっかり食感で、卵の香りがとても良い! さらっとした卵の味の特徴を巧みに活かし、甘さを極力抑えた、「卵を食べるプリン」です。

写真:猫田 しげる

2段目はケーキ。手前から時計回りに、シソとクワノハのゼリー、シェチェルブラ(クルミとカルダモンのパイ包み焼き/アゼルバイジャン共和国)、トルタ・マリア・ルイサ(ベリージャムとオレンジのサンドケーキ/コロンビア共和国)、人参の2層ムース、マルヴァ・プディング(南アフリカ風焼きケーキ/南アフリカ共和国)、クッキーガナシュ、野菜ガトーショコラです。
野菜やハーブは東北牧場産。日本の大地と世界の味のコラボで、どれも体に良さそうですね!
「シェチェルブラ」は餃子のようなビジュアルですが、パイ生地の中に粗糖とクルミのザクザクとしたフィリングが入り、クミンの香りがエキゾチック。「マルヴァ・プディング」は外側さっくり、中はしっとり、アプリコットジャムがアクセントになった焼き菓子です。

写真:猫田 しげる

3段目はセイボリー。今話題のベトナム風サンドイッチ「バインミー」に、アチャール(香辛料を使ったインドのピクルス)、ミニトマトのコンポートです。
バインミーはカリッと香ばしいフランスパンに、ダイコンと人参の甘酸っぱいなますのような漬物と、豚肉がサンド。本格的な味わいです!
アフタヌーンティーの内容はフルーツや野草の旬によって常に変わります。毎回同じではないので、何度行っても飽きずに楽しめますね!

他のメニューもお見逃しなく……

写真:猫田 しげる

アフタヌーンティー以外にもサクラカフェには魅力的なメニューがいっぱい。多国籍なスタッフが自国のレシピを持ち寄った各国料理料理がズラリと揃います。写真のトルコ風サバサンドほか、カオマンガイ、韓国料理のポッサムなどなど…。しかも朝はモーニングも提供しているので、フレキシブルに利用できますよ!

谷中さんぽの途中にアフタヌーンティーでゆったり!

大勢の観光客で賑わう谷中は、カフェも混んでいることが多いですよね。そんな時に「サクラカフェ&レストラン 日暮里」を覚えていると便利! ドリンク飲み放題のアフタヌーンティーセットで、ゆったり長居してしまいましょう!

■関連MEMO
サクラカフェ&レストラン日暮里
https://www.sakura-cafe.asia/nippori/

【トラベルjp・ナビゲーター】
猫田 しげる

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ