ホーム レシピ > デミグラスソース缶なしで、ハヤシライス!

デミグラスソース缶なしで、ハヤシライス!

私の手抜き料理のひとつが、デミグラスソース缶なしで作るハヤシライス。

うちの娘はかなりの食いしん坊で、保育園から帰ったらすぐに「ごはん!」と言います。
「ちょっと待ってて」と言おうものなら、「ギャーッ!!」と泣いて、あやすのが大変。
だから会社勤めをしていたときは、退社したら走って一旦家に帰り、15分で夕飯の準備をしてお迎えに行っていました。

このハヤシライスは、前日にたまねぎさえ切っておけば、15分以内で完成!
会社員時代、何度助けられたかわからないくらい作ったメニューです。
わざわざデミグラスソース缶を買わなくても、家にある調味料でできるというのがポイントですが、デミ缶は動物性脂肪がちょっと多めなので、小さい娘に食べさせるのには少し躊躇してしまいます。
そういう意味でも、デミ缶不使用のハヤシライスはおすすめです。

ハヤシライス

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子


<材料 作りやすい分量 / だいたい4人前>
牛切り落とし肉 320g
塩・こしょう 少々
たまねぎ 1個
にんにく 1かけ
バター 20g
小麦粉 大さじ3
トマトジュース 500ml
赤ワイン 1/2カップ
Aケチャップ 大さじ3
Aウスターソース 大さじ4
A醤油 大さじ2


<作り方>
1、たまねぎは薄切りにする。にんにくも薄切りにする。
2、バターを熱した鍋にたまねぎを入れ、しんなりするまで炒めたら、にんにくも入れ、香りがでるまでさらに炒める。
3、塩・こしょうをふった牛切り落とし肉を加え、すぐに小麦粉を全体にふりかけ、軽く炒める(小麦粉が鍋にくっついて焦げてしまっても気にしない。あとで水分を入れてこそげとるようにかき混ぜれば、取れます)。
4、トマトジュースと赤ワインを入れ、軽くグツグツ沸騰させてとろみがついたら、Aの調味料を入れ、味を調える。味をみて、必要なら塩で調整する。

多めに作ればオムハヤシにアレンジできるし、ご飯にのせてチーズをかけてトースターで焼けばドリアに変身と、アレンジが効くのも良いところ。
私はなるべくキッチンに立つ時間を減らしたいので、いつも多めに作るようにしています。

ちなみに、牛肉には鉄分や亜鉛といったミネラルが豊富に含まれています。
鉄分は有名ですが、亜鉛という成分は聞きなれない方が多いかもしれません。
亜鉛は新陳代謝を活発にする働きがあるので、女性にとっては美肌や抜け毛予防といった美容に役立つ成分。
でもそれだけではなく、新陳代謝を活発にするということは、成長期のお子さんの健康な発育にも深くかかわります。

そして、鉄分や亜鉛の吸収率を高めるのに役立つのが、有機酸(すっぱいもの)。
酸味のあるトマトジュースや赤ワインを使うハヤシライスは、組み合わせ的にもバッチリですよ。

(長 有里子)
シェア Google+

関連記事

P R