ホーム 旅行&おでかけ > 十人十色の海の色!美しすぎる「五島列島」絶景ビーチのまとめ

十人十色の海の色!美しすぎる「五島列島」絶景ビーチのまとめ

2021.09.24

長崎県の西方100kmの海上にある「五島列島」は、豊かな自然と文化が根付いた秘境の島。五島を構成する島、そのどれもが圧倒的に美しい風景を数々有しており、それを象徴するのが個性豊かな「ビーチ」の存在でしょう。遠浅と白砂が生み出すスカイブルーの海、まるで宝石のようなエメラルドグリーン色の海、荒々しい大地と調和するミッドナイトブルーの海!本当に色鮮やかなグラデーションが輝く五島のビーチはどれも必見です。

五島を代表する遠浅ビーチは必見!福江島のビーチ3選

写真:土庄 雄平

五島列島の最南部に位置する「福江島」。世界遺産こそないものの、キリシタンの歴史・独自の食文化・美しい自然と、五島ならではの素晴らしい要素が凝縮された島のため、五島へ初めて訪れる際には、とてもおすすめの島です。
そんな福江島を巡る時に外せない場所が、島の西側に位置する「高浜海水浴場」でしょう!なぜなら、高台の「魚藍観音展望所」から眺めたこの景観の美しさにあります。起伏に富んだ地形と、白い砂浜、そして透き通った海が織りなす絶景は思わず見入ってしまいますよ!「日本一美しいビーチ」とまで言われる五島を代表するビーチです。
<高浜海水浴場の基本情報>
住所:長崎県五島市三井楽町貝津
アクセス:福江市街より車で約1時間

写真:土庄 雄平

そして、そんな「高浜海水浴場」と一続きになっているものの、あまり知られていないビーチが「頓泊海水浴場」です。こちらは干潮になると、広大な砂浜が現れ、その先に美しいスカイブルーの海を眺めながら、浜辺を歩くことができる点が魅力です。また、波もとても穏やかで、離島らしいゆっくりとした静かな時間が流れているので、旅情を求める人には、こちらがおすすめです。
<頓泊海水浴場の基本情報>
住所:長崎県五島市玉之浦町
アクセス:福江市街より車で約1時間

写真:土庄 雄平

また西部以外にも福江島には幾つかビーチが発達しています。北部・岐宿の「浜田海水場」は、先ほどのビーチとは様相を異にするスポット!具体的には、砂浜自体はこぢんまりとしていながらも、海の色が真っ青へと変わり、まさに大海原といった風景へと変わります。同じ島でも、場所ごとに全く表情を変えるのが、福江島の魅力でもありますね。
<浜田海水浴場の基本情報>
住所: 長崎県五島市岐宿町岐宿1155
アクセス:福江市街より車で25分

遠浅の白砂ビーチの宝庫!中通島のビーチ3選

写真:土庄 雄平

福江島と対をなし、多くの観光客が出入りする「中通島」。その魅力は、数々の見応えある教会と、各所に発達する遠浅の白砂ビーチにあります。特に、中通島の北部を指す「上五島」にはそれらが集中しているため、教会と絶景にフォーカスした旅を計画する場合は「中通島」を起点にプランニングすると良いでしょう。
そんな「中通島」の代表的なビーチこそ、有川港から車で5分のところに展開する「蛤浜海水浴場」です。干潮時には圧倒的なスケールの遠浅ビーチが展開し、その先にスカイブルーの海が広がります。街からとても近いにもかかわらず、この海の透明度!まさに五島ならではの癒しの風景ですね。
<蛤浜海水浴場の基本情報>
住所:長崎県南松浦郡新上五島町七目郷1004
アクセス:有川港から車で5分

写真:土庄 雄平

そんな蛤浜と一緒に巡って欲しいのが「ハマンナ」と呼ばれる観光客からはほとんど認知されていない上五島の絶景ビーチです。有川港から世界遺産「頭ヶ島」へ行く途中に、海へと降りていく小道を進んで行った先に、圧倒的な海のグラデーションが一気に広がります。思わず息を呑む美しさと開放感です。海の向こう側にある「ライオン岩」も良いアクセントを生んでくれますね。
<ハマンナの基本情報>
住所:長崎県南松浦郡新上五島町赤尾郷
アクセス:有川港から車で20分

写真:土庄 雄平

上五島以外にも、中通島には絶景ビーチが存在します。その代表格が南部の中心地・奈良尾にある「高井旅海水浴場」でしょう。奈良尾小学校の裏手の小さな区画に広がり、地元民に愛されるスポットです。その特徴は、ビーチの先に伸びる美しい水平線と、海の濃い青色にあります。思わず靴を脱いで波打ち際へ走り出したくなる爽快感抜群のビーチですよ。
<高井旅海水浴場の基本情報>
住所:長崎県南松浦郡新上五島町奈良尾郷
アクセス:奈良尾港から車で10分

個性を放つ入り江とカラーバリエーション!奈留島のビーチ2選

写真:土庄 雄平

世界遺産の江上教会を擁す、五島列島の中心に位置する「奈留島」。実は五島屈指の絶景を数々有していることは、意外と知られていません。それ故に、メジャーから一つ外して旅をしたいという方には大いにオススメです。
さて、そんな奈留島の特筆すべきは、こぢんまりとした島ながらも、場所ごとに全く海の色や趣が違うということ。例えば島の代表的なビーチである「宮の浜海水浴場」は、神秘的なエメラルドグリーン色を放ちます。五島の他のどのビーチにもない心奪われる風景です。
<宮の浜海水浴場の基本情報>
住所:長崎県五島市奈留町船廻
アクセス:奈留島港から車で30分

写真:土庄 雄平

その一方で、島の西部や南東部へと足を延ばせば、全く違う色の海が迎えてくれます。奈留島の絶景スポット「奈留千畳敷」の隣に位置する「舅ヶ島(しゅうとがしま)海水浴場」と比べればよく分かるでしょう。こちらはグラデーションがかったエメラルドブルーが特徴的です。次々に変わる海の見え方、そして色。奈留島の自然を思いっきり感じましょう。
<舅ヶ島海水浴場の基本情報>
住所:長崎県五島市奈留町泊
アクセス:奈留島港から車で20分

実は五島の隠れ絶景ビーチが多数!?その他周辺ビーチ2選

写真:土庄 雄平

実は、上で挙げた五島のメインである島々以外にも、知られざる秘境ビーチが数々発達しているのも五島の自然の魅力です。その中で特にオススメなのは、若松島から西に県道169号線を進んで行った先にある「日島」に広がる砂浜です。
特に名前はない場所なのですが、干潮になると美しい砂浜が現れ、その周囲にスカイブルーの風光明媚な海が広がります。立地上、観光客は皆無で、ひたすらに美しく穏やかな時間を思いっきり味わうことができますよ!またここまで続く県道169号線も絶景連続のシーサイドロードなので、ぜひ景色を楽しみながら爽快に走り抜けてくださいね。
<日島ビーチ(仮称)の基本情報>
住所:長崎県南松浦郡新上五島町日島郷
アクセス:若松島から車で約30分

写真:土庄 雄平

世界遺産「頭ヶ島」にも実は驚くほど美しいビーチ「白浜」が発達しています。海の色の鮮やかさが半端ではなく、透き通ったアクアマリン色。そしてそのロケーションも最高!「頭ヶ島天主堂」へ参拝したらそのまま帰路についてしまう方が多いですが、ぜひビーチの正面にある堤防へ上がってみてください。海と砂浜、緑のコントラストの中で佇む天主堂は必見ですよ!
<白浜の基本情報>
住所:長崎県南松浦郡新上五島町友住郷
アクセス:有川港から車で約20分(2021年4月から上五島空港発着のシャトルバスが廃止され、車で乗り入れ可能となっています)

十人十色の海の色!絶景の五島列島へ美しき海を求めて

日本の中でも有数の大自然が根付く「五島列島」には、実に様々な海の色を見ることができます。まるで宝石のようなエメラルドグリーン、心洗われる透き通った海と白砂、外洋を彷彿とさせる大海原。実に個性的な風景が多いです。まさに十人十色の海の色!ぜひ海を眺めたくなったら、五島列島への旅を計画してみてください。きっと、そこには忘れられない貴方の心に突き刺さる色があるはず!
2021年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
蛤浜海水浴場スポット|五島の島たび【公式HP】
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/717/
高浜海水浴場|スポット|五島の島たび【公式HP】
http://goto.nagasaki-tabinet.com/spot/682/
宮の浜海水浴場|スポット|五島の島たび【公式HP】
http://goto.nagasaki-tabinet.com/spot/697/
高井旅海水浴場|スポット|五島の島たび【公式HP】
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/729/
浜田海水浴場|スポット|五島の島たび【公式HP】
https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/912/

【トラベルjp・ナビゲーター】
土庄 雄平

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ