ホーム 旅行&おでかけ > 異人館にスイーツも!女子旅にもおすすめ神戸観光1日モデルコース

異人館にスイーツも!女子旅にもおすすめ神戸観光1日モデルコース

2021.07.20

明治期の開港から日本人と外国人が共に暮らし、ほかの都市にはない独特のハイカラ文化が生まれた神戸。そのおしゃれな伝統が現在でもいきづく街は、女性同士で楽しむにもお勧めです。そこで神戸の1日モデルコースをご紹介します。ハーブ園で癒されたり、神戸スイーツをあれこれ味わったり…。北野の異人館街や南京町に栄町、人気のウォーターフロントも。フォトジェニックな神戸をたっぷり楽しんでください。

午前:まずは神戸の景色を体感できる「布引ハーブ園」へ

写真:万葉 りえ

旅の始まりは、海と山に挟まれた神戸の風景を気軽に体感しに、新神戸駅から近い神戸布引ハーブ園へ行ってみましょう。歩いても登れますが、やはりおすすめはロープウェイ。新幹線で新神戸に降り立ち、ホームから赤いゴンドラが動いていくのを見た方もいらっしゃるでしょう。乗り場は駅の西方向にあり、新幹線の駅から地下鉄へと向かうエスカレーターの乗り口にもハーブ園への表示が出ています。

写真:万葉 りえ

ここは日本最大級のハーブ園。12もの庭園で良い香りに癒されるだけでなく、眺望の良さもおすすめする理由です。ロープウェイから降りればすぐに神戸の市街地を見下ろせ、ローズガーデンの奥からも海沿いに広がる大阪方向の風景がご覧いただけます。
また、女子心くすぐるのが、迷うほどある香りのお土産品や併設されたレストランのハーブを使ったメニューです。ここで軽く昼食を取っておかれてもいいかもしれません。

写真:万葉 りえ

<神戸布引ハーブ園の基本情報>
住所:兵庫県神戸市中央区北野町1丁目4-3
電話番号:078-271-1160
アクセス:新神戸駅西側

昼:神戸といえば「異人館」は外せない

写真:万葉 りえ

ロープウェイの下側の駅・ハーブ園山麓駅は北野通りに面しています。ちょっとお腹も満たしてハーブ園から降りてきたら、北野通りを西へ。数分で神戸の代表的観光地「北野異人館街」へ至ります。
「ラインの館」や「洋館長屋」など、公開異人館として長年親しまれている建物が並ぶ北野通り。まずは「旧パナマ領事館」のそばにあるトーマス坂を上がりましょう。北野町広場まで進めば、異人館の中でも代表的な知名度を持つ「風見鶏の館」や「萌木の館」が建っており、さらにここに「北野観光案内所」もあります。

写真:万葉 りえ

北野の公開異人館の数は20棟近くあり、もっと山側には「うろこの館」などもあります。ですから、まずここで「異人館複数館割引券」を使って、お得で無駄なく回れるように組み合わせておくのがお勧めです。
シャーロックホームズに変身できる英国館に、ドレス姿を撮っておきたい北野異人館倶楽部。また複数館にある優雅なテーブルセットの素敵さは女性同士だと話が盛り上がるでしょう。見学だけなら一館20分程度、体験などをされる場合はもう少し時間を予定してください。
<北野観光案内所の基本情報>
住所:神戸市中央区北野町
電話番号:078-251-8360

おやつタイム:「中華」も「神戸スイーツ」も

写真:万葉 りえ

異人館を楽しんだら北野通りをもう少し西へ行き、トアロードなど神戸の街を南北につなぐ通りを港方向に下りましょう。JR元町駅を過ぎたらラウンドマーク的存在である大丸神戸店が見えてきます。1階カフェはヨーロッパの街角を思わせる佇まいで人気ですが、それもそのはず、「旧居留地」という名のとおりこの辺りは外国人居留地の面影を色濃く残すエリア。歴史ある重厚なビルとハイブランドショップの街散策が楽しめます。
その西側からは元町商店街が始まり、神戸の中華街である「南京町」もすぐです。南京町広場を中心に東西と南北を通る中心道路が交差し、広場前には長い行列ができる老舗の豚まん店も。他にもテイクアウトできる店がいっぱいあるので、ちょっとずつ色々な味を楽しんでみませんか。

写真:万葉 りえ

そして外国人も御用達だった老舗がある元町界隈で忘れてはいけないのが、神戸スイーツの人気店がいくつもあることです。スイーツ店巡りが楽しめるこの界隈。各店で別々のケーキを注文して味わいあうのも女子旅の楽しみ。街歩きの中に、忘れずに予定に入れておきましょう。(人気スイーツ店は下記関連MEMOを参照ください)

写真:万葉 りえ

また、ブランド品ではないけれど他にはない素敵なものをお探しの方に足をのばしていただきたいのが、南京町の海側にある栄町です。
ここは明治から昭和にかけて東洋のウォール街と呼ばれた地。また貿易港そばなので、海運取扱業者が沢山軒を連ね賑わっていました。現在も乙仲通りを中心にノスタルジックなビルがいくつも残り、その中にこだわりの服飾・雑貨の店が入って注目されています。人気ケーキ店もあります。きっと、独特の雰囲気に神戸の違う魅力を楽しんでいただけるでしょう。

夕刻:マジックアワーは「神戸港めぐり遊覧船」で

写真:万葉 りえ

神戸にはカバンや靴のオリジナル商品を扱っている店がいくつもあるので、元町商店街の散策もお勧めです。その商店街の南側に乙仲通りがあり、さらに南側にあるのが人気が高い神戸のウォーターフロント。
そこで歩き疲れた後にうれしいのが、潮風に吹かれながら暮れなずむ港の風景をゆったりと楽しめるクルーズ船です。

写真:万葉 りえ

神戸海洋博物館・カワサキワールドやポートタワーがあるメリケンパークと、神戸ハーバーランドumieのモザイクの間にあるフェリーターミナルからは、いくつもの神戸港巡りのクルーズ船が発着します。船は大きさや時間など好みに合わせて選択できます。
船の乗船時間に余裕があれば、メリケンパークでインスタ映えの写真を狙うことも忘れないでくださいね。
<クルーズ船の基本情報>
コンチェルト:ハーバーランド高浜海岸(モザイク前)発着…優雅に楽しむクルージング
boh boh KOBE:中突堤中央ターミナル(かもめりあ)前発着…気軽にリゾート気分が味わえる、60分と90分のコースあり
オーシャンプリンス:中突堤中央ターミナル発着…異国的外観の船
ロイヤルプリンセス:中突堤中央ターミナル発着…遊覧船とは思えない豪華な船

夜:ディナータイムは港の夜景とともに

写真:万葉 りえ

そして、神戸散策の最後は、ハーバーランドの大型商業施設umieへ。地下鉄やJRからも便利で、特に高浜海岸そばにあるモザイクは映画館やお土産物店だけでなく、沢山の飲食店も入り観光客にも人気の場所です。神戸牛のステーキからカジュアルなものまで、景色を眺めながら食事を楽しめる店も多いので、旅の計画がたったなら予約をしておくのがお勧めです。
高浜海岸の先にはレンガ倉庫やライトアップされた跳ね橋、そして神戸港旧信号所などがあり、ロマンチックな港の風景も。ガス灯の通りも含めてたっぷりSNSにアップしませんか。

写真:万葉 りえ

<神戸ハーバーランドumieの基本情報>
住所:兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目7-2
電話番号:078-382-7100
アクセス:JR-神戸駅 神戸市営地下鉄-ハーバーランド駅

今も継承される「ハイカラ文化」

明治期にいち早く開港された港は他にあっても、訪れた外国人と地元民が隣り合わせで暮らすことになったのは神戸だけ。その他にはない歴史が、神戸独特の「ハイカラ文化」を生み出しました。今もその文化が継承され愛されている街は、共感しあえる人とならさらに楽しいはず。
神戸・大阪・京都は通勤通学圏内なので、夕食後に移動することも、神戸に宿泊してから翌朝移動することも可能です。美味しいパン屋の情報が常に市民の話題にのぼるほど、神戸にはクオリティの高いベーカリーもたくさん。ぜひ神戸の焼き立てパンの朝食も味わってくださいね。
※下記関連MEMOでは、2泊3日のコースやぜひ味わっていただきたい神戸スイーツの店を紹介しています。
2021年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
神戸北野異人館街公式サイト
https://www.kobeijinkan.com/
南京町商店街振興組合
https://www.nankinmachi.or.jp/
元町で厳選5店…これを食べなきゃ神戸スイーツは語れない!
https://www.travel.co.jp/guide/article/25522/
はじめての神戸2泊3日モデルコース!人気観光スポットは外せない
https://www.travel.co.jp/guide/article/30881/

【トラベルjp・ナビゲーター】
万葉 りえ

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)