ホーム レシピ > 憧れの元祖“プディング”をご家庭で、「フルーツプリン」

憧れの元祖“プディング”をご家庭で、「フルーツプリン」

外国の小説や絵本を読むと、よく出てくる「プディング」というデザート。小さい頃からその響きに憧れていました。日本で言うプリンもその「カスタードプディング」が語源ですが、いわゆるプリンと「プディング」では、やっぱり少しイメージが違います。

今回ご紹介するプリンは、どちらかといえば”フルーツや乳製品を混ぜ合わせた蒸し料理”である元祖イギリスの「プディング」そのもの。

作り方は簡単ですが本格的なので、おもてなしの日のデザートにもぴったりです。温かいままでも、今の季節なら冷たく冷やしても美味しいですよ!

フルーツプリン

調理時間 35分 1人分206 Kcal
レシピ制作:E・レシピ


<材料 4人分>
グレープフルーツ 1個
オレンジ 2個
パイナップル(スティック) 1本
レーズン 大さじ2
牛乳 200ml
卵 3個
砂糖 40g
バニラエッセンス 少々
ホワイトキュラソー 大さじ2
メイプルシロップ 大さじ2

<下準備>
・グレープフルーツ、オレンジは皮をむき、薄皮もむいて果肉を取り出す。


・パイナップルは食べやすい大きさに切る。

・牛乳はぬるめに温める。

・オーブンを160℃に予熱する。

<作り方>
1、ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、牛乳を加えて混ぜ合わせ、網を通してバニラエッセンス、ホワイトキュラソーを混ぜる。


2、耐熱容器にフルーツとレーズンを入れて(1)を注ぎ入れ、天板に置く。オーブンに入れて天板にぬるま湯を注ぎ入れ、約20分蒸し焼きにする。


3、焼き上がったら取り出し、メイプルシロップをかける。


コツ・ポイント 
ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度差や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。


今回のように大きめの耐熱容器で蒸し焼きにしてすくい分けでもいいですし、あらかじめ1人分ずつの容器で作ることもできます。
(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R