ホーム 旅行&おでかけ > 海外旅行でスマホを使いたい!今さら聞けない基礎知識

海外旅行でスマホを使いたい!今さら聞けない基礎知識

2024-01-25

海外旅行でスマートフォンを利用したいけれど、フリーWi-Fiは使えるのか、Wi-Fiルーターを借りた方がいいのか、SIMカードは……などなど、分からないことがたくさん!今回は今さら聞けない、海外旅行でスマホを利用する際に知っておきたい基礎知識をご紹介します。
現地でインターネットに繋げられなかった、帰国したら通信料金の高額請求にびっくり!なんてことのないよう、しっかり準備していきましょう。

海外旅行でスマホを利用:フリーWi-Fiを使う

フリーWi-Fiとは公衆無線LANのひとつ。Wi-Fiに対応したスマホやPCなどを無料でインターネットに接続できるサービスで、海外でも空港やショッピングセンター、カフェやホテルなどに設置されています。
台湾では政府が外国人観光客向けに「iTaiwan」というサービスを提供、ハワイでは旅行会社のラウンジやトロリーで利用できるなど、訪れる国によって独自のフリーWi-Fiが存在します。

フリーWi-Fiの接続方法は簡単。フリーWi-Fiの看板を見つけたら、スマホのWi-Fi設定画面を開き、そのスポットのネットワーク名(SSID)を見つけてタップするだけ。飲食店やホテルなどではパスワード入力が必要な場合が多いので、スタッフに確認しましょう。また空港などでは、接続時にフリーWi-Fi用のサイトへログインが必要になるところもあります。

海外旅行でスマホを利用:Wi-Fiルーターをレンタル

快適なネット環境を確実に手に入れたい方には、モバイルWi-Fiルーターのレンタルがおすすめ。羽田や成田、中部や関西空港など多くの空港でレンタル可能です。
レンタル会社、データ容量、渡航先など条件によって価格は異なります。例えばグアムで4G、1GB/日のプランを申し込むと、1日およそ600円〜1500円。データ容量を増やしたり通信速度を上げたりすると料金はアップし、別料金で紛失や盗難の補償、モバイルバッテリーのオプションをつけることもできます。なお、1つのWi-Fiルーターにスマホ5台まで接続することが可能です。

Wi-Fiルーターをレンタルするには、レンタル会社に直接申し込む方法のほかに、旅行会社やオプショナルツアー会社でも予約ができます。ネットや電話で予約をし、受け取りは事前に自宅まで宅配、当日空港で受け取り、などの方法が選べます。
会社によっては出発当日に直接カウンターへ行ってレンタルすることもできますが、在庫切れの可能性や手続きに時間がかかることがあるのでおすすめできません。早割プランなどもあるので、出発前に調べてお得にレンタルしましょう。

海外旅行でスマホを利用:SIMカードを購入

SIMフリーのスマホを持っている方には、プリペイドのSIMカードを購入するという方法もあります。SIMカードを差し替えて設定するだけで使うことができ、無料通話がついているタイプも選べます。
お持ちのスマホ端末の機種や購入した時期によっては、SIMロックが解除できない場合があります。解除に費用がかかることもあるため、詳しくは各キャリアのHPを確認してください。

SIMカードを現地で購入する場合は、通信会社のショップへ。主要な空港であれば、到着ゲートを出ると各社のカウンターが並んでいます。手続きは簡単で、データ容量や日数などを選んでスマホを渡せばスタッフが設定してくれます。街中にあるショップより割高に料金が設定されている場合もありますが、観光客の手続きに慣れている空港のショップの方が安心です。
ご自身で設定を行うのに不安のない方は、ネットショップなどでSIMカードを事前に購入する方法も。現地到着後にSIMカードを入れ替えるため、交換用のピンは忘れずに。

海外旅行でスマホを利用:海外データ定額サービスを使う

データローミングとはNTT docomo、au、SoftBankなど各キャリアが提携している通信会社の電波を使って、海外でも通信できるようにするもの。国際ローミングサービスというと以前は割高な印象がありましたが、各社で海外データ定額サービスが登場し使いやすくなりました。エリアによってお得なキャンペーンが行われることもあります。
海外データ定額サービスを使うには、事前に申し込みが必要です。出発前にマイページ、または店舗で忘れずに申し込みをしましょう。あとは現地到着後、お持ちの端末でデータローミングをオンにするだけです。

海外旅行でスマホを利用:eSIMを利用

これからの主流になりそうなのが、eSIMを使う方法。eSIMとはカード自体に契約者情報が書き込まれているSIMカードとは異なり、端末にSIMカードの代わりになるチップがすでに埋め込まれていて、契約するキャリアなどの情報はインターネットを通じて書き換えることができるものです。
そのため海外でスマホを利用する場合も、インターネットを通じて簡単に利用手続きをすることができます。

海外旅行でスマホを使うときの注意点

海外旅行でスマホを使う場合に気を付けることをご紹介します。
■データローミングに注意
現地でうっかり提携外の通信会社に接続してしまうと、帰国後に高額の通信料金が請求されることも!Wi-FiレンタルやSIMカードを利用する場合はデータローミングをオフ、スマホを使わないときは機内モードをオンにするなど対策をしましょう。
■フリーWi-Fiの利用には用心を
活用すれば便利なフリーWi-Fiですが、セキュリティ面に不安があります。情報をスキミングされる恐れもあるので、クレジットカード番号を登録したり、SNSアカウントでログインしたりするなど、個人情報の漏洩に繋がる操作は行わないようにしましょう。

■自動アップデートをオフ
現地でスマホアプリのアップデートが始まってしまうとデータ容量を消費してしまうので、旅行中は自動アップデートをオフにしておきましょう。必要であれば、帰国後にオンに戻すのを忘れずに。
■対象エリアをしっかり確認
砂漠、渓谷、ジャングルなどの秘境、観光地としてそこまで発達していない国へ行く場合は、そもそもWi-Fiが飛んでいないこともあります。申し込む前に必ず確認しましょう。

海外旅行のスマホ利用、しっかり準備していきましょう

海外旅行は初めて、めったに行かないという方には手軽なWi-Fiレンタル、出張などで海外へ頻繁に行く方には海外データ定額サービス、バックパッカーで長期滞在をしていろんな場所を回るならSIMカードやeSIMと、旅の目的に合わせて選びましょう。
スマホはカメラと時計としてだけ使って、通話もネット利用もしない、という方は機内モードに設定するのを忘れずに。データローミングも通話もできない状態になります。もし通話だけしたい場合は、データローミングをオフにしておきましょう。この場合は発信だけでなく着信にも料金がかかるのでご注意を!
2024年1月現在の情報です。本記事は概要を説明したものです。利用される場合は必ず公式サイトで最新の情報を確認してください。

【トラベルjp・ナビゲーター】
トラベルjp 編集部

関連記事

提供元:トラベルjp 旅行ガイド

Facebook

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ