ホーム 恋愛・暮らし > 周囲と上手くコミュニケーションが取れていない…と感じたら、取り入れるべき「色」とは?

周囲と上手くコミュニケーションが取れていない…と感じたら、取り入れるべき「色」とは?


気持ちを伝える道具として「色」を活用しよう
コミュニケーションが希薄になる原因には、物事を簡単に済ませようとしてしまうことにあると思います。


たとえば、目上の方に食事をご馳走してもらったとしましょう。その御礼をメールやMessengerで返していたりしていないでしょうか? そうであれば、それはコミュニケーション不足を拡大させる大きな要因のひとつです。メールやSNSで気持ちを伝えるのは、今どきのライフスタイルなのかもしれませんが、もう少し、心が動いた感謝の気持ちを何らかのかたちにして贈りたいものです。

毎日の変わらない暮らしの中で、なにか小さな刺激を他人から与えてもらったとしたら、それは大きな感謝に値します。もらったらそのままにするのではなく、丁寧に返してあげる人でありたい。それは一枚のはがきでも、カードなのかもしれません。決して大それた贈り物である必要などないのです。


もらった人も、贈る人も、お互いに負担にならない小さなかたちが心地よく、これが不思議と大きな絆となってくるものなのです。

お礼状を書いているのは自分なのに、なぜか笑顔になってしまう。してもらった人への感謝の気持ちが、最終的には自分に返ってくる。手紙を書いている時は、心の中は相手のことで頭がいっぱいになる。ワクワク感でぎゅうぎゅう詰めになることもあれば、ニコニコと幸せな気持ちになれることもある。こんなふうにたくさんの幸せをもらっていることにも、気づかなくてはなりません。


そこでおすすめしたいのが、感謝の気持ちをかたちにするための道具にを使う方法です。中でもおすすめの色は「オレンジ」

< 1 2 3 >

シェア Google+

関連記事

P R